アクセスランキング ブログパーツ

フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドSの枠! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドSの枠!

2013/02/15(金)22:07

枠が出たので昨日 の続き!


今日はコースについて考えていきます。



2月16日(土)

東京11R 第63回 ダイヤモンドステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


東京芝3400mダイヤモンドS(GIIIでしか使われないコース。

向う正面の3コーナー付近からスタートし、コースを1周半します。


スタート後、すぐにコーナーを迎えますが、

長距離なのでそれほど気にする必要はなさそうです。

脚質別では差し馬の活躍が目立っていますが、

極端な追い込みは勝ちきれません。



今回は、

1 ケイアイドウソジン

7 エーシンジーライン

9 ネコパンチ

10 ラッキーバニラ

16 メイショウカドマツ

と前に行く馬が多く、先行争いが激しくなりそう。


まぁ3400mってゆう長距離戦なので、

さすがに序盤から全力疾走することも無いとは思うけど、

最初のホームストレッチや、2コーナーを回ってバックストレッチとか、

途中の直線部分でハナを奪いにきたりするかも。


しかし、最後に東京の長い直線がある事を考えると、

そんなことしてたら直線半ばで力尽きるのでは?とも思えたり。


展開面でも考えるのはかなり難しいです。



で、各馬の成績を細かく見ていくと、


1 ケイアイドウソジン

去年のダイヤモンドS(GIIIでは逃げ切り勝ち。

長距離の経験もそれなりにあり、悪くない印象。

他の競馬場より、東京は得意みたい。


2 サクセスパシュート

ここまで条件戦しか走っていませんが、

東京、中山などの長めの距離でそれなりに安定して上位に来れています。


3 マカニビスティー

2012年の万葉S(OP)で連対するなど、長距離でもそれなりに実績があります。

しかし、東京での実績だと目黒記念(GIIでの5着が最高。


4 ノーステア

重賞は走ってませんが、東京の2000~2400mではいい成績。

比較的3ハロンタイムが速めなので、差しも期待出来そう。


5 フォゲッタブル

2010年のダイヤモンドS(GIII優勝馬ですが、

それ以来2年以上馬券に絡んでいません。

来ないとは言い切れないかもだけど、これで来ちゃったら予想できないです。


6 ジャガーメイル

天皇賞・春(GIでの優勝歴があり、

東京の2400m以上に限れば、かなり好走率が高いです。

とは言え、東京での最後の好走は2011年のジャパンカップ(GIの3着で、

前走香港ヴァーズ(GIで連対したとは言え帰国して1戦目。

来ないとは言い切れないけど、そこまでの期待も出来なさそう。


7 エーシンジーライン

前走万葉S(OP)で3着に来てますが、そもそもあまり長距離を走る馬ではないみたい。

東京での経験は2011の白富士S(OP)での4着のみで、

東京の直線でどうなるのかは謎。


8 エーシンミラージュ

ここまで条件戦しか走っておらず、東京ではオクトーバーSでの6着のみ。

かなり後ろからの追い込みが特徴で、

3ハロンはかなり速めですが、ここでは届かない可能性が高いかも。


9 ネコパンチ

日経賞(GIIの優勝経験があり、

2600mくらいまでは好走走れていますが、3000m以上の実績はなし。

基本的には逃げ馬なのもあり、あまり期待出来なさそう。


10 ラッキーバニラ

産経賞オールカマー(GIIの出走経験もありますが、好走しているのは条件戦まで。

東京、新潟での好走が多く、前に行くことが多いです。


11 モンテクリスエス

典型的なステイヤーで、3000以上のレースによく参加してきます。

阪神大賞典(GIIステイヤーズ(GIIの3着がありますが、

ダイヤモンドS(GIIIでは2009年に勝った以来2年連続で負けています。


12 イケドラゴン

2010年の目黒記念(GIIで連対してますが、それ以来大敗し続けています。

東京コースは比較的得意な様ですが、さすがにこれでは買えないです。


13 コスモヘレノス

2011年のダイヤモンドS(GIIIで連対。

東京、中山などが得意な様で、アルゼンチン共和国杯(GIIの3着もあります。

しかし、今回は去年の4月からの休み明け。

あまり無理はしてこないだろうと考えられます。


14 ファタモルガーナ

前走ステイヤーズS(GII連対馬。

東京でも条件戦なら勝ちがあり、後方からの末脚も十分です。


15 アドマイヤラクティ

ここまでかなり安定した成績で来てますが、

京都、阪神、中山ばかりで、あまり直線の長いコースを走ってません。

中段やや後ろからの競馬をする馬なので、脚質的には良さそう。


16 メイショウカドマツ

神戸新聞杯(GIIで負けて以来、4戦連続で3着内に来てます。

前は後ろからの競馬をする事もありましたが、ここ4戦はひたすら前。

今回は大外で前には出づらいので、どうなるか微妙な感じ。


って感じ。


なんだか考えるほどワケ分からなくなってきます。笑




とりあえず、昨日のデータ で残った5頭は、


脚質の面で、


ちょっと良さそう

2 サクセスパシュート

4 ノーステア

8 エーシンミラージュ


軽視

7 エーシンジーライン

16 メイショウカドマツ


と考えようかと思います。



あと、加えるとしたら

1 ケイアイドウソジン

6 ジャガーメイル

13 コスモヘレノス

14 ファタモルガーナ

15 アドマイヤラクティ

辺りかな?



まぁそうなると全然絞れてないんですが、

オッズ的にありなら3連複フォーメーションで狙ってもいいかも。


回収できなさそうなら、複勝3点とかでいこうかな。笑




2月17日(

東京11R 第30回 フェブラリーステークス(GI


☆mayuの競馬☆


フェブラリーステークス(GIが行われる東京ダート1600mは、

2コーナー奥からスタートし、スタート直後は芝のコースを使用します。


内枠はダッシュが利かないと位置取りが悪くなり、

直線包まれる可能性も高くなります。


芝コースを長く走れる外枠は有利ですが、

データとしては中枠>外枠>内枠と言った感じで、

ロスが比較的少なく、不利も少ない中枠が良い成績です。


脚質は、ダートなので逃げ先行が良いデータです。

ただし、オープンクラスでは差し馬の台頭も多くなります。



外枠から見ていくと、

11 カレンブラックヒル

15 ガルボ

と、芝の馬が外側に居ます。


逆に内側から見ていくと、

6 エスポワールシチー

が前に出そうな感じ。


この3頭に関しては、やはり前に出れてこそなので、

けっこう激しい先行争いを繰り広げそうな気がします。



で、各馬のコース成績を見ていくと、


1 マルカフリート (0-0-0-2)

東京での負け2回は、去年の武蔵野S(GIIIペルセウスS(OP)

比較的前の方に居て抜け出すタイプなので、

今回の内枠はこの馬にとってはマイナス材料。


2 グレープブランデー (0-1-0-1)

東京での唯一の負けは去年のブリリアントS(OP)

ハンデ戦で2100mをトップハンデの57.0kgを背負ってのものなので、

この一敗はノーカンとしても良さそう。

連対していたのは1600mのユニコーンS(GIII

東京の直線なら、後ろからの末脚も活きるハズ。


3 セイクリムズン (2-0-1-5)

全体を通して1400m以下の経験が多く、

東京ダート1600mに限れば(0-0-0-3)

この馬にとって、今回は距離が長すぎるかも。


4 ナムラタイタン (4-1-0-4)

東京ダート1600mに限れば(3-1-0-1)と、かなり成績が良く、

負けた1回は、去年の武蔵野S(GIIIでの6着。

前走東海S(GIIでは2着に来ている事だし、調子も悪く無さそう。


5 タイセイレジェンド (2-0-0-5)

東京での成績はあまり良くなく、勝った2回はともに条件戦。

どちらかと言えば短距離の方が得意な様なので、

今回はあまり期待出来なさそうに思います。


6 エスポワールシチー (2-0-0-3)

2010年のフェブラリーS(GI優勝馬。

しかし、去年はフェブラリーS(GIで5着に敗れており、

得意条件のハズのJCダート(GIでは先頭に出るも失速。

そんなに東京に向くタイプでもないので、

復活を期待するなら別のレースの方が良さそうかな?


7 ガンジス (1-3-0-0)

主に1400m以下のレースが中心ですが、東京ダート全成績で連対率100%

1600mでも武蔵野S(GIIIの連対があり、かなり期待出来そうです。


8 イジゲン (2-0-0-0)

武蔵野S(GIIIで重賞勝ちもあり、ここまで東京ダート無敗

基本的に1600m以上を走っていて、距離適性も問題無し。

出遅れ癖がありますが、末脚が活きる東京ならそれもカバー可能なハズ。


9 ヤマニンキングリー (0-0-0-1)

唯一の東京ダート経験は、去年のフェブラリーS(GIでの9着。

そもそもダート初挑戦でシリウスS(GIIIを勝っちゃったってのがあり、

今の所シリウスS(GIIIでは2年連続連対中。

しかし、コース適性が似てるとも言えないので、

今回はあまり期待出来なさそうに思います。


10 ワンダーアキュート (1-0-1-0)

去年のフェブラリーS(GIで3着、2009年の武蔵野S(GIIIで1着と、

東京のダートコースでは複勝率100%

ここ4戦かなり調子が良く、GIでの実績もあり、かなり期待出来そうな1頭。


11 カレンブラックヒル (0-0-0-0)

ダート経験ゼロからの出走。

ここまで逃げ~先行で毎日王冠(GIINHKマイル(GIを勝っていて、

普通では考えられない能力を持つ馬。

ダート初挑戦でGIを獲る事は普通なら無理でも、

この馬ならちょっとは期待しても良さそう?


12 ダノンカモン (2-4-3-4)

東京ダートはかなり得意でしたが、

2012~2013年の成績だと、(0-0-1-3)と不調。

そろそろ衰えて来ている様なので、来たとしても3着までかな。


13 エーシンウェズン (1-0-0-2)

好走しているのは1400m以下が多く、

東京ダート1600mに限ると、(0-0-0-1)

あまり期待出来そうにないですね。


14 テスタマッタ (2-1-1-3)

去年のフェブラリーS(GI優勝馬。2010年も2着に来てます。

今年は、根岸S(GIIIで6着と、あまりいい成績では無いですが、

今回は1600mになって良くなるかも?


15 ガルボ (0-0-0-0)

ダート経験ゼロからの出走2頭目。

芝では東京、中山、阪神で忘れた頃に差してくるタイプの馬。

ここでの好走を期待するのであれば、

どちらかと言えば11 カレンブラックヒルの方に期待したいところ。


16 シルクフォーチュン (1-1-1-3)

去年のフェブラリーS(GI2着馬。

しかし、そこまで安定しない様で、負けた数の方が多いです。

来るとすれば3着までかな?


って感じ。



ってコトで、

昨日の日記のデータ を合わせて考えると、


良さそう

7 ガンジス

8 イジゲン

10 ワンダーアキュート


連対候補

2 グレープブランデー


軽視

4 ナムラタイタン

11 カレンブラックヒル

12 ダノンカモン

14 テスタマッタ

16 シルクフォーチュン


って感じかな?



なんだか多少データからの例外も想定したくなりますね。


これで3連複フォーメーションを狙いたくなりますが、

なんだかタテ目になりそうな感じ…。笑



一応、オッズ関係のデータも、


・10番人気以下 (0-0-1-67)


・単勝30.0~49.9倍 (0-0-2-16)

・単勝50.0倍以上 (0-0-0-56)


・7歳以上で当日10番人気以下 (0-0-0-27)

・関東馬で当日7番人気以下 (0-0-0-24)

って感じであるにはあるので、

もうちょっと絞れたらいいですね。



まぁ当日までまだまだ時間があるので、

もうちょっと考えようと思います!




2月17日(

小倉11R 第47回 小倉大賞典(GIII


☆mayuの競馬☆


小倉大賞典(GIIIが行われる小倉芝1800mは、

正面スタンド前4コーナー寄りの地点よりスタートするコース。


1コーナーまでは270m程と短く、

先行争いは比較的激しくなりやすいですが、

芝状態が良いときはロスなく回れる内枠の逃げ先行馬に注意。


直線は短いので、極端な追い込みは厳しく

差しでも早めに上がっていける馬が良さそうです。



今回のメンバーを見ていくと、

最内に1 パッションダンス

次に6 マルカボルトが居るので、

この2頭が先に出て行きそうです。



各馬のコース適性を考えていくと、


1 パッションダンス (0-0-0-0)

今回重賞初挑戦。1800mのレースも今回が初。

基本的に阪神が得意な様で、基本的には先行するタイプ。

今回は、最内を活かしてロス無く回れそうですね。


2 ダコール (2-1-0-0)

小倉では連対率100%

どちらかと言えば後ろから行く馬ですが、それなりに先行する事もあり、

末脚はなかなかのキレがあります。


3 ダイワズーム (0-0-0-0)

小倉コースは今回初。

去年のスイートピーS(OP)以来好走出来てません。

東京、中山などが得意な様で、タフなコースに向いてるみたい。


4 シャイニーホーク (1-0-0-0)

小倉では1戦1勝

しかし、基本的に1400m以下を走る短距離馬なので、

今回は距離適性の面でかなり難がありそう。


5 ヒットザターゲット (2-0-0-1)

小倉での1敗は、新馬戦でのもの。

新潟、福島、小倉など、ゴール前に上り坂が無いコースでの好走が多く、

新潟大賞典(GIIIで重賞勝利経験もあります。


6 マルカボルト (0-1-0-0)

小倉では、2着が1回のみ。

基本的には中山や阪神など、タフなコースでの活躍が多い馬。


7 キングストリート (0-0-1-0)

小倉では3着が1回ありますが、

20112月の洛陽S以降大敗し続けています。

これで来ちゃったら何の予想も出来無いです。笑


8 コパノジングー (1-1-0-0)

小倉では500万下と未勝利戦ですが、連対率100%

しかし、どちらかと言えば2000m以上の長い距離で活躍する馬で、

1800m以下での勝ちは、京都での1回のみ。

後ろからの末脚も、今回は届かなそうな感じ。


9 テイエムアンコール (1-2-1-2)

小倉経験がけっこう豊富ですが、3着内の4回は全て条件戦。

走れないワケでも無さそうですが、あまり期待も出来なさそう。


10 マイネルスターリー (0-0-0-3)

小倉では3戦3敗

距離適性は近い物がありそうですが、

基本的に函館、札幌など、洋芝を得意とする馬。

あまりここで好走しそうなイメージが無いです。


11 エクスペディション (5-0-1-3)

小倉で5勝と、かなりの実績を持っています。

重賞実績としても、小倉記念(GIIIでの勝ちがあり、

今回のメンバーでは期待出来そうな感じ。


12 ダローネガ (1-0-0-0)

小倉では、小倉日経OP(OP)で1勝。

それ以来全然好走して居ませんが、小倉では走れると期待したいところ。


13 コウセイコタロウ (0-0-0-0)

小倉コースは今回初。とゆうか芝のレース自体今回初。

ダートでは1400~1700mくらいで活躍していましたが、

さすがにここでいきなり来ることはないと思います。


14 サトノパンサー (2-1-0-2)

小倉での成績はかなり良く、最低着順は4着。

今回のメンバーなら、それなりに期待出来そうな感じ。


15 ゲシュタルト (0-1-1-1)

AJCC(GII産経賞オールカマー(GIIなど、中山での好走が多い馬ですが、

小倉でも中日新聞杯(GIIIで2年連続3着内と、好成績。


16 ミッキードリーム (0-0-1-0)

小倉での3着は、新馬戦でのもの。

基本的に京都、阪神でキレ味鋭い末脚が魅力。


って感じ。



昨日の日記のデータ と合わせると、


連対候補

1 パッションダンス

2 ダコール

5 ヒットザターゲット

11 エクスペディション

12 ダローネガ

15 ゲシュタルト

16 ミッキードリーム


データでは切り

14 サトノパンサー


と、なります。



このままだと、さすがに買えないので、

もう少し絞りたいところなんですけどねー。



あとは、

・4歳馬で当日4番人気以下 (0-0-0-16)

12 ダローネガが切れるかもってのと、


・単勝50.0倍以上 (0-0-0-44)

で、多少絞れたらいいなってくらい。



まぁ荒れる重賞なので、

回収できそうなら多めに買っておいてもいいかもですね。




明日は、ダイヤモンドS(GIIIと、ここの予想 で買う分と、

最近見つけたとこの予想 も試してみようと思うので、

それで日曜日の馬券代が稼げたらいいなぁと思います♪笑



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!
コメント
1. 無題
(´∇`)珍しいコースなんですね
by: ヴィタール * 2013/02/15 23:48 * URL [ 編集] | UP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ