アクセスランキング ブログパーツ

ジャパンカップ、京阪杯、ラジオNIKKEI杯京都2歳Sのコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

ジャパンカップ、京阪杯、ラジオNIKKEI杯京都2歳Sのコース適性!

2017/11/24(金)23:27

ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIII

京阪杯(GIIIの枠が出てるので昨日 の続き!



11月25日(土)

京都11R 第4回 ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


ラジオNIKKEI杯京都2歳S(GIIIが行われる京都芝2000mは、

正面スタンド前の直線中間点あたりからスタートし、

内回りを使用するコースです。


1コーナーまでの直線が300m程度と短く、外枠はややロスあり

だけど今回は8頭立てなので、あまり関係なさそうですね。


3コーナー、4コーナーは入り口が狭く、

馬群が密集することが多いため紛れもあり、

直線も短いので、かなり難解なコース。


4つのコーナーを回るので

ペースは緩みやすく前残りが多いですが、

フルゲートのオープンのレースになると

先行争いが激しくなることもあり、差し馬の好走が多くなります。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ケイティクレバー

京都ではここ2戦でかなり前に出て1勝1連対。

内に入ったので位置取りは楽そうだけど、

最終週の馬場で逃げ切れるかどうかがカギかなと思います。


2 タイムフライヤー

デビューからこれまで連対率100%で、京都でも勝利経験あり。

前に出てもいい末脚を見せてるし、

何も問題は無さそうに思えます。


3 マイハートビート

札幌の未勝利戦で勝ち上がり、前走で紫菊賞を勝利。

着差無しではあるけど、同コースの好走経験があるのはプラス要素。


4 アイトーン

前走の京都芝1800mの未勝利戦で勝ち上がったばかり。

逃げないとダメなタイプであれば、内に1 ケイティクレバーが居るし、

競り合って潰れたりの可能性を考えるとそこまで高評価ではないかも。


5 ランリーナ

デビューからこれまで好走したのは中山の未勝利戦のみ。

関東近辺で成績が良くないけど、関西の適性があるとは限らないし、

現状では何とも評価しづらいところと思います。


6 グレイル

前走で京都芝2000mの新馬戦を勝利。

不良馬場だったけど、道中で位置を上げて来てるので、

精神的に落ち着いてるのかなって気はします。


7 シスターフラッグ

函館の新馬戦で勝った後は2敗。

後ろに下がってる割に3ハロンタイムは良くないし、

直線の短い京都内回りで差せそうには思えないです。


8 スラッシュメタル

前走で京都芝2000mの新馬戦を勝利。

3ハロンタイムはそこまで速くないけど、位置取りは良かった感じ。

しっかり差をつけて勝ってる分は評価したいです。


9 ナムラアッパレ

今まで9戦して、好走したのは中京と小倉の未勝利戦だけ。

ダートに行ったり戻って来たりで方向性が定まらない感じで、

ここでいきなり好走したりはしなさそうに思えます。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


2 タイムフライヤー


連対候補

3 マイハートビート

6 グレイル


軽視

4 アイトーン

8 スラッシュメタル


と考えます。



さすがにここまで絞れれば問題無いだろうし、

あとは当日オッズを見てどう買うか決めようと思います!




11月26日(

東京11R 第37回 ジャパンカップ(GI


☆mayuの競馬☆


ジャパンカップ(GIが行われる東京馬2400mは、

正面スタンド前、4コーナー寄りの地点からスタートするコース。


直線が長く、コーナーも緩やかな大きな競馬場で、

バックストレッチにも坂があるので、非常にタフなコース設計。

2400mはスタミナと底力が必要で、長く良い脚を使える馬が好走し、

紛れは少なく、能力を十分に発揮できるコースです。


枠による有利不利は、スタート後の直線が約350mとあるため、

ほとんど無いと考えられますが、


ジャパンカップ(GIでは、

・1番 (1-1-2-6)

・2番 (1-1-1-7)

・3番 (0-0-0-10)

・4番 (2-0-1-7)

・5番 (1-0-1-8)

・6番 (1-1-1-7)

・7番 (1-0-0-9)

・8番 (0-0-0-10)

・9番 (0-2-0-8)

・10番 (0-1-1-8)

・11番 (0-0-0-10)

・12番 (0-1-0-8)

・13番 (0-0-1-9)

・14番 (0-0-0-10)

・15番 (2-0-1-7)

・16番 (1-2-0-7)

・17番 (0-1-1-7)

・18番 (0-0-0-6)

って感じで多少外は不利な様子。



ちなみに11番以降で馬券に絡んだ9頭は

2016年3着 17 シュヴァルグラン 当日6番人気

2015年1着 15 ショウナンパンドラ 当日4番人気

2014年3着 15 スピルバーグ 当日6番人気

2012年1着 15 ジェンティルドンナ 当日3番人気

2012年2着 17 オルフェーヴル 当日1番人気

2012年3着 13 ルーラーシップ 当日2番人気

2011年2着 16 トーセンジョーダン 当日6番人気

2010年2着(降着) 16 ブエナビスタ 当日1番人気

2008年1着 16 スクリーンヒーロー 当日9番人気

で、

スクリーンヒーローを除けば6番人気内。



で、各馬について細かく見ていきますが、

3 ギニョール

10 ブームタイム

14 アイダホ

の海外馬3頭は今回初来日なので、

残りの14頭について書いていきます。


1 シュヴァルグラン (1-0-1-0)

2016年のジャパンC(GI3着馬で、東京で複勝率100%

去年は外枠からだったけど今年は最内なので、

包まれてしまわないかが多少心配なところ。


2 レイデオロ (2-0-0-0)

東京優駿(GI1着経験があり、東京では勝率100%

先行しても強いみたいだし、内枠でも問題なさそうかも。

ここからどう立ち回るのかも注目ですね。


4 キタサンブラック (4-0-0-1)

2016年のジャパンC(GI1着馬で、東京では既に4勝。

内枠に入ったし、前に出てペースを作れば3着内は間違い無さそう。


5 サウンズオブアース (0-1-0-2)

2016年のジャパンC(GI2着馬

今年は年齢面で引っかかるのと、

ここ最近はあまりいい成績ではないのも気になります。


6 イキートス (0-0-0-1)

2016年のジャパンC(GIで来日していて、7着。

可能性は薄いけど、日本の芝を経験してるって点では怖いかも。


7 ディサイファ (4-1-1-10)

東京経験は豊富だけど好走してたのは2015年まで。

最近の成績を見ると復活は難しそうです。


8 ソウルスターリング (2-0-0-2)

東京では優駿牝馬(GIで1着経験があります。

ここ2戦も負けは原因が分からないでもないし、

末脚が活かせる状況なら3着内も不可能ではないと思います。


9 レインボーライン (0-0-2-3)

2016年のジャパンC(GIでは6着でした。

前走天皇賞秋(GIで3着に来ては居るけど、

不良馬場の影響が大きかったと考えると微妙なところ。


11 マカヒキ (1-0-0-2)

東京では東京優駿(GIで1着経験があります。

ここ2戦の負けの原因は分からないでもないけど、

なんとなくダービー以降勝てないダービー馬になりつつある様な。

ここらで復活して欲しいって気になってしまいます。笑


12 サトノクラウン (2-1-1-2)

天皇賞秋(GI2着の他、東京優駿(GI3着経験もあります。

前走の好走は馬場の影響もあった様に思えますが、

長めの距離で好走が多いので、芝2400の方が向いてそうにも見えます。


13 シャケトラ (0-0-0-1)

東京経験は前走の天皇賞秋(GI15着のみ。

長距離向きっぽいので、距離が伸びて良くなるかもだけど、

そこまで末脚が強力なタイプでもないし、微妙なところ。


15 ワンアンドオンリー (1-0-0-9)

2014年の東京優駿(GIで勝った後は9敗

今回は4度目のジャパンC(GIだけど、さすがにもう無理そう。


16 ヤマカツエース (0-0-0-4)

前走天皇賞秋(GIの11着を含め、東京では4戦4敗

これで外枠となったら厳しいと思います。


17 ラストインパクト (0-1-1-2)

2015年のジャパンC(GIでは2着でしたが、2016年は10着

今年は さらに大外になってしまってさらに状況は良くないです。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 キタサンブラック


連対候補

1 シュヴァルグラン

2 レイデオロ

8 ソウルスターリング

11 マカヒキ

12 サトノクラウン


軽視

5 サウンズオブアース

9 レインボーライン


と考えます。



あとはどこまで買えるかオッズと相談ってところかな?




11月26日(

京都12R 第62回 京阪杯(GIII


☆mayuの競馬☆


京阪杯(GIIIが行われる京都芝1200mは、

向う正面の2コーナー寄りからスタートする内回りコース。


3コーナー手前から上り坂があり、

3コーナー中間あたりから一気に下る特殊なコースです。


最初のコーナーまでが短いので、先行争いが激化しやすく、

京阪杯(GIIIでは、

・1番 (1-1-1-7)

・2番 (2-0-0-8)

・3番 (2-0-0-8)

・4番 (0-2-08)

・5番 (2-0-2-6)

・6番 (0-0-1-9)

・7番 (1-0-2-7)

・8番 (0-2-0-8)

・9番 (1-0-2-7)

・10番 (0-0-1-9)

・11番 (0-2-0-8)

・12番 (0-0-1-9)

・13番 (1-0-1-8)

・14番 (0-0-0-10)

・15番 (0-0-0-10)

・16番 (0-1-0-7)

・17番 (0-0-0-8)

・18番 (0-2-0-5)

って感じで、14番くらいから外枠は不利な様です。


因みに、13番以降から絡んだ5頭は、

2016年2着 18 エイシンスパルタン 4-4

2014年2着 16 サドンストーム 10-9

2009年1着 13 プレミアムボックス 15-13

2009年2着 18 レディルージュ 9-8

2007年3着 13 カノヤザクラ 11-11

2006年3着 14 タマモホットプレイ 10-10

って感じで

エイシンスパルタン以外は差して来てるので、


先行馬なら内枠が良くて、外枠に入った馬なら、

内回りの短い直線で差して来れるだけの末脚のキレが必須な様です。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ティーハーフ (3-2-2-8)

2016年の京阪杯(GIIIでは12着

京都経験は豊富だけど、ここ最近はあまり馬券に絡んでいません。

重賞で走るにはもうキツそうに思えます。


2 ラインスピリット (2-3-2-7)

2016年の京阪杯(GIIIでは8着

前々走の北九州記念(GIIIで重賞初好走で、

年齢の事を考えると遅すぎたかなと思います。


3 アルマワイオリ (1-0-0-5)

京都で勝った1戦は2歳の頃のもみじS

古馬重賞では好走できず、OP戦までって感じなので、

ここで急に来そうには思えないです。


4 ネロ (2-0-0-7)

2016年の京阪杯(GIII1着馬

京都で勝った2戦はどちらも重馬場だったので、

馬場状態によって評価を変えるべきなのかも。


5 ヒルノデイバロー (0-2-0-3)

前走スワンS(GIIを含め、京都ではここ2戦で2着。

ダートから転向して少しずつ成績が良くなって来てるので、

今が一番いい時期なのかも知れません。


6 ビップライブリー (2-1-0-2)

京都では、1000万下までで好走していて

前走のスワンS(GIIでもクビ差の4着までに来てたりします。

この中では期待できる方に思えます。


7 ソルヴェイグ (2-0-1-2)

京都ではけっこう良い成績で、最低でも6着までには来ています。

前走オパールSでは5 ヒルノデイバローに勝利していて、

スワンS(GII組と比較しても遜色ない能力があると思います。


8 ナリタスターワン (3-0-1-4)

京都では、1600万下までは好走していたけど、OP戦大敗

小倉で好走してる辺り、小回りなコースは得意そうだけど、

そこまで期待するほどなのか微妙なところだと思います。


9 メラグラーナ (1-0-0-3)

2016年の京阪杯(GIIIでは14着でした。

あまり京都適性が良さそうではないけど、

前走では0.3秒差といいところまで来てたのは評価したいです。


10 セイウンコウセイ (2-1-0-1)

京都ではシルクロードS(GIII2着の経験があります。

前走スワンS(GIIでは14着と大敗してるけど、

馬場の影響を考えるとまだ見切るには早いと思います。


11 フィドゥーシア (0-1-1-3)

京都では1000万下までで好走。

ここ2戦は着順ほど悪くない結果だったとは思うけど、

内に前に行く馬が居るので、今回も状況は良く無さそう。


12 ダイシンサンダー (4-2-2-9)

京都経験は豊富だけど、最近は好走してる方が稀な感じ。

重賞好走経験は無いので、

この中で来たとしても3着が限界かなって印象。


13 タマモブリリアン (0-1-1-3)

京都で好走してたのは、未勝利戦まで。

その後は福島、新潟、函館、札幌、中山で好走してるけど、

上位馬との差を埋めるほどの適性は無さそうです。


14 イッテツ (1-0-1-3)

京都で勝ったのは未勝利戦で、前走が久々の好走。

減点要素も少なく、末脚もかなり速いので、

外枠に回っても悪く無さそうに思えます。


15 アットザシーサイド (2-0-0-1)

京都で勝った2回は、新馬戦未勝利戦

ここ最近も特に調子が悪いワケでもなく、

4歳なので経験が少なくて当然に思えます。


16 ジューヌエコール (1-0-0-1)

京都では、デイリー杯2歳S(GIIで勝利経験あり。

短距離で走る様になって良くなった印象だし、

馬場の影響と考えれば前走の大敗も大目に見れそうです。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

5 ヒルノデイバロー

7 ソルヴェイグ


連対候補

4 ネロ

9 メラグラーナ

10 セイウンコウセイ


軽視

6 ビップライブリー

8 ナリタスターワン

11 フィドゥーシア

12 ダイシンサンダー

14 イッテツ

15 アットザシーサイド

16 ジューヌエコール


と考えます。



相手をバッサリ切れずに居るけど、

いろんな可能性が考えられて、広めに買いたい感じ。


ここからオッズのデータで絞れてくれればいいけど、

絞れなかったらまた穴馬が絡むのに期待する感じかな?



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬

投資ギャンブル ブログサイトランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ