アクセスランキング ブログパーツ

ジャパンカップと京阪杯の枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

ジャパンカップと京阪杯の枠!

2013/11/22(金)22:49

京阪杯(GIIIの枠が出たので、昨日 の続きです!



11月23日(祝・土

京都11R 第58回 京阪杯(GIII


☆mayuの競馬☆


京阪杯(GIIIが行われる京都芝1200mは、

向う正面の2コーナー寄りからスタートする内回りコース。


3コーナー手前から上り坂があり、

3コーナー中間あたりから、一気に下る特殊なコースです。


最初のコーナーまでが短いので、先行争いが激化しやすく、


京阪杯(GIIIでは、

・1番 (1-0-0-6)

・2番 (0-1-0-6)

・3番 (2-0-0-5)

・4番 (0-1-0-6)

・5番 (2-0-1-4)

・6番 (0-0-1-6)

・7番 (0-0-1-6)

・8番 (0-2-0-5)

・9番 (1-0-1-5)

・10番 (0-0-1-6)

・11番 (0-2-0-5)

・12番 (0-0-0-7)

・13番 (1-0-1-5)

・14番 (0-0-1-6)

・15番 (0-0-0-7)

・16番 (0-0-0-6)

・17番 (0-0-0-5)

・18番 (0-1-0-4)

って感じで、14番くらいから外枠は不利な様です。


因みに、13番以降から絡んだ4頭は、

2009年1着 13 プレミアムボックス 15-13

2009年2着 18 レディルージュ 9-8

2007年3着 13 カノヤザクラ 11-11

2006年3着 14 タマモホットプレイ 10-10

って感じで差して来てるので、


先行馬なら内枠が良くて、外枠に入った馬なら、

内回りの短い直線で差して来れるだけのキレのある末脚が必須な様です。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 アイラブリリ (2-0-0-3)

京都では、1200mのOP戦1600万下で2勝しています。

京都での2勝は内枠からのものなので、

内枠に入った今回は多少期待出来るかも?


2 サイレントソニック (0-1-0-0)

京都経験は前走のオパールSのみ。

同コースの外枠から2着に食い込んでるのもあって、

内枠に入った今回は、前走よりも有利なハズ。


3 アースソニック (3-0-1-5)

京都経験はけっこう豊富で、

好走してる時は大体内枠からのスタート。

今回もそれなりに期待出来そうな感じですね。


4 リトルゲルダ (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

ローカルの短距離戦の経験が多い馬で、それなりに先行するタイプ。

内枠に入れたので、スムーズに先行出来れば残る可能性もあるかも。


5 スギノエンデバー (0-2-1-6)

去年の京阪杯(GIIIでは12着

京都経験はそれなりに豊富ですが、

脚質面でかなり後ろに下がる馬なので、あまり安定しないみたい。


6 マヤノリュウジン (0-0-0-1)

京都は、3走前のディープインパクトCで4着に来たのみ。

中団やや前めくらいに居る馬なので、

これが1200mなら残れる可能性もあるかな?


7 リュンヌ (1-0-0-2)

京都では、3走前の彦根Sで勝ちがあります。

しかし、その後のOP戦では負けていて、

普通に能力的な面で足りていない様に感じます。


8 ゲシュタルト (2-1-0-7)

京都経験はそれなりですが、1200mは初めて。

どちらかと言えば1800m以上のレースの方が合ってそうに思うんですが…。


9 エピセアローム (2-0-0-0)

京都ではここまで2戦2勝

それなりに先行してないとダメな様ですが、

前走のオパールSではスタート後から素早く前に出ています。

今回はもう少し内なのもあるし、前走以上に走れるハズ。


10 ハノハノ (1-0-0-8)

京都は、前走の京洛Sで初勝利。

とはいえ、それ以外の8戦は負けてるので、

そこまでの期待は出来ないけど…。


11 ブルーデジャブ (0-0-1-0)

前走が芝初挑戦で、京洛Sで3着。

ダート馬な割りに強力な末脚で追い込んで来ましたが、

果たして今回も同じ様に行くかってところですね。


12 オセアニアボス (0-2-2-7)

京都は2011年のスワンS(GIIで3着があったり、

それなりに経験豊富ではありますが、1200mは今回が初めて。

ここ最近は大敗する事が多く、好走する事が逆に珍しいくらい。


13 アドマイヤセプター (0-1-1-3)

去年の京阪杯(GIIIの2着馬。

他にはスワンS(GIIの3着があります。

なにげに1200mに限れば(0-1-0-0)で連対経験しかなかったり。

ただ、去年と今年の成績を比べると明らかに落ちてるので、

そこまでの期待はしない方がいいかも。


14 サドンストーム (1-1-1-3)

去年の京阪杯(GIIIでは11着

強力な末脚を持っている馬ですが、

後方一気になりやすく、展開的に厳しい事もあるみたい。


15 プレイズエターナル (1-1-1-0)

ここまで京都芝1200mで複勝率100%

けっこう後ろの方から差してくる割りには安定した成績。

ここ最近も調子がいいみたいだし、かなり期待出来そう。


16 ラトルスネーク (2-1-0-3)

京都経験はそれなりに豊富ですが、1200mは今回初めて。

かなり後方から差してくる馬なので、全体的に3ハロンタイムは速いです。


17 メイショウデイム (1-1-1-5)

今年の1月にシルクロードS(GIIIの3着があり、

数が少ない割りにはそれなりの成績ではありますが、

今回は外枠に回されてしまったので、

前に出るのはかなり厳しいと思います。


って感じ。



いろいろ考えてはみたけど、

あまり決定的な差があるわけでもなく、

取捨が難しいところではあるけど、


昨日の日記で書いたデータ と合わせていろいろ考えて、


良さそう

9 エピセアローム

15 プレイズエターナル


連対候補

1 アイラブリリ

2 サイレントソニック

3 アースソニック

4 リトルゲルダ


軽視

6 マヤノリュウジン

10 ハノハノ

11 ブルーデジャブ

16 ラトルスネーク


って感じで考えています。



あとは、

・単勝50.0~99.9倍 (0-0-0-21)

・単勝100倍以上 (0-0-1-22)

・牝馬で当日6番人気以下 (0-0-2-25)

ってところで絞れてくれるのを祈ります!



馬スピ特報 では

15 プレイズエターナルの評価がやたら高いけど、

素直に軸にした方がいいのかなぁ。


確かにいいとは思うんだけど、あんまり自身がないもんで…。笑




11月24日(

東京11R 第33回 ジャパンカップ(GI


☆mayuの競馬☆


ジャパンカップ(GIが行われる東京馬2400mは、

正面スタンド前、4コーナー寄りの地点からスタートするコース。


直線が長く、コーナーも緩やかな大きな競馬場で、

バックストレッチにも坂があるので、非常にタフなコース設計。

2400mはスタミナと底力が必要、長く良い脚を使える馬が好走


紛れは少なく、能力を十分に発揮できるコースです。


枠による有利不利は、スタート後の直線が約350mとあるため、

ほとんど無いと考えられますが、


ジャパンカップ(GIでは、

・1番 (1-0-1-8)

・2番 (1-1-1-7)

・3番 (0-0-1-9)

・4番 (1-0-1-8)

・5番 (1-0-1-8)

・6番 (2-0-1-7)

・7番 (0-1-1-8)

・8番 (0-0-1-9)

・9番 (1-1-0-8)

・10番 (0-3-1-6)

・11番 (0-0-0-10)

・12番 (0-0-0-8)

・13番 (0-0-1-8)

・14番 (1-0-0-8)

・15番 (1-0-0-8)

・16番 (1-3-0-5)

・17番 (0-1-0-6)

・18番 (0-0-0-6)

って感じで多少外は不利な様子。


ちなみに13番以降で馬券に絡んだ8頭は、

2012年1着 15 ジェンティルドンナ 当日3番人気

2012年2着 17 オルフェーヴル 当日1番人気

2012年3着 13 ルーラーシップ 当日2番人気

2011年2着 16 トーセンジョーダン 当日6番人気

2010年2着(降着) 16 ブエナビスタ 当日1番人気

2008年1着 16 スクリーンヒーロー 当日9番人気

2005年1着 14 アルカセット 当日3番人気

2005年2着 16 ハーツクライ 当日2番人気

って感じで、


トーセンジョーダンスクリーンヒーローを除けば3番人気内。


人気が無かった2頭はそれぞれ、

前走で天皇賞・秋(GI1着とアルゼンチン共和国杯(GII1着で、

高い東京適性を示していました。


要するに、

「外枠は不利だけど強い馬には関係無い」

ってコト。



今年は、

13 ゴールドシップ

14 シメノン

15 スマートギア

16 ヒットザターゲット

17 ジョシュアツリー

ですが、


人気になりそうなのは

13 ゴールドシップくらいで、

他は切って大丈夫そうですね。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ヴィルシーナ (2-1-0-1)

東京ではヴィクトリアM(GI1着、優駿牝馬(GI2着などがあります。

この馬の持ち味は、先行してそこから伸びる好位差し。

内枠に入ってロスなく回れれば可能性はなくはないかも。


2 ナカヤマナイト (2-1-0-5)

東京では共同通信杯(GIIIの1着があります。

ただし、東京での好走はそれが最後。

今回も期待出来ないと思います。


3 アンコイルド (2-1-0-1)

東京での重賞好走は無いものの、

前走の天皇賞・秋(GIでの4着を除けば連対率100%。

超強豪馬を相手に4着に来た実力は評価するべきです。


4 エイシンフラッシュ (3-0-1-5)

ジャパンカップ(GIでは

2010年から出走して9着と負けていますが、

東京では、天皇賞・秋(GI3着、毎日王冠(GII1着などがあり、

立ち上がり勝負が得意な、非常に強力な末脚を持つ馬。

最近は、スローな流れにならなくても安定した成績なのもあって、

層が薄い今年こそは3着内に来てもおかしくないハズ。


5 トーセンジョーダン (3-2-0-3)

2011年のジャパンカップ(GIの2着馬ですが、去年は6着

他では天皇賞・秋(GI1着などがあり、東京適性はありますが、

ここ最近は大敗が続いていて、調子が良くないです。


6 アドマイヤラクティ (1-1-0-1)

東京ではアルゼンチン共和国杯(GII2着、

ダイヤモンドS(GIII1着があり、長距離戦なら実績あり。

東京芝2400mを走ることは問題ないだろうし、

崩れる事無く走れば3着くらいまでなら来ても不思議ではないかも。


7 ジェンティルドンナ (2-1-0-0)

去年のジャパンカップ(GI優勝馬で、

他では天皇賞・秋(GI2着、優駿牝馬(GI1着があり、

未だに東京は連対率100%

とゆうか、全体でも3着内を外したのは

チューリップ賞(GIIIの4着くらい。

この馬が3着内に来ない姿を想像出来ないです。


8 ファイヤー (0-0-0-0)

一応平地の芝の経験はありますが、

ダートに行ったり障害戦に行ったりで、まだ1600万条件馬

どこまで遡れば前例があるんだろう?ってくらいで、

さすがにこれで来ちゃったら

ジャパンカップ(GIってなんなの?ってなります。笑


9 デニムアンドルビー (1-0-1-0)

優駿牝馬(GI3着、フローラS(GII1着があり、東京では複勝率100%

前走、前々走と京都のGIでは通用しなかったけど、

今回は3歳牝馬ってコトで53.0kgなワケだし、

東京ならイケる!なんてコトがあったりするかも。


11 ルルーシュ (4-2-1-0)

東京ではアルゼンチン共和国杯(GII3着、

目黒記念(GII2着などがあり、複勝率100%

非常に高い東京適性があり、距離的にも合ってるハズ。


12 ホッコーブレーヴ (2-3-0-7)

東京の経験はかなり豊富ですが、

好走率はそこまで高くないみたい。

このメンバーが相手ではさすがに厳しいですね。


13 ゴールドシップ (1-0-0-1)

東京では共同通信杯(GIIIの1着があり、

負けた1回は東京優駿(GIの5着。

夏と冬のグランプリを勝った現役最強馬の一角で、

全体を通しても非常に安定した成績ではありますが、

前走では思ったより伸びず5着だった様に、

実際には坂路適性、長距離適性で勝って来てて、

末脚はそこまで強力ではないような気もします。


15 スマートギア (1-0-0-1)

高齢馬な割りに東京経験は少なく、勝ったのも1600万下

ここ最近は他のコースでも好走してないし、

ここで急に走るなんてコトはないと考えられます。


16 ヒットザターゲット (0-0-0-2)

東京では天皇賞・秋(GI7着、目黒記念(GII4着で、2戦2敗

小倉など小回りなコースや、

京都外回り、新潟などの上り坂の無いコースが得意な様で、

意外とタフな東京コースは合わなそうな印章です。


17 ジョシュアツリー (0-0-0-1)

2010年のジャパンカップ(GIでは10着

2度目の参戦となると日本の馬場にも多少慣れてそうですが、

今回は更に不利な大外なのもあるし、切って問題なさそうです。


って感じ。


日本のレース初参戦の海外馬、

10 ドゥーナデン (0-0-0-0)

14 シメノン (0-0-0-0)

はよく分からないので省きました。



他にいろいろ見て回ってみると、


BESTの無料情報 では、


メイン情報で

7 ジェンティルドンナ

13 ゴールドシップ


☆スペシャルピックアップ☆で

5 トーセンジョーダン

9 デニムアンドルビー


追い切りBESTホースで、

4 エイシンフラッシュ 追い切り評価:A 馬体評価:A

7 ジェンティルドンナ 追い切り評価:B 馬体評価:A

3 アンコイルド 追い切り評価:A 馬体評価:B


の評価。


タクティクスの無料情報 では、

週末重賞注目馬で、4 エイシンフラッシュ

戦略穴リストで、11 ルルーシュ

が挙げられています。



ってコトで、昨日のデータで考えてた候補 を考え直すと、


7 ジェンティルドンナ


連対候補

3 アンコイルド

4 エイシンフラッシュ

11 ルルーシュ


軽視

1 ヴィルシーナ

6 アドマイヤラクティ

9 デニムアンドルビー

13 ゴールドシップ


って感じかな?



連対候補が2頭ってのはけっこう心配だし、

データ的にも東京適性でも問題の無い

11 ルルーシュの評価を上げた感じ。


気になるところといえば

1 ヴィルシーナがどこまで粘るかってところと、

9 デニムアンドルビーが53.0kgなところくらい。



あとは、オッズ関係のデータを当てはめてからですが、

トリガミにならない様に買えれば、

これでも問題なさそうな気もしますね。



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

≪この後の記事!:
今日は京阪杯!
おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ