アクセスランキング ブログパーツ

札幌記念と北九州記念の枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

札幌記念と北九州記念の枠!

2013/08/17(土)00:56

飲みに行っててちょっと遅くなっちゃったけど、

枠が出たので昨日 の続き!



8月18日(

小倉11R 第48回 テレビ西日本賞 北九州記念(GIII


☆mayuの競馬☆


北九州記念(GIIIが行われる小倉芝1200mは、

2コーナー奥のポケット地点からスタートし、

最初の直線から下り坂で、前半からスピードが出るコース。


先行争いは激化しやすいですが、

馬場が良ければ逃げ先行馬が押し切れます。


開催が進み、馬場の内側が荒れてくると差しも決まってきますが、

それでも追い込みはあまり届いていません。


枠による有利不利はそれほどないコースですが、

馬場が荒れてきたら内枠は割り引き


北九州記念(GIIIでは、

・1番 (0-0-0-7)

・2番 (1-0-0-6)

・3番 (0-1-0-6)

って感じで、連対馬も居なくは無い感じ。


今週は開催4週目ですが、

この微妙な芝状況が波乱を演出するのかな?



一応、枠順を見ていくと、

1 アイラブリリ

2 ザッハトルテ

3 カラフルデイズ

辺りはちょっと不利があるかも。


特に1 アイラブリリは逃げ馬なのもあって、

先行争いで敗れたらそのまま見せ場も無く終わりそう。



展開を考えると、

1 アイラブリリ

4 テイエムタイホー

8 アンシェルブルー

辺りが先手を取りそうな感じですが、


枠順の関係で、外が前に出やすいなら、

4 テイエムタイホー

8 アンシェルブルー

のどちらかがハナを奪いそう。


それに付いて行きそうなのは、

11 ハノハノ

14 バーバラ

辺りでしょうか。


意外にも差し~追い込み馬が多いですね。



各馬を細かく見ていくと、


1 アイラブリリ (3-2-2-2)

小倉での経験はかなり豊富ですが、

3着内の7回は500万下と1000万下で、

4着以下の2回は1600万下と小倉2歳S(GIII

レベルの差によるものなら、ここでは微妙な感じです。


2 ザッハトルテ (0-0-0-0)

本格的に芝で走るようになったのが2012年で、小倉芝の経験は無し。

全体的に東京、中京など、長い直線があるコースが得意みたいで、

小倉では届かない様な気がしますね。


3 カラフルデイズ (0-1-1-1)

小倉での経験は、ダートで走る様になる前の新馬戦と未勝利戦のみ。

芝に転向して以来、好走したのは阪神と京都だけで、

適性云々より、短距離馬としての実績に欠ける気がします。


4 テイエムタイホー (1-1-0-2)

小倉での連対経験もあり、意外と成績は悪くない感じですが、

前走の佐世保Sでは、14 バーバラに敗れていて、

ここで逃げ切れない様じゃ今回もそこまで期待出来ないかも?


5 サドンストーム (0-0-0-0)

小倉経験は無し。

京都、阪神、中京などで、末脚のキレを活かして活躍する馬。

かなり後方から行くタイプなので、

位置取りの問題で届かない心配もあります。


6 ローガンサファイア (0-0-0-0)

京都、阪神などの好走が目立つ馬で、

NHKマイル(GIで敗れたところを見ると、短距離向きなのかな?

やはり、本質的には差し馬の様なので、展開次第でしょうか。


7 ツルマルレオン (1-0-0-1)

去年の北九州記念(GIIIでは10着。直後の1600万下で1勝。

かなり後ろから行くタイプなので、展開の助けが無いと辛いかも。


8 アンシェルブルー (0-0-0-0)

小倉は今回が初めて。

ここ最近は逃げ馬らしいレースをしていますが、

その前まではあんまり前に出るタイプじゃなかったのもあって、

実はどう出るかよく分からなかったりします。


9 ケンブリッジエル (0-1-1-6)

7歳なのもあって、小倉経験は豊富ですがあまり好走出来ていません。

全体的には小回りの平坦なコースが得意そうで、

小倉も合っているみたいですが、

比較的得意なコースで実績を出せて居ないのは痛いところ。


10 キョウワマグナム (5-0-0-2)

小倉で5勝と、かなりの実績があります。

脚質的にも、前過ぎず後ろ過ぎずの位置に居る馬なので、

馬券に絡む可能性は高い方なのかな?


11 ハノハノ (4-0-0-8)

4着以下の経験も多いですが、小倉で4勝。

勝ってる時も負けてるときも、それなりに前の方に居る馬なので、

芝状況と展開による物だと思います。

絡む可能性もあると考えた方が良さそうかな。


12 マイネルエテルネル (2-0-0-0)

小倉では勝率100%で、小倉2歳S(GIIIの勝ちもあります。

脚質面でも、それなりの位置に居る馬なので、

ここで馬券に絡む事もありそうですね。


13 ニンジャ (2-0-0-1)

小倉では3戦2勝と、比較的安定した成績ですが、

脚質はどちらかと言うと差し。

かなり早い3ハロンタイムで上がって来る馬で、

今回も、展開次第では3着内が狙えるかも。


14 バーバラ (1-0-0-0)

小倉は前走の佐世保Sで1勝。

まだレース経験はそれほど多く無いですが、

京都を中心に走って居て掲示板から外れたのは1回のみ。

牝馬ってコトもあって、夏にも強そうです。


15 スギノエンデバー (4-0-1-1)

去年の北九州記念(GIIIの優勝馬で、

2010年の小倉2歳S(GIIIでも3着の経験あり。

小倉では4勝を挙げており、小倉の成績では今回トップ。

57.0kgのハンデが気になりますが、外せない馬です。


って感じ。



ハンデのコトを考えると、

2006年に58.0kgを背負ったゴールデンキャストが2着に来てますが、

・斤量57.0kg以上 (0-1-0-10)

って感じでやはり不利な様子。



その辺りを考えると、


良さそう

10 キョウワマグナム

11 ハノハノ

12 マイネルエテルネル

14 バーバラ


相手候補

13 ニンジャ

15 スギノエンデバー


って感じかな?



なんだか外枠ばっかりになっちゃいましたね。笑




8月18日(

函館11R 第49回 札幌記念(GII


☆mayuの競馬☆


札幌記念(GIIが行われる函館芝2000mは、

4コーナーポケット地点からスタート。


4つのコーナーを回り、コースを1周します。

小回りで直線が266mと非常に短いので、

やはり前に行ける馬が中心です。


差しでも、早めに上がっていけないと厳しく、

直線一気はほとんどありません。


枠では、内枠が良く外枠は苦戦傾向

特に2番~5番は勝率・複勝率とも高く、

大外16番は2008年以降馬券に絡んでいません



で、今回大外に入ったのは16 アイムユアーズ

これはどう考えたらいいのか微妙な感じですね…。



展開を考えると、

やはり前走でも気持ちのいい逃げを見せた

14 トウケイヘイローが前に出そう。


じゃなきゃ10 ネコパンチかな。


これに

2 オールザットジャズ

3 ルルーシュ

5 トーセンジョーダン

7 ラブイズブーシェ

8 アンコイルド

11 ロゴタイプ

16 アイムユアーズ

辺りが続いて行きそうな感じ。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 タッチミーノット (1-0-0-1)

函館では、3歳の頃の500万下で1勝。

東京、中山での好走が多く、けっこう後ろから来るタイプ。

長い直線がないと厳しいイメージです。


2 オールザットジャズ (0-0-1-0)

前走のクイーンS(GIIIで3着。

洋芝が特に苦手なワケでは無いみたいだし、

今回は内枠を引いたのもあり、

内ラチ沿いをロスなく走れればチャンスはあるかも。


3 ルルーシュ (0-1-0-0)

函館では巴賞の2着があり、札幌の新馬戦でも勝っています。

ここ最近は長距離馬なイメージでしたが、

2000mで走れないってワケでも無さそうだし、注意が必要。


4 ネヴァブション (0-0-0-3)

函館では3戦3敗。札幌経験も無いので、洋芝では3着内無し

それ以前に、2011年のAJCC(GIIを最後に馬券に絡んでいません。


5 トーセンジョーダン (1-0-0-1)

2011年の札幌記念(GIIの優勝馬。

函館では漁火Sで1勝していて、洋芝は比較的得意な様子。

今回は、ジャパンカップ(GIからの休み明けなのが気になります。


6 マルセリーナ (0-0-0-1)

前走のクイーンS(GIIIで4着。

悪い成績ではないですが、全体を通してもマイルでの好走が多い馬なので、

1800m以上の長さはあまり合わないのかもって気もします。


7 ラブイズブーシェ (2-0-1-0)

函館だけじゃなく、札幌でも2着があり、洋芝では複勝率100%

好走している距離も2000mに集中していることから、

かなりの得意コースと思われます。

条件戦からのステップですが、穴馬が来るとすればこの馬かな?


8 アンコイルド (0-1-0-1)

前走の函館記念(GIIIで2着に来ています。

前走は1枠1番からのスタートで、終始内ラチ沿いに居たので、

その分ロス無く回れましたが、今回は同じ様にはいかないので、

上り詰めるのなら、ここからが正念場といった感じ。


9 ホエールキャプチャ (1-1-0-0)

函館は新場戦、未勝利戦で経験があり、連対率100%

強力な牝馬ではありますが、2000m以上の好走はあまり多くなく、

相手にも強力なメンバーが揃った今回はちょっと微妙な感じ。


10 ネコパンチ (1-0-1-2)

最近はひたすら長距離路線でしたが、

函館の1勝も、2600mのみなみ北海道S

逃げ馬とは言え、2000m戦ではあまり期待できない様に思います。


11 ロゴタイプ (1-0-0-1)

函館は2歳の頃に経験があり、負けたのも函館2歳S(GIIIでの4着。

札幌でもOP戦の3着と札幌2歳S(GIIIの4着があり、非常に惜しい感じ。

朝日杯FS(GI皐月賞(GIと中山の成績がいいので、

おそらく洋芝を走るスタミナ、パワーは持っていると考えます。


12 レインボーダリア (2-1-2-2)

函館経験は非常に豊富で、札幌をあわせても3回しか4着以下になってません。

しかし、前走の函館記念(GIIIでは6着で、やや衰え気味な感じ。

脚質面でも、かなり後ろから行くタイプなので、

ここで絡むのはちょっと難しいかも。


13 アスカクリチャン (0-0-1-0)

前走の函館記念(GIIIで3着に来ています。

前走の位置取りを考えると、外枠から走って最後は内に滑り込んでいます。

今回も似た位置に居られると思うので、

斤量が上がった事は気になりますが、

3着までなら可能性はありそうにも思います。


14 トウケイヘイロー (1-0-0-0)

前走の函館記念(GIIIでは逃げ切って優勝。

前走よりは外枠に回りましたが、スムーズなスタートを見ると、

ここでも先手を取るのは不可能ではない様に思います。

逃げて粘れれば、3着内も夢ではないかも。


15 エアソミュール (1-0-0-1)

前々走の巴賞では勝ったものの、函館記念(GIIIでは10着

この2レースは枠順も位置取りも似た感じでしたが、

斤量が上がった為か力を出し切れなかった様子。

さらに斤量が上がった今回はさらに厳しいレースになりそう。


16 アイムユアーズ (2-1-1-0)

前走のクイーンS(GIIIの1着、

2011年の函館2歳S(GIII2着があり、

洋芝全体を通しても複勝率100%

今回は外枠に回ってしまった事だけが引っかかります。


って感じ。



因みに

・前走から斤量減 (6-5-4-31)

・前走から増減無 (4-5-5-30)

・前走から斤量増 (0-0-1-44)

 ※斤量増で3着に来た1頭は2009年のサクラオリオン。

  前走函館記念4番人気 1 着。


サクラオリオン56.0kg⇒57.0kgでしたが、

前々走の巴賞では57.0kgを背負って3着に来ています。


そう考えると、

8 アンコイルド

15 エアソミュール

は切っちゃってもいいかもですね。



ホースの無料情報ランキング心眼情報 では、

11 ロゴタイプ14 トウケイヘイローが共通して好評価なようです。




って事で、昨日のデータ も合わせてまとめると、


良さそう

11 ロゴタイプ

14 トウケイヘイロー


連対候補

2 オールザットジャズ

3 ルルーシュ


軽視

5 トーセンジョーダン

9 ホエールキャプチャ

16 アイムユアーズ


って感じかな?



まぁ正直、この順番にはあんまり自信はないので、

オッズ次第で買えるだけ買っときたいです。笑


明日の前日最終オッズを見て、また考えたいと思います!



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ