アクセスランキング ブログパーツ

日経賞、毎日杯、マーチS、高松宮記念の枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

日経賞、毎日杯、マーチS、高松宮記念の枠!

2014/03/28(金)21:57

枠が出たので昨日 の続きです!



3月29日(土)

中山11R 第62回 日経賞(GII


とりあえず、昨日のデータ で見落としがあって、


・間隔半年以上 (0-0-0-10)

ってところに8 フェノーメノが当てはまります。


となると、もう10 ウインバリアシオンしか居ない様な…。



で、コースのコトを考えていくと、


☆mayuの競馬☆


日経賞(GIIが行われる中山芝2500mは、

3コーナー付近の外回りコースからスタートし、

内回りを使用するコース。


4コーナーまでの直線は短く、

多頭数になったときの外枠は苦戦傾向


日経賞(GIIに限らず、

・2009年以降の15~16番 (0-0-0-24)

って感じ。


コーナーを6回まわるコースのため、

ペースは落ち着きやすく、逃げ先行馬の前残りが目立ちます。


極端な追い込みは届いていないので、

差し馬でも早めに動ける馬が良い傾向です。



とりあえず、枠順のコトを考えると、

15 ダービーフィズ無理そうだし、


13 オーシャンブルー

14 アドマイヤフライト

なんかもちょっと厳しいかも。


逆に内に居る

1 プロモントーリオ

2 ラストインパクト

なんかはかなり楽になりそうだし、


8 フェノーメノも十分いい位置に居ますね。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 プロモントーリオ (0-0-0-0)

4走前から芝に転向して、東京と阪神を走っています。

芝転向後は(2-1-0-1)で、連対した3戦は全て2400m

距離適性の面では期待が持てそうな感じ。


2 ラストインパクト (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

距離適性としては、京都や東京の2400mで重賞実績があり、

菊花賞(GIでも4着までに来てます。

気になるのは中山適性くらい?


3 ジャガーメイル (1-1-0-3)

東京や京都の長距離で実績があるイメージですが、

長い競走馬生活の中で数える程しか中山は走ってません。

ちなみに有馬記念(GI以外の4戦は初期の未勝利条件戦

中山芝2500mは(0-0-0-2)で、あまり得意ではないみたい。


4 サイレントメロディ (0-0-1-2)

中山の芝コースはダートに転向する前に経験あり。

しかし、ダートも合わせても2000mまでしか経験が無く、

このメンバーの中ではかなり厳しいレースになりそう。


5 サトノアポロ (3-0-0-3)

中山は比較的経験豊富で、

重賞でもオールカマー(GIIAJCC(GIIの4着があります。

一応2400mまでは走れるみたいなので、

一応絡む可能性は無くはないかも。


6 サクラアルディート (0-1-0-2)

その前の2戦では全然ダメだったんですが、

前走AJCC(GIIで2着に来ています。

全体的に見ると前走の好走は腑に落ちない感じで、

あまり安定して走れるとは思わない方がいいのかも。


7 アスカクリチャン (0-0-0-1)

唯一の中山経験はオールカマー(GIIの5着。

マイルの実績が多かったのに、距離を伸ばしてる感じで、

一応アルゼンチン共和国杯(GIIの1着はあるものの、

距離適性があるのか疑問に思います。


8 フェノーメノ (2-0-0-2)

去年の日経賞(GIIの1着馬。

他にもセントライト記念(GIIの1着もあります。

ただ、今回はかなり長期の休養開けなので、

本来の力を発揮できるのかが心配。


9 トレイルブレイザー (1-0-0-1)

中山では3歳の頃に条件戦で1着があります。

4着以下の1回は2012年の有馬記念(GI13着で、

この頃から調子が悪くなっていった様な感じ。

ここ最近は十分勝てる相手にも大敗しています。


10 ウインバリアシオン (0-2-0-1)

前走の有馬記念(GIでは、

オルフェーヴルに8馬身差をつけられつつも2着。

他にも去年の日経賞(GIIの2着があります。

かなり後方に居るタイプなので、

本来は中山の短い直線には向かないと考えられますが、

強力な末脚で追い込んで来ています。


11 ホッコーブレーヴ (0-0-2-1)

中山では未勝利条件戦を走って連対経験なし。

ここに2戦はかなりハイレベルなレースに出てますが、

ほとんど通用してなかった様に思えます。


12 マイネルジェイド (2-1-0-5)

去年の前半までは全然ダメだったみたいですが、

そこから距離を伸ばした途端に好走する様になっています。

2400m以上全体の成績は(4-1-0-1)で、

中山芝2500mに限ると(2-0-0-0)

コース適性の面では十分可能性があるように思えます。


13 オーシャンブルー (1-1-0-3)

前走で中山金杯(GIIIを勝っていて、

2012年の有馬記念(GIで2着の経験もあります。

あまり安定はしないみたいですが、中山巧者なところもあり。

ただ、外枠に弱いところがあるみたいで、

今回はまた微妙な位置に入ってしまった感じ。


14 アドマイヤフライト (0-0-0-1)

中山経験は去年の日経賞(GIIの6着のみ。

距離としては2400mまで好走があるので、無くは無いですが、

中山が得意かどうかはちょっと微妙かも。


15 ダービーフィズ (1-1-1-2)

中山ではセントライト記念(GIIの2着があり、

全体的にもなかなかの成績。

ただ、距離としては2000m前後の好走が多く、

距離が伸びるとあまり良くない感じ。

今回は外枠なのも痛いところ。


って感じ。



とゆうことでここまでをまとめると、


目立った減点要素なし

10 ウインバリアシオン


データでは多少の減点要素あり

1 プロモントーリオ

2 ラストインパクト

5 サトノアポロ

8 フェノーメノ

12 マイネルジェイド


枠が心配

13 オーシャンブルー

14 アドマイヤフライト


枠的に無理そう

15 ダービーフィズ


って感じ。



このままだと必然的に

10 ウインバリアシオンになりそうですが、

相手がよく分からないコトになってます。


今の段階でなんとなく並べると、


10 ウインバリアシオン


連対候補

1 プロモントーリオ

8 フェノーメノ

12 マイネルジェイド

14 アドマイヤフライト


軽視

2 ラストインパクト

5 サトノアポロ

13 オーシャンブルー


こんな感じのイメージですが、

これでも全然多過ぎですよね。



オッズ関係のデータでも絞りきれないので、

明日までには考えておきたいんですが…。




3月29日(土)

阪神11R 第61回 毎日杯(GIII


こっちも昨日のデータ で見落としがあって、

・前走新馬、未勝利で4番人気以下 (0-0-0-4)

10 デビル切れます



☆mayuの競馬☆


毎日杯(GIIIが行われる阪神芝1800m

2コーナーポケットからスタートし、外回りを使用するコース。


スタート後、3コーナーまでは長く、

枠による有利不利はないと見て良いコースです。


コーナーは2つで、広く直線の長いコースのため、

スローペースになりやすく、前残りが多いコース形態ですが

毎日杯では、差し馬の台頭しています。


3ハロンタイムの速い差し馬が良さそうです。



で、各馬を細かく見ていくと、


1 マイネルフロスト

ここまで1800mを中心に走ってきています。

前走共同通信杯(GIIIでは33.3秒の末脚で惜しくも4着。

今回は阪神外回りなので、

前走よりはもうちょっとキレ味が活きるかも。


2 エイシンブルズアイ

前走アーリントンC(GIIIでは7着でしたが、

前走以外を見ると、かなりの末脚を持っている様子。

今回は距離延長が課題ですね。


3 カゼノコ

前走でダートの未勝利戦を勝ち上がり。

一応、芝でも3着の経験はありますが、

何となく、過去の好走馬と比べると頼りない感じ。


4 ピークトラム

一応阪神では3着が2回あります。

ただ、末脚はそれほどでもないみたいで、

どちらかと言うと先行して粘るタイプ。

京都より中山が得意っぽいのも頷けます。

前走のきさらぎ賞(GIIIも馬場状況が味方した感じ。

1600mまでしか好走してないので、

距離的な心配もありますね。


5 アドマイヤヤング

前走で京都芝1800mの新馬戦を勝ち上がったばかり。

まだ何とも言えないです。


6 アズマシャトル

これまで4戦して、阪神ではラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIの2着と、

阪神外回りの1600mの千両賞2戦2連対

3ハロンは速めで、後ろから差してくる馬なので、

阪神は外回りの方が向いているハズ。


7 リーゼントロック

前走でダートからいきなりスプリングS(GIIに出て5着。

それは確かにそれなりの評価をされるべきなんだけど、

さすがにそこから重賞連闘ってのは厳しいと思います。


8 サングラス

これまで9戦していますが、

短距離に行ったりダートに行ったりで、

なんだかあまり方向性がよく分からない感じ。


9 パドルウィール

前走で未勝利を勝ち上がって、ここまで複勝率100%

阪神外回りは(1-1-0-0)で、末脚も強力。

未勝利を勝ち上がったばかりとはいえ、侮れません。


10 デビル

京都ではダメだったけど、

前走の阪神の未勝利でようやく勝ち上がりました。

なぜこうなったのかを推測すると、

坂路適性があったっぽいところと、内回りで逃げたから。

今回も同じコトが出来るとは思えないです。


11 シンガン

前々走のラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIでは14着でしたが、

それ以外では強力な末脚複勝率100%

距離としても1800mまでは問題ないと思われます。


12 ラングレー

これまで4戦して、東京で2勝しています。

東スポ2歳S(GIIIでは惜しくも4着。

息の長い末脚が特徴なので、

阪神外回りでも悪くは無いと思います。


13 クリノジュロウジン

これまで13戦、いろいろな条件で出走してますが、

好走したのは阪神芝1200mの新馬戦のみ。

普通に考えて無理だと思います。


14 ステファノス

これまで5戦して、掲示板までには必ず来ています。

阪神外回りでは勝利経験もあり、1800mの勝利経験もあり。

絡む可能性は十分にありそうです。


って感じ。



とゆうことで、


昨日のデータ連対候補に残ってたところだと、

今のところ1番に良さそうなのは1 マイネルフロスト

次に12 ラングレーでしょうか。


4 ピークトラムは脚質でちょっと不安。


逆に軽視してたところから、

6 アズマシャトル

9 パドルウィール

11 シンガン

14 ステファノス

なんかは末脚の面で評価できます。


こうなると、

3 カゼノコ

5 アドマイヤヤング

は、可能性ゼロでは無いにしろ、

相対的に切らざるを得ない感じ。



これ以上考えても絞れないので、


あとは

・1番人気 (5-2-2-1)

を軸にして、

残りの6頭を流す感じでいこうかな。




3月30日(

中山11R 第21回 マーチステークス(GIII





☆mayuの競馬☆


マーチステークス(GIIIが行われる中山ダート1800mは、

ホームストレッチの4コーナー付近からスタートするコース。


スタート後はゴール前直線の坂を上り

4つのコーナーがある小回りのコースのため、

ペースは落ち着きやすく、逃げ先行馬の活躍が圧倒的に多い。


追い込みはあまり届きませんが、

マクって行ける馬なら高い確率で馬券になっています。


枠による有利不利はそれほど無いと考えられます。



各馬について細かく見ていくと、


1 グランドシチー (4-1-0-1)

去年のマーチS(GIII1着馬

中山ではダート1800mしか走ってないし、

4着以下の1戦は最初の500万下の5着。

コース適性はかなり高いと考えられます。


2 ドコフクカゼ (0-0-0-2)

中山ではダート1800mで2戦2敗

ただ、前々走では惜しいとこまで来てたので、

絡む可能性はゼロではないかも。


3 トーセンアレス (4-0-1-3)

去年のマーチS(GIIIでは9着。一昨年も9着

なぜか重賞では通用してないのもあるし、

ローテも含めて考えると今回は買えないです。


4 ナカヤマナイト (0-0-0-0)

今回ダート初出走。

芝では中山でしか走れないので有名ですが、

ダートになってどうなるかは未知数。

まぁ冷静に考えると芝でもダメになってきてるんで、

今からダートに移っても厳しいとは思うけど…。


5 ジェベルムーサ (2-0-0-0)

ここ2戦で中山ダート1800mを2連勝

コース適性の面ではかなり評価できそうです。


6 シンゲン (0-0-0-0)

今回ダート初出走。

一応前走芝からの好走もあるにはあるけど、

芝でも2010年のオールカマー(GIIを最後に好走なし。

さすがに無理な気がします。


7 ミヤジタイガ (0-0-0-0)

今回ダート初出走。

中山芝ではそれなりに実績がありましたが、

最近あまり好走できてなかったのは、

それほど末脚が強力でもないのに前に出られてないから。

だとすると、ダートで差すのはもっと無理なハズ。


8 リアライズキボンヌ (2-2-0-1)

中山ダートでは全て1800mで走っていて、

稍重だった1戦を除けば連対率100%

かなり高いコース適性を持っていそうです。


9 グラッツィア (1-1-0-1)

去年のマーチS(GIIIの4着馬。

それを除けば連対率100%なので、

コース適性はあると考えて良さそう。


10 エーシンゴールド (0-0-0-0)

中山経験は全くないですが、

デビューからの7戦で4勝3連対

かなり前に出る馬ですが、多少後ろでも大丈夫みたいで、

これだけ強くて中山だけ走れないとも考えづらいです。


11 ナリタシルクロード (0-0-0-1)

唯一の中山経験は、去年のマーチS(GIII7着

これだけで判断するのも早計な気がしますが、

中山適性はあまり高くない様に思います。


12 クリノスターオー (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

基本的に京都などでかなり前に出て勝ってて、

これよりかなりタフな中山は合わなそうな気がします。


13 クリソライト (0-1-0-0)

中山ダート1800mは500万下で2着の経験あり。

ジャパンDD(GIまではずっと連対してましたが、

それ以降の2戦はダメでした。

JCダート(GIはしょうが無いと思うので、

それを考えれば今回絡むのも不思議ではないのかも。


14 クリールパッション (1-1-0-6)

マーチS(GIIIには2010~2012年に出走経験があって、

それぞれ6着11着8着

かれこれ3年以上馬券に絡んで以内のもあって、

さすがにここで復活とは考えられないです。


15 ソロル (2-0-0-1)

中山成績はそれなりで、OP戦までは勝利経験あり。

それなりに先行するタイプなので、

前走のフェブラリーS(GIは難しかったと考えれば、

ここでの巻き返しも無くはないかも。


16 バーディバーディ (0-1-1-1)

去年のマーチS(GIIIの2着馬。2012年も3着に来てます。

なぜかここでしか好走してないのもあるし、

今回も入れないワケにはいかないです。


って感じ。



このレースに関しては、

例外を考え出すとキリが無いので

昨日のデータ は信用するコトにして、


今のところ、


軸候補

1 グランドシチー

16 バーディバーディ


連対候補

9 グラッツィア

15 ソロル


軽視

2 ドコフクカゼ

5 ジェベルムーサ

10 エーシンゴールド

13 クリソライト


と考えています。



ただ、

2 ドコフクカゼ以外はそれなりに評価出来るので、

オッズに余裕があったら多少大目に買ってみようかな?




3月30日(

中京11R 第44回 高松宮記念(GI


☆mayuの競馬☆


高松宮記念(GIが行われる中京芝1200mは、

向こう正面の中間辺りからスタートするコース。


3コーナー手前から4コーナーにかけて下り、

直線には急勾配の上り坂が待ち構えています。


直線はかなり長めなので、

基本的には先行~差しで速い上がりの馬が好走。

追い込みも届きます。


スタート後、3コーナーまではある程度距離があるので

外枠でもそれほど不利にはなっていません。




で、各馬について細かく見ていくと、


1 マジンプロスパー (2-0-0-2)

2012~2013年のCBC賞(GIII連覇していますが、

2012~2013年の高松宮記念(GIでは5着6着

何が悪いのか分かりませんが、ここだけは苦手みたい。


2 サクラゴスペル (0-0-0-2)

4着以下の2戦は、

2012~2013年の高松宮記念(GI9着4着

今年こそはって気もするけど、

去年より成績は下がってるように思います。


3 サンカルロ (0-1-0-1)

2012年の高松宮記念(GI2着でしたが、

去年の高松宮記念(GIでは9着

年を追うごとに阪神芝1400m以外で好走しなくなっていて、

衰えが見えるなか、ここでまた来るってのは考えづらいです。


4 レッドオーヴァル (1-0-0-0)

中京は、芝1400mの未勝利戦で勝利経験あり。

1200mの経験はないものの、

短距離の方が向いてる感じはあるので、

もしかしたらここで才能が開花するかも?


5 コパノリチャード (0-0-0-0)

中京経験は無いですが、

前走で阪急杯(GIIIを勝ってるのは高評価。


6 リアルインパクト (0-0-0-0)

中京経験は無し。

前々走の阪神カップ(GIIで勝利してるので、

もしかしたら中京ならいけるかも?


7 レッドスパーダ (0-0-0-0)

中京経験は無し。

どちらかとゆうと先行して息の長い末脚で粘るタイプ。

何となくだけど、もう少しキレ味が欲しいところ。


8 ガルボ (0-0-0-0)

中京経験は無し。1200mの経験も無し。

やはり好位につけていくタイプで、

あまりキレが凄いってイメージでは無い気がします。


9 ストレイトガール (1-0-0-0)

中京では前々走の尾張Sで勝利。

それほど後ろ過ぎない位置から差してくる馬で、

3ハロンは速いし、安定しています。

現在8連続連対中で、勢いも素晴らしいです。


10 シルクフォーチュン (0-0-0-1)

唯一の中京経験は去年の高松宮記念(GI13着

もともとダート馬だったハズですが、

この辺りから迷走してる様に思います。

ちなみに芝での好走はありません。


11 インプレスウィナー (0-0-1-0)

中京では3走前のの尾張Sで3着の経験あり。

かなり後ろから差してくるので、届かないコトも多いですが、

展開次第では絡む可能性もあるかも?


12 ハクサンムーン (0-1-1-1)

去年の高松宮記念(GIの3着馬。

他にもCBC賞(GIIIの2着があり、

中京芝1200mに限ると(0-1-1-0)複勝率100%

前走オーシャンS(GIIIは残念な結果でしたが、

そもそも中山は苦手だったとも考えられるし、

短距離馬としての実績的にも切っちゃえないです。


13 アースソニック (1-0-0-1)

中京では、1000万下で勝利経験がありますが、

基本的には前に出る馬なので、

粘りきれるかどうかは展開に寄るみたい。


14 レディオブオペラ (0-0-0-0)

中京経験は無いですが、デビューから複勝率100%

未勝利を勝ってから7連続連対中

京都芝1200の経験が多いのが気になりますが、

阪神芝1400mも走れてるので、十分やれるハズ。


15 スマートオリオン (0-0-0-0)

中京経験は無いですが、中山と函館で8連続連対中

前走オーシャンS(GIIIで重賞勝利経験もあり。

タフなコースでも走れる力強さはここではプラス要素です。


16 エーシントップ (1-0-0-0)

中京では中京2歳Sの1着があります。

ですが、なぜかここ4戦はダートで走ってて

これだけ役者が揃ってる中でまた戻ってくるとは考えづらいです。


17 スノードラゴン (0-0-0-0)

前走が初の芝ってワケでは無かったし、

芝での好走もデビューから3戦であったんだけど、

長い間ダートで走ってて、前走でいきなり芝で好走。

確かに好走はしたけど、まだ数が少ないし、

今のところまだ何とも言えない感じ。


18 マヤノリュウジン (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

前々走スプリンターズS(GIで3着に来ていますが、

長い直線で末脚勝負となると厳しい様に思います。


って感じ。



昨日の状態 とあんまり変化は無いですが、


連対候補

5 コパノリチャード

6 リアルインパクト

15 スマートオリオン


軽視

4 レッドオーヴァル

9 ストレイトガール

12 ハクサンムーン

14 レディオブオペラ

17 スノードラゴン


と考えています。



あとは

・前走斤量55.0kg以下だった馬で当日4番人気以下 (0-0-0-29)

・牝馬で当日4番人気以下 (0-0-0-27)

・前走斤量55.0kg以下だった馬で当日4番人気以下 (0-0-0-29)

ってのもあるので、

ある程度オッズが出たら続きを考えたいと思います。



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ