アクセスランキング ブログパーツ

菊花賞と富士ステークスの枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

菊花賞と富士ステークスの枠!

2014/10/24(金)22:43

富士S(GIIIの枠が出てるので、昨日 の続きです!



10月25日(土)

東京11R 第17回 富士ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


富士ステークス(GIIIが行われる東京芝1600m

向正面の右端からスタートし、向正面の直線を目一杯使用。

最後の直線も長く、直線主体のコースです。


枠による有利不利はほとんどないと見て良いコースですが

それでも外枠では、勝率、複勝率ともやや落ちます。


脚質では、逃げ馬でも残れますがマイルとしてはタフなコースのため、

オープンクラスになると逃げ切りは厳しくなり、

先行~差しが中心で、追込みも届きます。


一瞬の切れよりも、息の長い末脚を持つ馬が好走。



各馬について細かく見ていくと、


1 トーセンレーヴ (3-0-2-2)

東京では、エプソムC(GIII1着、

青葉賞(GII3着などの重賞実績があります。

1600mは3着になったキャピタルSしか経験が無いものの、

4着以下は8枠だった毎日王冠(GII東京優駿(GIなので、

枠順の不利を跳ね返せるほど強くはないけど、

かなり高い東京適性を持ってると思われます。


2 キングズオブザサン (0-0-1-0)

唯一の東京経験は、NHKマイル(GIの3着。

他に好走してるのが中山と新潟なので、

末脚の息の長さに関しては信用出来そうかも。


3 インパルスヒーロー (2-1-0-3)

東京成績はそれなりで、

NHKマイル(GIの2着経験とかあったりするんですが、

それ以降は全然ダメで、どうしちゃったんだろうって感じ。

もしかしたら1600mでも微妙に長くて、

もうちょっと短い距離の方が合ってるのかもだけど、

1400mでもダメみたいだし、よく分からないです。


4 ロサギガンティア (2-1-0-2)

東京での4着以下は、

近2走の毎日王冠(GII7着とNHKマイル(GI4着で、

それ以外は1600~1800mで連対しています。

やはり末脚の息の長さはあるみたいなので、

絡む可能性はありそうに思います。


5 クラリティシチー (1-1-2-0)

東京では、同世代としか走ってないけど複勝率100%

4戦とも6番より内だったので、地の利を活かした感じだけど、

これより内にそれほど前に出そうな馬も居ないので、

前残りのコトを考えると切りづらいところ。


6 コスモソーンパーク (2-2-2-4)

重賞経験はないけど、東京成績は豊富。

1400~1800mで走ってるみたいで、

絡む可能性が高いとは思えないけど、

絶対にないとも言い切れないような、微妙な感じ。


7 シャイニープリンス (1-0-1-3)

去年の富士S(GIII3着馬

東京ではそれほど成績がいいワケでもないんだけど、

過去の好走馬がまた来るコトが多いレースなので、

一応入れておきたいかもってところ。


8 ダノンヨーヨー (1-0-1-10)

2010年の富士S(GIII優勝馬

だけど、もうかれこれ3年は馬券に絡んでないので、

さすがに復活は無いと思います。


9 エキストラエンド (3-1-0-4)

東京全体では良い時と悪い時が半々って感じだけど、

今年に入ってからはマイルに路線変更したみたいで、

東京新聞杯(GIIIで2着に来たりもしています。

いつ来るのか分かりづらい馬だけど、

本質的にはキレ味タイプなのかな?


10 メイショウヤタロウ (0-2-0-2)

全体を通してかなり微妙な成績だけど、

東京では4戦2連対とまずまずな感じだったりします。

ただ、6歳でOP戦の好走経験もないワケで、

そこまでの期待は出来ない様に思えます。


11 レッドアリオン (0-0-0-3)

東京では、1600mで3戦3敗

去年の富士S(GIIIでも6着でした。

NHKマイル(GI4着って点は評価出来るかもだけど、

あんまり強い相手に勝った試しもないし、

今回も多分来ないと思います。


12 ミトラ (3-1-0-1)

4着以下だったのはダートに行く前の1800mで、

好走してるのは1400~1600m。

かなり良い成績ではあるけど、

距離的には短い方がいい感じなのが引っかかるところ。


13 ブレイズアトレイル (0-0-0-2)

東京では、1600mで2戦2敗

去年の富士S(GIIIでも5着でした。

小倉、阪神、新潟で好走があるあたり、

どちらかと言えば平坦なコースの方が向いてて、

末脚も息の長さよりはキレ味タイプみたいな印象。


14 ダノンシャーク (1-1-1-4)

去年の富士S(GIII優勝馬で、

安田記念(GI3着など、他にも東京の重賞実績があります。

東京なら最低でも掲示板までには来てるので、

今回もそれなりに期待出来そうに思います。


15 シェルビー (1-0-0-0)

東京は5走前にアプローズ賞で勝利経験があります。

全体でも10戦して中山の1戦しか4着以下になってなくて、

末脚も速めの3ハロンタイムを安定して出していて、

もしかしたら重賞に出てないだけでかなり強いのかも?


16 ステファノス (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

これまで好走してたのが阪神と京都なので、

キレはあるけど、持続力はそこまででもないのかも?

位置取りもかなり後ろなのが気になるところ。


って感じ。



他にもいろいろ見てみると、


GALLOP JAPANのデータ では、

14 ダノンシャーク


Tricastの重賞注目馬 では、

15 シェルビー


を推していました。



とゆうコトで昨日のデータ と合わせてまとめると、


良さそう

1 トーセンレーヴ

2 キングズオブザサン

14 ダノンシャーク


連対候補

7 シャイニープリンス

12 ミトラ

13 ブレイズアトレイル

15 シェルビー


軽視

4 ロサギガンティア

5 クラリティシチー

6 コスモソーンパーク

16 ステファノス


って感じでしょうか。



昨日 よりは絞れたけど、

これでも3連複フォーメーションだと91点…。


荒れるレースとはいえ、

こんなに買ってたら回収できるのか不安ですね…。




10月26日(

京都11R 第75回 菊花賞(GI


☆mayuの競馬☆


菊花賞(GIが行われる京都芝3000mは、

向う正面の3コーナー手前からスタートし、外回りを使用するコース。


スタート直後から上り坂な事と、

長距離戦であることから先行争いは激しくならないようで、

枠による有利不利はないと見て良さそう。


因みに、京都芝3000mを使うレースは、

菊花賞(GIの他には万葉ステークス(OP)しか無く、

年に2回しか使われないコース。


さらに、フルゲートになるのは菊花賞(GIだけで、

万葉ステークス(OP)の方は少頭数になることも多いです。


万葉ステークス(OP)は古馬のステイヤー向けのレースですが、

菊花賞(GIは3歳牡馬のクラシック最終戦。


条件があまりに違うため、

コースデータなんかは実質菊花賞(GIの物しかアテになりません。



各馬について細かく見ていくと、


1 マイネルフロスト (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

東京優駿(GIの3着ってのが未だに謎なんだけど、

2000m以上のレースの好走もそれだけだし、

何かの間違いと思いたいところ。


2 トーホウジャッカル (0-0-0-1)

京都はデビュー戦だった1800mの未勝利戦1敗

その後ダートに行って負けて、芝に戻って好走してるので、

この時よりは成長してると思った方がいいのかも。


3 サングラス (0-0-0-2)

京都は、白百合S橘S2戦2敗

これといって長距離実績があるワケでもないですし、

多分来ないと思います。


4 サウンズオブアース (1-2-0-2)

京都では、京都新聞杯(GII2着の実績があり、

4着以下の2戦を含めても掲示板を外していません。

コース適性の面でも、距離的にも期待出来そうな感じ。


5 シャンパーニュ (0-0-0-3)

京都は、梅花賞京都2歳S萩S3戦3敗

全て掲示板までには来ているので悪くはないのと、

芝2600mなど、長めの距離で好走があるので、

そこだけちょっと気になるかなってところ。


6 ショウナンラグーン (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

これまで好走してるのが東京と中山なのと、

かなり後方から追い込んで来る馬なので、

あまり京都で好走するタイプでは無さそうに思います。


7 トーセンスターダム (3-0-0-0)

京都では、きさらぎ賞(GIIIの勝利経験もあり勝率100%

皐月賞(GI以降は残念な成績で来てるけど、

コース適性の面では悪くなさそうだし、

あとは距離さえどうにかなれば可能性はあると思います。


8 ワールドインパクト (0-2-0-0)

京都では、梅花賞新馬戦連対率100%

全体でも青葉賞(GIIまでは2着以内をキープしてたのもあるし、

前走セントライト記念(GII4着以下ってところ以外はいい感じ。


9 ハギノハイブリッド (1-1-0-2)

京都では、京都新聞杯(GIIの勝利経験があります。

2000m以上の経験がけっこうあるし、

来る可能性はそれなりにあると思います。


10 ゴールドアクター (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

2200m以上だと(3-2-0-1)と、かなり成績が良く、

唯一4着以下だったのは青葉賞(GIIの4着。

脚質的にもけっこう前に居るし、

京都は経験が無いだけで苦手と決まったワケでは無い。

穴を開ける要素は揃ってる様に思えますね。


11 アドマイヤランディ (0-0-0-1)

芝とダートを行ったり来たりしていますが、

これまで好走した3戦は全てダートなので、

さすがに今回来るってコトは無いと思います。


12 タガノグランパ (1-0-1-0)

京都では、シンザン記念(GIIIの3着もあり、複勝率100%

1400~1600mくらいの馬だと思われてましたが、

東京優駿(GIで4着、セントライト記念(GIIで3着と、

ここ2戦でけっこう長い距離でも走れるコトが証明された感じ。

これが3000mまで届くのかどうかってところ?


13 ミヤビジャスパー (0-1-1-2)

京都では、勝利経験こそないものの掲示板までには来ていて、

京都新聞杯(GIIで5着など、惜しいところまで来てたりします。

前走の野分特別スリーロールスがここから勝っているローテで、

絡む可能性は十分ありそうに思えてきます。


14 トゥザワールド (3-0-0-0)

京都では若駒S黄菊賞未勝利戦を走って勝率100%

全体でも3着以下は東京優駿(GI5着しか無く、安定した成績。

先行馬なので、脚質の面でも向いてるだろうし、

あとは3000m走れるかどうかだけって感じ。


15 ワンアンドオンリー (0-1-0-0)

京都では、萩Sの2着があるのみ。

東京優駿(GI1着⇒神戸新聞杯(GII1着と、

データの面では死角が無いんだけど、

前走みたいに多少早めに前に出られれば問題ないだろうけど、

脚質の面では後方に居る馬なので、ちょっとだけ不安があるかも。


16 サトノアラジン (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

全体的に見ても掲示板までには来てて、

脚質の面でもけっこう前に居る馬なので、

残る可能性も十分ありそうに思います。


17 ヴォルシェーブ (1-0-0-1)

京都は、新馬戦で勝ったあと黄菊賞で5着。

全体でも安定した成績だけど、あまり位置取りは安定せず、

後ろに下がっちゃったら多分差しては来れないかなって気もします。


18 メイショウスミトモ (0-0-0-0)

一応、札幌2歳S(GIIIで芝経験もありますが、

好走してるのは全てダートで、ダートでもそんなに安定しない成績。

ここで3着内に来るのは無理だと思います。


って感じ。



他にもいろいろ見てみたけど、

GALLOP JAPANの血統情報 でも

ターフヴィジョンの重賞注目馬 でも

15 ワンアンドオンリーが1番に推されていて、


ターフヴィジョンでは他に、

2 トーホウジャッカル

8 ワールドインパクト

16 サトノアラジン

が挙げられてたってくらい。



とゆうコトで、昨日のデータ と合わせて、


良さそう

14 トゥザワールド

15 ワンアンドオンリー


連対候補

2 トーホウジャッカル

4 サウンズオブアース

12 タガノグランパ

16 サトノアラジン


軽視

7 トーセンスターダム

9 ハギノハイブリッド

10 ゴールドアクター

13 ミヤビジャスパー

17 ヴォルシェーブ


と、考えていますが、


もちろんこんなに買えるワケがないので、

まだ絞らなきゃダメです。



ただ、こうして並べてみると、

連対候補の4頭も軽視の5頭もそこまで差が無い様に感じて、

14 トゥザワールド15 ワンアンドオンリー

3連複2頭軸流しでもいい様な気もしてきました。


それならたった9点で買えるんだけど…。



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

≪この後の記事!:
今日は富士ステークス!
おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ