アクセスランキング ブログパーツ

有馬記念、ラジオNIKKEI杯2歳Sの枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

有馬記念、ラジオNIKKEI杯2歳Sの枠!

2013/12/20(金)19:58

ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIの枠が出たので、昨日 の続き!


今日はコース適性について考えていきます。



12月21日(土)

阪神11R 第30回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIが行われる阪神芝2000mは、

スタンド前の直線からスタートし、内回りを走るコース。


1コーナーまでの距離は325mあり、

上り坂スタートなのもあり、ペースは速くなりにくいようです。


コーナーを4回通過するので、なるべく早めに内ラチ沿いにつきたいところ。


ラジオNIKKEI杯2歳S(GIIIでは、

・1番 (0-0-1-8)

・2番 (3-2-0-5)

・3番 (2-2-2-4)

・4番 (0-1-2-7)

・5番 (0-0-0-10)

・6番 (1-0-1-8)

・7番 (2-0-1-7)

・8番 (1-2-0-6)

・9番 (1-0-2-6)

・10番 (0-0-0-8)

・11番 (0-1-0-7)

・12番 (0-0-0-6)

・13番 (0-2-1-3)

・14番 (0-0-0-3)

・15番 (0-0-0-3)

・16番 (0-0-0-1)

って感じで内枠の方が好走率が高く、


あまり母数が多くはないですが、

・14番から外 (0-0-0-7)

外枠は不利な様子。


直線が短い事も合わせると、

基本的には内枠の先行馬が有利ですね。



で、今年のメンバーを見ていくと、


まず、

14 ビップレボルシオン

15 マイネルフロスト

16 ストロベリーキング

の3頭は、枠順的に不利


逃げ馬らしいのは13 セセリが居ますが、

それほど内枠でもないので、スムーズには前に出られ無さそう。


それより内だと、

2 シンガン

4 ダノンマッキンレー

5 ロングリバイバル

10 デリッツァリモーネ

なんかがある程度前に出そうですが、

必死にポジション争いをしなきゃいけないタイプでも無さそうだし、

全体的にスローなレースになりそうな予感。


となれば、

・ある程度前に居た馬

・マクって上がって来た馬

・強烈な末脚を持ってる馬

が良さそうですが、

けっこうみんな3ハロンタイムは速いんですよね。笑



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ワンアンドオンリー

ここまで小倉、阪神、京都、東京と走っています。

前走の東スポ2歳S(GIII以外では通用してるのもあるし、

阪神では(1-1-0-0)連対率100%なのも好評価。


2 シンガン

ここまで函館、阪神、京都と3戦して複勝率100%

前走でようやく未勝利を勝ち上がってきたとこだけど、

大崩れが無いのはいいコトかも。


3 サトノアラジン

前走東スポ2歳S(GIIIで5着。その前の新潟の新馬戦。

新潟で走れて東京でその力を発揮できてないとなると、

上り坂が苦手なのでは?って心配しちゃいます。


4 ダノンマッキンレー

京都の新馬戦で勝ち上がり、前走ベゴニア賞で3着。

悪くない成績ではあるけど、

500万下くらいは勝ってほしいところ。


5 ロングリバイバル

前走阪神ダート1800mの未勝利戦で勝ち上がっていますが、

ここまで芝コースでの好走経験は無し。

ちなみに、前走ダート(0-0-1-5)で、

3着に来たのは2007年のメイショウクオリア

この年は雨で重馬場だったので、

馬場状況が悪く無ければ来ないと考えていいかも。


6 ミヤビジャスパー

前走の阪神芝1800mの新馬戦で勝ち上がっていて、

3着だった新馬戦の勝ち馬はモンドシャルナ

以外と悪く無いのかも?


7 タガノグランパ

前走で京都芝1400mの新馬戦を勝ち上がったばかり。

過去10年の3着内馬は全て前走1600m以上なので、

1400mから3着内に絡むとはちょっと考えづらいです。


8 ファイトバック

ここまで5戦走って、勝ったのは函館芝1200mの新馬戦だけ。

1800m以上の出走経験も無いので、

さすがにこれで来るとは思えないですね。


9 テイエムナデューラ

ここまで3戦走って、勝ったのは京都芝1200mの新馬戦だけ。

やはりこれで来るとは思えないです。


10 デリッツァリモーネ

ここまで阪神、小倉、京都と4戦走って複勝率100%

小回りなコースが得意な印象で、1400mだけど阪神経験あり。

前走荻ステークスワンアンドオンリーに勝ってるのもあって、

十分絡む可能性はありそうです。


11 モンドシャルナ

前走京都芝2000mの新馬戦で勝利。

まだ1戦しか走ってないのでなんとも言いがたいですが、

外を通ってマクってくる末脚には少し期待が持てそうです。


12 アズマシャトル

ここまで2戦走って連対率100%

京都と阪神で33秒台の末脚を見せているのは魅力です。

1600mまでしか走ってないので、距離適性が課題。


13 セセリ

前走京都芝2000mの新馬戦で逃げ切り勝ち。

内枠からスムーズに逃げられれば当たり前なのかもだけど、

今回は外枠からのスタートになるので、

前走の様にはいかないと考えられます。


14 ビップレボルシオン

前走は東京芝1800mの新馬戦で勝利。

かなり後方からの追い込みで、33秒台の末脚を見せています。

今回は直線の短い内回りなのもあって、

位置取りが後ろ過ぎると届かない可能性もあります。


15 マイネルフロスト

前走の札幌2歳S(GIIIでは5着でしたが、その前までは連勝。

全体的に見るとある程度先行できていないとダメな様で、

外枠に回ってしまった今回は、

あまり思い通りの展開にはならない様な気がします。


16 ストロベリーキング

東京芝1800mの新馬戦を勝ち上がって、前走の500万下で8着

中京とここの適性が同じとは言えないですが、

さすがに8着は負けすぎに思います。


って感じ。



で、昨日の日記 でも書いてたとおり、

人気が非常に重要なレースなんですが、

前日最終オッズを見てみると、


☆mayuの競馬☆


・10番人気以下 (0-0-0-34)

5 ロングリバイバル

7 タガノグランパ

8 ファイトバック

9 テイエムナデューラ

12 アズマシャトル

15 マイネルフロスト

16 ストロベリーキング

切れて


・前走1700m以下だった馬で当日6番人気以下 (0-0-0-19)

4 ダノンマッキンレー切れて


・6~9番人気 (0-0-4-34)

2 シンガン

6 ミヤビジャスパー

10 デリッツァリモーネ

軽視


・前走重賞だった馬で当日2番人気以内 (2-2-2-0)

には3 サトノアラジンが入りました。



なので、ここまでをまとめると、


軸候補

3 サトノアラジン

11 モンドシャルナ


連対候補

13 セセリ


軽視

1 ワンアンドオンリー

2 シンガン

6 ミヤビジャスパー

10 デリッツァリモーネ


となります。



こう並べてみると、

13 セセリが不安な気がしてきます。笑


まぁまだオッズは動くかもしれないので、

明日のレース直前まで買い方を考えてようと思います!




12月22日(

中山10R 第58回 有馬記念(GI


☆mayuの競馬☆


有馬記念(GIが行われる中山芝2500mは、

3コーナーの外回りコースからスタートし、内回りを走るコース。


スタート直後にコーナーがあるので外枠はロスがあり、


有馬記念(GIでは、

・15番 (0-0-0-6)

・16番 (0-0-0-5)

って感じで、

フルゲートになった回数は少ないものの、

外枠は不利な様子。


コーナーを6回通過する為、スローペースになりやすく、

残り1000mくらいからの勝負になることが多い。


直線は短いので、後方一気はあまり決まらず。

後ろから行くにしても、

4コーナーくらいまでにはそれなりの位置に居ないと届かない。


先行するなら内枠からロス無くいきたいところ。



とりあえず、各馬について細かく見ていくと、


1 ダノンバラード (1-0-1-2)

中山ではオールカマー(GII3着、AJCC(GII1着があり、

負けた2回は中山記念(GII日経賞(GII

相手が悪かったと考えれば、それなりの中山適性があると考えられます。

内枠に入った今回は前に出やすく、この馬の脚質にも合ってるハズ。


2 ヴェルデグリーン (4-1-0-2)

中山では、オールカマー(GIIで重賞勝利経験あり。

その他でも条件戦で多くの好走があり、中山巧者の素質は十分あり。

内枠に入ったのもあって、十分チャンスはありそうです。


3 カレンミロティック (0-0-0-0)

中山経験は全くありませんが、前走金鯱賞(GIIで勝利。

金鯱賞(GIIは去年から開催時期が変わっているのもあって、

ここからのローテは母数が少なく、判断が難しいです。


4 ウインバリアシオン (0-1-0-1)

中山では同コースの日経賞(GIIの2着経験あり。

菊花賞(GIでは殿から追って2着に届いていて、

中山内回りでも十分届く可能性はあります。

かつて3歳クラシックで走ったオルフェーヴルとのラストレースになるので、

今回はちょっと頑張って欲しい気持ちありますね。


5 デスペラード (1-0-1-0)

中山では2012年、2013年のステイヤーズS(GIIで3着と1着。

これが中山適性によるものか、長距離適性によるものなのかですが、

前走ステイヤーズS(GIIからの12頭がみんな負けてる事を考えると、

デスペラードは過去の馬にも届いてなさそうに思います。


6 オルフェーヴル (1-1-0-0)

2011年の有馬記念(GI優勝馬で、言わずと知れた3冠馬。

全体を通しても4着以下なのは悪い癖が出た2戦だけで、

ここ最近のレースも、まだまだ衰えてるとは思えないくらい。


7 タマモベストプレイ (0-1-0-1)

中山での連対1回は、スプリングS(GIIでのもの。

ただし、この2着を最後に馬券に絡んでいません。

中山適性に関して良いか悪いかってより、

同期の3歳馬にすら勝てなくて、ここで好走出来るとは思えないです。


8 ラブリーデイ (0-0-0-2)

前走金鯱賞(GII2着で、3歳馬ながら古馬相手に健闘。

ですが、中山での成績は2戦2敗で、

実績の面でも今ひとつ足りないように思います。


9 ルルーシュ (0-0-0-3)

去年の有馬記念(GI)では8着

AJCC(GIIオールカマー(GIIでも4着以下で、中山では3戦3敗

全体を通しても、東京適性が高い長距離馬ってイメージで、

ここで好走するタイプでは無いような気がします。


10 アドマイヤラクティ (2-0-1-0)

中山では、AJCC(GIIの3着があり、複勝率100%

前走ジャパンカップ(GIでは強豪相手に4着に来ていて、

適性も合わせて考えれば絡む可能性も十分ありそうです。


11 ラブイズブーシェ (0-1-0-0)

中山での連対1回は、2歳の未勝利戦でのもの。

前走福島記念(GIIIって事もありますが、

重賞勝利経験も無く、これと言って中山適性が高いワケでもない。

あんまり進んで買いたいとは思えない感じ。


12 テイエムイナズマ (0-0-0-2)

中山では、 皐月賞(GI朝日杯FS(GI2戦2敗

とゆうか、2歳の頃に2勝してるだけで、それから10連敗中

さすがにここで急に復活なんて事はないでしょう。


13 トゥザグローリー (0-0-2-2)

2010年、2011年の有馬記念(GIで2回の3着経験あり。

なぜか中山はここでしか好走しない不思議な馬でしたが、

去年の有馬記念(GIでは16着と大敗

4回目の挑戦になりますが、外枠に回っちゃったし、

さすがにもう来ないかな?と考えています。


14 ゴールドシップ (2-0-0-0)

去年の有馬記念(GI優勝馬で、皐月賞(GIの1着もあり。

ここ最近は良くない結果が続いていますが、

中山と阪神では未だに(5-1-0-0)連対率100%

そもそも東京は得意ではないし、京都も菊花賞(GIの勝ちがあるのみ。

つまり、この馬の持ち味は、他馬が失速する上り坂でも

坂路適性の高さで乗り切れるってところ。

オルフェーヴルよりもドリームジャーニーに近い様な、

ステイゴールド産駒らしい馬なんだと思います。

直線の短い中山ならマクって来るのは合ってるし、

多少位置取りが悪くて、マクるなら関係ないハズ。


15 ナカヤマナイト (4-2-0-1)

中山記念(GIIオールカマー(GIIなど

中山の重賞でかなりの実績がある中山巧者ですが、

去年の有馬記念(GIでは7着

あまり長い距離は得意ではないみたいで、

得意の中山でも、好走するのは2200mまで。

今回は外枠に入ったのもあって、より不利な状況。


16 トーセンジョーダン (3-0-0-2)

2010年、2011年と有馬記念(GIに出走して5着が2回。

東京で強いイメージがありますが、

中山でもAJCC(GIIの1着など、実績が無いワケではない。

先行して息の長い末脚で粘りきるタイプなのもあって、

外枠に入ってしまったのはかなりの影響がありそうです。


って感じ。



5 デスペラードの件で気になってた、

前走ステイヤーズS(GIIからのローテですが、

細かく調べ直してみると、


・前走ステイヤーズS (0-0-0-12)

 ※4着以下の12頭は、

  2012年15着 ネヴァブション

  2010年8着 ネヴァブション

  2010年10着 フォゲッタブル

  2010年15着 ジャミール

  2009年4着 フォゲッタブル

  2008年9着 フローテーション

  2008年10着 ベンチャーナイン

  2008年13着 エアジパング

  2005年11着 デルタブルース

  2004年4着 ダイタクバートラム

  2003年7着 チャクラ

  2003年10着 ファストタテヤマ


って感じでした。


中山で十分な実績のあるネヴァブション

菊花賞(GIジャパンカップ(GIで実績のあったデルタブルース

なんかもダメだったとなると、かなり厳しいみたい。


それだけ3600mを走るって事は負担が大きいんでしょうね。



BESTの無料情報 を見てみると、


今週のメイン情報

6 オルフェーヴル

14 ゴールドシップ


★ベスト情報部 攻め攻めピックアップ★

16 トーセンジョーダン

15 ナカヤマナイト


~お助け馬券!自信の切り!!~

1 ダノンバラード


追い切りBESTホース

4 ウインバリアシオン 追い切り評価:A 馬体評価:A

14 ゴールドシップ 追い切り評価:S 馬体評価:A

5 デスペラード 追い切り評価:A 馬体評価:B


☆ お勧め伏兵馬 ☆

9 ルルーシュ 追い切り評価:A 馬体評価:B


って感じの評価。


項目が増えててやる気を感じるけど、

いろいろよくわかんなくなって来ちゃいます。笑



ってコトで、昨日の日記で書いたデータ も合わせて、


軸候補

6 オルフェーヴル


連対候補

1 ダノンバラード

2 ヴェルデグリーン

10 アドマイヤラクティ

14 ゴールドシップ


軽視

3 カレンミロティック

4 ウインバリアシオン

9 ルルーシュ


って感じで考えています。




阪神カップ(GIIについてはまだ枠が出てないので、

明日以降考えていこうと思ってますが、

有馬記念(GIが楽しみでちゃんと考えられる自信がないです。笑



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ