アクセスランキング ブログパーツ

宝塚記念のコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

宝塚記念のコース適性!

2015/06/26(金)20:52

昨日の日記 の続きです!



6月28日(

阪神11R 第56回 宝塚記念(GI


☆mayuの競馬☆


宝塚記念(GIが行われる阪神芝2200mは、

正面スタンドの4コーナーポケット地点からスタートし、

内回りを使用するコース。


1コーナーまでの距離は十分あるので、

枠順による有利不利はほとんどないコースですが、

頭数が多くなれば外枠はあまり良い成績ではありません。


宝塚記念(GIでは、

京都開催だった2006年を除いて、

・1番 (0-0-1-8)

・2番 (1-1-2-5)

・3番 (0-0-1-8)

・4番 (0-2-1-6)

・5番 (0-1-1-7)

・6番 (1-0-1-7)

・7番 (0-1-0-8)

・8番 (0-3-0-6)

・9番 (2-0-0-7)

・10番 (1-0-0-8)

・11番 (3-0-2-4)

・12番 (0-0-0-8)

・13番 (0-0-0-7)

・14番 (0-0-0-7)

・15番 (0-0-0-4)

・16番 (0-0-0-4)

・17番 (1-1-0-0)

・18番 (0-0-0-2)

って感じで、

あまり多頭数にはならないものの、12番より外は不利な様子。


12番より外から連対した2頭は、

2010年1着 17 ナカヤマフェスタ 当日8番人気

2007年2着 17 メイショウサムソン 当日2番人気

2頭とも後ろからで、多少マクり気味に上がって来てる感じ。


脚質では、逃げ馬がよく残るコース、

差し追込みは早めに動かなければ厳しいです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ショウナンパンドラ (0-1-0-1)

阪神では、1800mの新馬戦で連対、

前々走の産経大阪杯(GIIでは9着でした。

かなり後ろに居る馬なので、内回りは向いて無さそうなのと、

古馬になってから牡馬相手に好走した試しがないのも不安要素。

京都、新潟が得意で坂が苦手な印象なのもあります。


2 トーセンスターダム (1-0-0-1)

阪神では、チャレンジC(GIIIで勝利し、

神戸新聞杯(GIIでは7着でした。

距離的に2000m前後で末脚が活かせるコースが得意そう。

京都芝2000mの勝利経験は頭数が少なかったからなのかも?


3 ネオブラックダイヤ (0-2-0-1)

阪神では2200m以上の未勝利戦500万下で連対。

コース適性がそこまでないとは思わないけど、

OP以上の好走経験がないので、そもそもレベル的に無理そうかも。


4 アドマイヤスピカ (4-2-0-3)

阪神経験はけっこう豊富で、芝2000~2400mで好走。

内回りに限ると(3-0-0-3)で、悪くない成績。

かなり展開に左右されるところがあるので、

来るかもしれないけど、そこまでの期待もできない感じ。


5 カレンミロティック (3-2-2-4)

2014年の宝塚記念(GI2着馬で、阪神経験はかなり豊富。

しかも4着以下でも掲示板までには届く安定性。

脚質的にも内回りは向いてそうだし、

今回は内に前に行きそうな馬も居ないので楽に前に出られそう。

7歳馬だけど、切るのはちょっと不安です。


6 デニムアンドルビー (2-2-0-1)

2014年の宝塚記念(GIの5着馬で、それ以外は全て連対

前々走の阪神大賞典(GIIでは長距離適性も見せていて、

前走の負けを大目に見る価値はありそうに思います。


7 ワンアンドオンリー (3-1-0-0)

ここまで阪神では連対率100%

内回り経験は多くないけど、

一応ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIの1着があります。

古馬になって海外でも活躍してるし、

3歳後半の負けはあまり気にしなくていいかも。


8 ディアデラマドレ (3-0-0-0)

阪神では3戦3勝で来ていますが、

重賞実績はマーメイドS(GIIIくらいで、

他のコースでも牡馬相手に好走した試しはありません。

普通に通用しなさそうに思えます。


9 トウシンモンステラ (2-1-1-2)

阪神では芝2000~2400mで走っていて、

芝2200mに限ると(1-1-0-0)連対率100%

だけど、OP以上の好走経験は無く、

このメンバー相手に通用するかはかなり疑問。


10 オーシャンブルー (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

有馬記念(GI2着の経験から中山巧者と思ってたけど、

最近は中山でも好走できてない状況で、

坂路適性って意味では京都とかより向いてそうだけど、

さすがにこれだけ10着以下が続いてては買いづらいです。


11 ヌーヴォレコルト (1-1-1-0)

これまでローズS(GII1着、桜花賞(GI3着、

チューリップ賞(GIII2着と、阪神では複勝率100%

阪神内回り経験が無いのと、

前走の6着ってところはちょっと引っかかるけど、

それでも切るのはなかなか考えられないところ。


12 レッドデイヴィス (3-1-0-5)

阪神では好走率はそこまで良くないものの、

2011年の鳴尾記念(GIII毎日杯(GIIIなどで勝利。

ただ、内回りは前走の鳴尾記念(GIIIの6着のみで、

あまり相性が良くない様に思います。


13 ラキシス (3-0-0-1)

阪神では芝2000~2400mで走っていて、

前走産経大阪杯(GIIでは強豪馬を抑え1着。

阪神内回りでもこれだけ差せるのは評価すべきですね。


14 トーホウジャッカル (0-0-1-0)

阪神経験は前々走の神戸新聞杯(GIIの3着のみ。

そもそも菊花賞(GIからの休み明けってのもあって、

いくら強くても厳しいレースになりそうに思えます。


15 ゴールドシップ (6-1-0-0)

2013年、2014年の宝塚記念(GI優勝馬で、

阪神ではこれまで7戦して連対率100%

前走ローテも完璧で、実績面でも何も文句の無いところですが、

果たして3連覇なんて事はあり得るのかどうか…。


16 ラブリーデイ (2-0-0-3)

阪神経験はあまり多くはなく、

前走の鳴尾記念(GIIIで久々の勝利。

先行馬って点では内回りは向いてそうだけど、

大外から上手くいいポジションを取れるかは不安かも。


って感じ。



他にもいろいろ見てみると、


スマートウィンの今週の注目馬 では

15 ゴールドシップ

13 ラキシス

7 ワンアンドオンリー


錬磨の常識の馬の助の出走馬分析 では

8 ディアデラマドレ

11 ヌーヴォレコルト

14 トーホウジャッカル


が推されていました。



とゆう事で昨日のデータ と合わせて、


良さそう

15 ゴールドシップ


連対候補

6 デニムアンドルビー

7 ワンアンドオンリー

11 ヌーヴォレコルト


軽視

5 カレンミロティック

13 ラキシス

14 トーホウジャッカル

16 ラブリーデイ


と考えます。


正直15 ゴールドシップ軸ってのは多少不安ではあるんだけど、

他の減点要素を加味するとこうなるってゆう。


ガチガチの結果すぎて軸決めないとしょうがなさそうでもあるし。



このまま

15

6711

56711131416

3連複フォーメーションだと、15点


これでも回収できるくらいのオッズになって欲しいです。



続きはまた前日にオッズを見つつ考えようと思います!



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

≫この前の記事!:
宝塚記念のデータ!
おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ