アクセスランキング ブログパーツ

弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSの枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSの枠!

2014/03/07(金)23:44

枠が出てるので、昨日 の続き!


今日はコース適性を中心に考えていきます。



3月8日(土)

中山11R 第9回 夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


オーシャンステークス(GIIIが行われる中山芝1200mは、

向こう正面、外回りコースの坂の頂上からのスタート。


3コーナーはかなり緩やかなのもあり、

4コーナー辺りまで一気に下っていくので、

かなりハイペースな展開になりやすいです。


直線もそこまで長くはないので、

後方一気は届きづらく、基本的には先行馬が有利


枠の面では外から逃げるくらいなら、

内をロス無く走った方が良さそうな感じ。



今回は内に

1 スマートオリオン

2 アンバルブライベン

4 ハクサンムーン

と前に行きそうな馬が多いので、

外から前に出るのは難しそう。


この3頭の先行争いがどこまで激しくなるかで、

後続の差しが決まるかが変わってくると思うので、

これを読めるかが予想のカギになりそうですが、

なかなか難しいところです…。



各馬について細かく見ていくと、


1 スマートオリオン (2-3-0-1)

中山成績はかなり優秀で、

4着以下の1回は1800mの未勝利戦。

残りは全て1200mで、現在5連続連対中

このクラスでも十分通用する可能性があります。


2 アンバルブライベン (0-0-0-0)

中山経験は無く、今回が初。

京都、小倉でしか好走が無い事を考えると、

あまり中山のタフなコースが合うとは思えません。


3 インプレスウィナー (0-0-0-5)

中山ではこれまで5戦5敗

全て1200mってワケではないですが、

それでもあまり得意なコースでは無さそう。

東京、新潟の好走が多い事から考えると、

先行馬総崩れの展開でようやくチャンスがあるかな?

ってくらい。


4 ハクサンムーン (1-1-0-2)

去年のオーシャンS(GIIIでは9着でしたが、

前走でスプリンターズS(GIの2着もあり、

短距離馬としての実績は今回のメンバーではトップ。

今年こそは大丈夫…かな?


5 レオンビスティー (3-0-0-1)

中山では1200mで3勝していて、

4着以下の1回は1600mのNZT(GII

つまり、1200mでは3戦3勝

前走で大敗していますが、

もしかしたら巻き返しもあるかも?


6 プリンセスメモリー (0-2-1-5)

中山では1200~1600mで走っていて、

勝利経験こそ無いものの、派手に負ける事もないです。

ただ、脚質的には後ろから行くタイプなので、

多少展開が向かないと厳しいかも。


7 アースソニック (0-2-0-1)

中山では1200mで3戦2連対。

3戦ともある程度先行していますが、

前走ラピスラズリSでは直線で馬群に飲まれています。

実績はあるので、巻き返しの可能性はゼロではないですね。


8 スギノエンデバー (0-0-2-1)

中山では1200mで3戦していて、

4着以下の1回はスプリンターズS(GI

レベルを考えると、3着くらいまでならあるかも?


9 アフォード (1-0-0-2)

中山では、前々走ラピスラズリSで初勝利。

それほど後ろ過ぎない位置から差してくるので、

先行馬が崩れたら真っ先にチャンスが回ってきそう。


10 ケイアイアストン (1-0-0-4)

中山では2011年にバーデンバーデンCで勝利経験がありますが、

かれこれ1年半以上馬券に絡んでいません。

オーシャンS(GIIIにはこれまで2回出走していますが、

5着、7着と負けています。


11 リアルインパクト (0-1-1-2)

中山では、朝日杯FS(GI2着、中山記念(GIIの3着など

1600m以上でかなりの実績がありますが、1200mは今回が初。

強い馬ではあるので、

後は1200mの早い流れに適応出来るかがカギ。


12 ハノハノ (1-1-1-2)

中山経験はそれなりにありますが、

好走してる時は内枠に入ってた時が多いです。

それも条件戦までなので、

さすがに今回は厳しいかなと思います。


13 ツインクルスター (4-0-0-3)

中山では4勝していて、

比較的外の方からでも先行していけるみたい。

前走ラピスラズリSでは敗れていますが、

巻き返しがあっても不思議ではないかも。


14 ミヤジエムジェイ (1-1-0-1)

中山好走経験はあるものの、連対してるのは1000万下

起伏の激しいコースもそれなりに走れるけど、

どちらかといったら平坦なコースの方が合ってるのかも。


15 スノードラゴン (0-1-0-0)

中山1600mの2歳未勝利戦で芝の連対経験はあるものの、

これまでほとんどダートの短距離戦で走ってきてます。

可能性は無くもないと思いますが、

さすがに今更な感じがしますね。


16 レッドスパーダ (1-1-1-2)

2011年のオーシャンS(GIII3着馬。

他にもスプリングS(GII2着などの実績がありますが、

ここ最近は徐々に衰えて来てる印象。

さすがにまた来るってのも考えづらいかな?


って感じ。



とりあえず、

2 アンバルブライベン

3 インプレスウィナー

10 ケイアイアストン

12 ハノハノ

15 スノードラゴン

切るとして、


「来るかもしれない」

とか言い出すとホントにキリがないので、

5 レオンビスティー

8 スギノエンデバー

14 ミヤジエムジェイ

16 レッドスパーダ

切っちゃいます


これで、

昨日の日記のデータ から例外が出ても、

さすがに買えないですし。



って事で候補に残るのは、


連対候補

1 スマートオリオン

4 ハクサンムーン

7 アースソニック

9 アフォード

11 リアルインパクト


軽視

6 プリンセスメモリー

13 ツインクルスター


って感じでしょうか。



あとは当日になって

・前走シルクロードSだった馬で当日単勝30倍以上 (0-0-0-25)

ってところを確認してから決めようと思いますが、

このレースは全然当たる気がしないですね…。笑




3月8日(土)

阪神11R 第21回 チューリップ賞(GIII


☆mayuの競馬☆


チューリップ賞(GIIIが行われる阪神芝1600m

2006年の馬場改修により、

向正面からスタートする外回りコースになりました。


以前よりは、枠順の有利不利が緩和されましたが、

それでも外枠はやや不利


チューリップ賞(GIIIでは、

・13番 (0-1-0-5)

・14番 (0-1-0-4)

・15番 (0-0-1-3)

・16番 (0-1-0-2)

って感じ。


馬券に絡んだ3頭は、

2013年2着 13 ウインプリメーラ

2012年2着 14 エピセアローム

2010年2着 16 アパパネ

2008年3着 15 オディール

の4頭。


ウインプリメーラ以外の3頭は

前走阪神JF(GIで当日3番人気以内。


まぁ今年は13頭立てなので、

あまり関係無さそうですね。


脚質は、直線が長いので差し追込みも決まりますが、

ペースが緩むことが多くなったので、前残りに注意。



ある程度前に行きそうなところだと、

5 ビートゴーズオン

6 プリモンディアル

7 マラムデール

8 ブランネージュ

辺りかと思いますが、


今年は頭数が多くないのもあるし、

これと行って逃げ馬らしい逃げ馬も居ないし、

それほど後方待機する馬が多いワケでもないので、

それほどリードは開かず、

差して届かないって事は無さそうに思います。



各馬について細かく見ていくと、


1 シャイニーガール

これまで4戦して京都で好走しています。

中京での負けを考えると坂路適性に疑問が残りますが、

重馬場だった前走エルフィンSで勝ててるので、

そこまで心配することもないかもですね。


2 レッドオーラム

これまで4戦して、勝てているのは中京の未勝利戦のみ。

負けていても惜しいレースをしては居るので、

巻き返しの可能性がゼロってワケでもないのかも。


3 ハープスター

前走で同コースの阪神JF(GIを連対していて、

ここ2戦で強烈な末脚は証明済み。

さすがにここで3着内を外すとあは思えません。


4 ヒナアラレ

これまでダートで5戦していて、芝経験は無し。

そのダートでもいい成績とは言えないので、

ほぼ来ないと考えてよさそう。


5 ビートゴーズオン

これまでダートで3戦して複勝率100%

これだけ走れてれば可能性は無くは無いですが、

それでもかなりのレアケースだと思います。


6 プリモンディアル

前走で京都の新馬戦を勝ったばかり。

新馬勝ちからの好走は前例が無く、

ダートからの路線以上に厳しいと言えそう。


7 マラムデール

これまで5戦して、3連対。

連対してるのはいずれも1400m以下のレースで、

もしかしたらマイル以上は距離的に合わないのかも?


8 ブランネージュ

ここまで中京、新潟、京都で6戦走って複勝率100%

距離的にも1600mまでは実績があるので問題なし。

あとは、レベル的なところだけですね。


9 ウインリバティ

これまで6戦してますが、

未勝利を勝ち上がって以来連続で負けています。

さすがにここからも巻き返しは難しそう。


10 クロスオーバー

地方ダートで17戦も走っていますが、

さすがにこの時期使いすぎに思います。

地方馬が来た前例も無いので、来ないと考えてよさそう。


11 ミュゼリトルガール

これまで4戦走って3着内が3回。

4着以下は1600mだったアルテミスSで、

それ以外好走した3戦は1400m以下。

距離適性の面でも問題がありそうです。


12 リラヴァティ

これまで5戦走って3回馬券に絡んでいます。

4着以下でも掲示板までには来ていて、安定した成績。

長めの距離でも走ってるし、阪神の勝利経験もあり、

前走フェアリーS(GIIIで中山の好走経験もあるので、

今回もそれほど崩れるとは思えないです。


13 ヌーヴォレコルト

これまで東京と中京で3戦走って2勝。

走ってたコースがコースなのもあるけど、

それなりに強力な末脚を持ってるみたい。


って感じ。



昨日の日記のデータ と合わせて、


3 ハープスター


連対候補

7 マラムデール

8 ブランネージュ

12 リラヴァティ

13 ヌーヴォレコルト


軽視

1 シャイニーガール

2 レッドオーラム


と考えます!



ただ、3 ハープスターの人気を考えると、

こんなに買えなさそうだし、

これで回収できても全然おいしく無さそうなので、


・10番人気以下 (0-0-2-56)

・単勝100倍以上 (0-0-1-56)


・前走重賞だった馬で当日3番人気以内 (3-6-3-4)

・前走重賞だった馬で当日4番人気以下 (0-0-1-13)


・キャリア6戦以上で当日7番人気以下 (0-0-0-19)

・キャリア2戦以内、当日6番人気以内

 を除いて前走着差0.6秒以上負け (0-0-0-28)


って辺りで絞れてくれればと思います。




3月9日(

中山11R 第51回 報知杯弥生賞(GII


☆mayuの競馬☆


弥生賞(GIIが行われる中山芝2000mは、

正面スタンド前、4コーナー付近からスタート。


スタート後の直線は長く、

枠による有利不利はそれほどなさそうですが、


弥生賞(GIIでは、

・11番 (0-0-0-6)

・12番 (0-0-0-5)

・13番 (0-1-0-3)

・14番 (0-0-0-3)

・15番 (0-0-0-2)

・16番 (0-0-0-1)

って感じで、外は不利な様子。


13番から連対した1頭は、2008年のブラックシェルで当日1番人気。

他の馬は3番人気までは居ますが、全て4着以下。



とりあえず、これに引っかかるのは、

11 ワンアンドオンリー

12 タイセイクルーズ

13 サトノロブロイ

の3頭。


多少大目に見て考えても、

あり得るとしたら11 ワンアンドオンリーくらいかな。



各馬について細かく見ていくと、


1 エアアンセム

前走京成杯(GIIIでは11着と大敗していますが、

それまではホープフルSを勝っていたり、実績はあります。

さすがに前走内容だけで切っちゃうのはもったいないです。


2 ブラックヘブン

これまで地方ダートで5戦していますが、

さすがにこれだけメンバーが揃ってる状態では、

前走ダートから来るとは考えづらいです。

距離の面でも2000mは長いと思います。


3 アデイインザライフ

中山芝2000mの新馬戦を勝って、京成杯(GIIIで3着。

これだけ実績があれば中山適性は疑いようが無いです。

ただ、脚質がかなり後ろなのと、3ハロンは速くないので、

展開次第では届かないって可能性もあるかも?


4 ウンプテンプ

前走で東京芝1800mの新馬戦を勝ったばかり。

枠順の有利不利もあるので、これだけでは判断が難しいですが、

新馬勝ちからいきなりここで勝つのは難しいと思います。

なにげにSadler's Wellsの3×4を持っていて、

もしかしたら凄い素質馬なのかも?


5 アグネスドリーム

ここまで7戦走っていますが、

前走京成杯(GIII、前々走ホープフルS連敗していて、

中山適性の面ではほぼ期待出来ないと考えられます。


6 キングズオブザサン

前々走、前走京成杯(GIIIと連対していて、

中山適性の面では信頼できそう。

どちらかと言えばそんなに後ろに居る馬ではなさそうなので、

展開に左右される部分も少ないと思います。


7 アズマシャトル

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIを連対し、

これまで3戦で連対率100%

中山適性に関してはまだ経験が無いので謎ですが、

3ハロンはかなり速いので、

後ろからでも十分届く可能性があります。


8 エイシンエルヴィン

前走きさらぎ賞(GIIIで3着の実績があります。

ただし、全体的に平坦なコースの経験が多いのと、

内枠からスタートして好走するパターンが多く、

今回は今までと同じには行かない部分が多々あります。

距離的にも2000mは初なので、

そこまでの期待はしない方がいいかも?


9 イタリアンネオ

ここまで東京と中山で4戦して2勝。

悪いとは言えないけれど、ここが良いって部分も無く、

脚質面でもあまり方向性がよく分からない感じ。


10 トゥザワールド

これまで阪神と京都で4戦して連対率100%

中山経験はないものの、強力な末脚を持っていて、

通用する可能性は十分あります。


11 ワンアンドオンリー

前走ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIを勝利。

中山経験は無いですが、

京都、阪神の稍重で実績があるので、

タフなコースでも十分に走れそうです。


12 タイセイクルーズ

一応新潟の新馬戦で芝の好走はあるものの、

ここ4戦はダートで、1800mまでしか経験がありません。

さすがにこの馬を買い目に入れてる場合じゃないですね。


13 サトノロブロイ

前走は500万下ですが、朝日杯FS(GIの出走経験はあり。

それ以外ではそれなりに安定した成績なのもあって、

朝日杯FS(GIでの敗北が単純に距離によるものなら、

今回で巻き返しが合っても不思議ではないのかも。


って感じ。



あと、Signの無料情報 では、


重賞注目馬で

6 キングズオブザサン

10 トゥザワールド


伏兵馬のサインで

9 イタリアンネオ


が挙げられています。



ハンターXのコラム では


黄菊賞の内容で、

10 トゥザワールド


ヒモ穴でおもしろいって事で、

8 エイシンエルヴィン


中山実績を重視して、

6 キングズオブザサン


が挙げられてました。



昨日のデータ も合わせて、

いろいろ総合的に考えていくと、


良さそう

6 キングズオブザサン

10 トゥザワールド


連対候補

3 アデイインザライフ

7 アズマシャトル

8 エイシンエルヴィン


軽視

1 エアアンセム

11 ワンアンドオンリー


って感じかな?



あとは、


・10番人気以下 (0-1-0-30)

・単勝100倍以上 (0-1-0-26)


・芝重賞出走経験の無い馬で単勝50倍以上 (0-0-0-27)

・関東馬で単勝30倍以上 (0-0-1-31)


・キャリア4戦以下で当日8番人気以下 (0-0-0-24)

・騎手乗り替わりで当日8番人気以下 (0-0-0-25)

・芝重賞3着内実績馬、関西馬、

 を除いて単勝30倍以上 (0-0-0-30)


ってのもあるので、

最終的にはけっこう絞れそうですが、


個人的にはオッズが割れて、

点数多めに買っても回収出来るってくらいの方が、安心して買えるかも。笑



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ