アクセスランキング ブログパーツ

有馬記念と阪神カップのデータ! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

有馬記念と阪神カップのデータ!

2014/12/25(木)20:34

今日はクリスマス

ですが木曜日なので、出馬表が出てます!


ホントなにやってんだか…って感じ。笑



今週の重賞は、


12月27日(土)

阪神11R 第9回 阪神カップ(GII


12月28日(

中山9R 第31回 ホープフルステークス(GII

中山10R 第59回 有馬記念(GI


があります。



先週は、


土曜日

中山1R17,800円

阪神1R12,400円

中京9R157,440円

中京11R 愛知杯(GIII22,120円


日曜日

中京2R37,900円

中京7R193,300円


って感じで、

愛知杯(GIIIも当たったし、

金額的にもかなり満足な週でした。




で、今週のハナシなんですが、


ホープフルS(GIIは去年まではOP戦だったレースで、

今年からGIIに格上げされています。


なので、過去のホープフルSのデータを調べようと思ってたんだけど、

JRAのデータ など、いろいろなサイトでは

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIのデータを使ってるところが多いみたい。


確かに去年までは3歳クラシックへの登竜門的なレースとして、

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIがありましたが、

ラジオNIKKEI杯の名前が京都2歳Sの方に移されてるので、

今年からはホープフルS(GIIがその扱いになってるのかな?


とはいえ、

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIは阪神芝2000mで、

ホープフルS(GIIは今まで通り中山芝2000m。

同じレースと言うには求められる適性が違うように感じます。


過去のラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIの勝ち馬は

エピファネイアとかワンアンドオンリーとかですし…。


かと言って、GIIに格上げになった事で、

今年のホープフルS(GIIの出走馬のレベルは上がってる様で、

これまでとは違うと考えた方がよさそう。


なので、データに関してはあまり細かく考えず、

明日枠が出てからコース適性とかで考えようかなと思ってます。




ってコトで、残りの2重賞から考えていきます!↓



12月27日(土)

阪神11R 第9回 阪神カップ(GII


阪神カップ(GIIは2006年に新設された比較的新しい重賞で、

定量戦な事もあってハイレベルなメンバーが揃うレース。


因みに、2009年は2着同着があります。



過去データを見ていくと、


・1番人気 (2-1-0-5)

・2番人気 (1-0-1-6)

・3番人気 (1-0-0-7)

・4番人気 (1-0-1-6)

・4番人気 (0-2-1-5)

・5番人気 (0-1-0-7)

・6~9番人気 (3-1-2-18)

・10番人気以下 (0-4-2-64)


・単勝1.9倍以内 (0-0-0-0)

・単勝2.0~2.9倍 (1-1-0-3)

・単勝3.0~3.9倍 (1-0-0-2)

・単勝4.0~4.9倍 (1-0-0-2)

・単勝5.0~6.9倍 (0-0-1-6)

・単勝7.0~9.9倍 (2-1-1-10)

・単勝10.0~14.9倍 (1-2-2-12)

・単勝15.0~19.9倍 (1-2-1-9)

・単勝20.0~29.9倍 (1-2-0-17)

・単勝30.0~49.9倍 (0-1-0-14)

・単勝50.0~99.9倍 (0-0-1-22)

・単勝100倍以上 (0-0-1-21)


・3歳馬 (1-3-2-21)

・4歳馬 (1-1-3-24)

・5歳馬 (3-1-1-32)

・6歳馬 (2-3-1-26)

・7歳馬 (1-1-0-11)

・8歳以上 (0-0-0-4)


・7歳以上で当日7番人気以下 (0-0-0-10)


・牡馬、セン馬 (8-8-6-100)

・牝馬 (0-1-1-18)


・関東馬 (5-7-3-37)

・関西馬 (3-2-4-80)

・海外馬 (0-0-0-1)


・関西馬で当日9番人気以下 (0-0-2-49)

 ※3着に来た2頭は、

  2011年 フラガラッハ

  2010年 マイネルフォーグ


・前走重賞 (8-9-5-81)

・前走マイルCS (4-6-4-32)

・前走スワンS (2-0-1-9)

・前走京阪杯 (1-2-0-24)

・前走JCダート (1-0-0-0)

・前走フェブラリーS (0-1-0-0)


・前走OP特別 (0-0-2-29)

・前走オーロC (0-0-1-10)

・前走アンドロメダS (0-0-1-0)


・前走条件戦 (0-0-0-7)

・前走ハンデ戦 (0-0-2-22)


・前走重賞で2番人気以内 (0-0-0-11)

・前走重賞で3番人気以下 (8-9-5-70)


・前走GII、GIIIで6着以下 (0-0-1-25)

 ※3着に来た1頭は2011年のフラガラッハ


・前走1200m (1-2-0-36)

・前走1400m (2-0-2-28)

・前走1600m (4-7-4-46)

・前走1800m以上 (1-0-1-8)

 ※前走1200mで連対した3頭は、前走京阪杯。


・前走芝 (7-8-7-114)

・前走ダート (1-1-0-4)

 ※ダートから連対した2頭は、

  2010年2着 レッドスパーダ 前走フェブラリーS

  2006年1着 フサイチリシャール 前走JCダート

  2頭とも芝重賞で勝利経験あり。


・間隔中1週以内 (0-0-0-10)

・間隔中2週 (2-2-0-24)

・間隔中3週 (2-4-2-38)

・間隔中4週~8週 (4-2-5-33)

・間隔中9週~24週 (0-0-0-10)

・間隔半年以上 (0-1-0-3)


って感じ。



これを当てはめると、


アドマイヤサガス

サンカルロ

ダノンプログラマー

ハクサンムーン

切れて


ウリウリ

オリービン

コパノリチャード

サクラアドニス

ダイワマッジョーレ

タガノブルグ

トーホウアマポーラ

フォーエバーマーク

ホエールキャプチャ

ミッキーアイル

リアルインパクト

ロサギガンティア

軽視できます。


なので、連対候補に残るのは、

クラレント

サダムパテック

の2頭のみ。


しかもこの2頭は、

・前走マイルCS (4-6-4-32)

に当てはまってるので、かなり期待できそう。



ただ、このデータで減点要素がある馬も、

コパノリチャード

サンカルロ

ミッキーアイル

など、評価を考え直した方がよさそうな馬も居ます。



まぁ過去8年の3連複の配当を見ると、

2013年 47,050円 8-10-7番人気

2012年 39,050円 3-14-2番人気

2011年 89,650円 4-5-13番人気

2010年 131,400円 2-5-15番人気

2009年 54,400円 1-7-11番人気

2008年 15,920円 8-1-7番人気

2007年 21,650円 1-10-5番人気

2006年 12,450円 8-6-4番人気

って感じでかなり荒れてるので、

どっちにしても多めに買っておいたほうがいいかもですね。




12月28日(

中山10R 第59回 有馬記念(GI


有馬記念(GIは1年を締めくくるドリームレース。


GI馬が多く集まる非常にレベルの高いレースですが、

中山巧者が絡んだりして、意外とヒモ荒れする事もあります。



過去データを見ていくと、


・1番人気 (6-3-0-1)

・2番人気 (2-0-2-6)

・3番人気 (0-1-1-8)

・4番人気 (1-1-0-8)

・5番人気 (0-1-0-9)

・6番人気 (0-1-2-7)

・7~9番人気 (1-3-5-41)

・10番人気以下 (0-2-3-55)


・単勝1.9倍以内 (2-2-0-0)

・単勝2.0~2.9倍 (4-0-0-1)

・単勝3.0~3.9倍 (0-1-1-1)

・単勝4.0~4.9台 (1-0-1-1)

・単勝5.0~6.9倍 (0-0-0-4)

・単勝7.0~9.9倍 (1-2-0-8)

・単勝10.0~14.9倍 (0-0-0-16)

・単勝15.0~19.9倍 (1-1-2-9)

・単勝20.0~29.9倍 (0-2-1-16)

・単勝30.0~49.9倍 (0-1-4-14)

・単勝50.0~99.9倍 (1-1-1-32)

・単勝100倍以上 (0-0-0-18)


・3歳馬 (3-3-1-30)

・4歳馬 (5-3-2-22)

・5歳馬 (2-2-4-35)

・6歳馬 (0-0-1-18)

・7歳以上 (0-2-2-15)

 ※6歳以上で絡んだのは

  2009年3着エアシェイディ 単勝11番人気

  2008年2着アドマイヤモナーク 単勝14番人気

  2008年3着エアシェイディ 単勝10番人気

  2007年3着ダイワメジャー 単勝6番人気

  2004年2着タップダンスシチー 単勝3番人気

  5頭の共通点は、中山芝重賞で好走経験があった事。


・牡馬、セン馬 (9-7-10-111)

・牝馬 (1-3-0-9)


・関東馬 (2-0-4-32)

・関西馬 (8-10-6-82)

・地方馬 (0-0-0-6)

・10番人気以下の関東馬 (0-0-2-21)

 ※3着の2回は2008年、2009年のエアシェイディ。


・1番 (2-1-0-7)

・2番 (0-1-0-9)

・3番 (1-0-0-9)

・4番 (1-1-1-6)

・5番 (0-1-1-8)

・6番 (1-2-3-3)

・7番 (0-2-1-7)

・8番 (0-0-0-10)

・9番 (2-1-1-6)

・10番 (1-0-0-8)

・11番 (0-0-1-9)

・12番 (0-0-0-10)

・13番 (2-0-0-8)

・14番 (0-1-2-7)

・15番 (0-0-0-7)

・16番 (0-0-0-6)

 ※10番以降で馬券に絡んだのは、

  2013年3着 14 ゴールドシップ 当日2番人気

  2012年1着 13 ゴールドシップ 当日1番人気

  2010年3着 11 トゥザグローリー 当日14番人気

  2008年1着 13 ダイワスカーレット 当日1番人気

  2008年2着 14 アドマイヤモナーク 当日14番人気

  2005年1着 10 ハーツクライ 当日4番人気

  2005年3着 14 リンカーン 当日6番人気


・前走重賞(10-10-10-117)


・前走GI (10-8-9-80)

・前走ジャパンC (4-3-5-54)

 ※3着内の12頭は、

  2013年3着 ゴールドシップ 前走2番人気15着

  2012年3着 ルーラーシップ 前走2番人気3着

  2011年2着 エイシンフラッシュ 前走5番人気8着

  2011年3着 トゥザグローリー 前走8番人気11着

  2010年1着 ヴィクトワールピサ 前走8番人気3着

  2010年2着 ブエナビスタ 前走1番人気2着

  2009年3着 エアシェイディ 前走11番人気5着

  2008年2着 アドマイヤモナーク 前走16番人気12着

  2006年1着 ディープインパクト 前走1番人気1着

  2005年1着 ハーツクライ 前走2番人気2着

  2005年3着 リンカーン 前走9番人気4着

  2004年1着 ゼンノロブロイ 前走1番人気1着


・前走天皇賞秋 (3-0-2-7)

 ※3着内の5頭は、

  2009年1着 ドリームジャーニー 前走4番人気6着

  2008年1着 ダイワスカーレット 前走2番人気2着

  2008年3着 エアシェイディ 前走8番人気5着

  2007年1着 マツリダゴッホ 前走8番人気15着

  2004年3着 シルクフェイマス 前走5番人気10着


・前走菊花賞 (2-1-0-6)

 ※連対した3頭は、

  2012年1着 ゴールドシップ 前走1番人気1着

  2011年1着 オルフェーヴル 前走1番人気1着

  2005年2着 ディープインパクト 前走1番人気1着


・前走凱旋門賞 (1-1-0-1)

 ※連対した2頭は

  2013年1着 オルフェーヴル 前走2着

  2004年2着 タップダンスシチー 前走17着


・前走マイルCS (0-0-2-0)

 ※3着の2回は2006年、2007年のダイワメジャー。

  

・前走エリザベス女王杯 (0-2-0-4)

 ※連対した2頭は

  2009年2着 ブエナビスタ 前走1番人気3着

  2007年2着 ダイワスカーレット 前走1番人気1着


・前走GII (0-2-0-22)

・前走金鯱賞 (0-2-0-4)

 ※連対した2頭は、

  2013年2着 ウインバリアシオン 前走8番人気3着

  2012年2着 オーシャンブルー 前走6番人気1着


・前走アルゼンチン共和国杯 (0-0-0-5)

・前走ステイヤーズS (0-0-0-11)


・前走GIII (0-0-1-15)

・前走福島記念 (0-0-0-5)


・前走OP特別 (0-0-0-1)

・前走条件戦 (0-0-0-2)


・連闘 (0-0-0-1)

・間隔中1週 (0-0-1-6)

・間隔中2週 (0-2-0-20)

・間隔中3週 (4-3-5-58)

・間隔中4週~8週 (5-4-4-30)

・間隔中9週~24週 (1-1-0-2)

・間隔半年以上 (0-0-0-3)

 ※間隔中2週以内で絡んだ3頭は、

  2013年2着 ウインバリアシオン 前走金鯱賞3着

  2012年2着 オーシャンブルー 前走金鯱賞1着

  2010年3着 トゥザグローリー 前走中日新聞杯1着


・間隔中2週以内で前走4着以下 (0-0-0-13)


って感じ。



これをそのまま当てはめると、


2 ヴィルシーナ

6 トゥザワールド

8 メイショウマンボ

9 ウインバリアシオン

15 ジャスタウェイ

16 オーシャンブルー

切れて


1 トーセンラー

10 フェノーメノ

11 サトノノブレス

12 デニムアンドルビー

13 エピファネイア

14 ゴールドシップ

軽視できます。


なので、連対候補には、

3 ワンアンドオンリー

4 ジェンティルドンナ

5 ラキシス

7 ラストインパクト

が残ります。



この中だと、1番に信用できそうなのは

4 ジェンティルドンナだとは思いますが、

それでもいろいろ不安がありますよね…。


2 ヴィルシーナが内枠に居たり、

トゥザグローリーの全弟6 トゥザワールドとか、

去年の好走馬9 ウインバリアシオン14 ゴールドシップとか、

データから例外を出しそうな馬ばかり。


各馬について、しっかり考えてから決めたいですね。



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ