アクセスランキング ブログパーツ

天皇賞(秋)、スワンS、アルテミスSのコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

天皇賞(秋)、スワンS、アルテミスSのコース適性!

2017/10/27(金)22:37

アルテミスS(GIIIスワンS(GIIの枠が出てるので

昨日 の続きです!↓



10月28日(土)

東京11R 第6回 アルテミスステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


アルテミスS(GIIIが行われる東京芝1600m

向正面の右端からスタートし、向正面の直線を目一杯使用。

最後の直線も長く、直線主体のコースです。


枠による有利不利はほとんどないと見て良いコースですが

それでも外枠では、勝率、複勝率ともやや落ちます。


脚質では、逃げ馬でも残れますがマイルとしてはタフなコースのため、

オープンクラスになると逃げ切りは厳しくなり、

先行~差しが中心で、追込みも届きます。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ハイヒール

札幌芝1500mの新馬戦で勝ったばかり。

重馬場で先行してたので、末脚に関してはまだ分からない感じ。

現時点で言えば、東京適性はそこまで高くなさそう?


2 ラテュロス

阪神芝1600mで2戦して連対率100%

どちらもそこそこの位置には居て3ハロンも良い感じ。

これが東京でも使えたら強そうです。


3 ミスマンマミーア

これまでは門別と札幌の芝で走って、けっこういい成績。

ただ、良馬場だった札幌2歳S(GIIIでは7着だったので、

軽い馬場では力を活かせない可能性も。


4 タイドオーバー

新潟で2戦してダメで、中山芝1600mで勝ち上がり。

平坦より起伏があった方が良さそうで、

もしかしたら東京にも向いてるって可能性も?


5 ダノングレース

札幌芝1500mの新馬戦で勝ったばかり。

着差は0.0秒とギリギリだけど差して勝ってるので、

東京の直線になってより良くなる可能性はありそう。


6 サヤカチャン

札幌、阪神、京都と経験して、

好走してるのは逃げた時が多い感じ。

前に出て無いとダメっぽいし、末脚の面では期待出来なそう。


7 ウラヌスチャーム

新潟芝1600mの新馬戦で勝ったばかり。

前走はかなり後方から追い込んでいて、3ハロン32.0秒の末脚

この末脚を東京でも使えたらかなり強そう。


8 トロワゼトワル

中京芝1600mの牝馬限定の新馬戦で勝ったばかり。

前走は2番手に先行して、末脚のキレってよりは粘って残った感じ。

中京より直線が長くなると考えるとあまり良さそうではないかも。


9 スカーレットカラー

阪神、中京と走って、ここまで連対率100%

どちらも差してる割に3ハロンタイムはそこまで速くないけど、

そのぶん持続力はありそうだし、東京でも期待できそうです。


10 シンデレラメイク

これまでは中京、新潟、阪神と走って、

好走してる時はそこそこ前に居て、4着以下の新潟は追って届かず。

なんとなく、東京適性はあまり高そうではない感じ。


11 グランドピルエット

中山芝1600mの新馬戦で勝ったばかり。

前走はそこそこ先行して、速めに抜け出してしっかり追ってる感じ。

3ハロンはあまり速くないけど、バランスとしては良さそうかも。


12 シスターフラッグ

函館芝1800mの新馬戦で勝った後、札幌2歳S(GIIIで4着。

末脚が鈍ったと言うよりは、前が開かずタイミングが合わなかった感じ。

東京になって良くなる分を考えれば無くはないのかも?


13 ラッキーライラック

新潟芝1600mの牝馬限定の新馬戦で勝ったばかり。

前走はそれなりの位置に居た割には3ハロンタイムは速めで、

東京でもできるなら、埋まらずにいいところまで来そうに思えます。


14 トーセンブレス

中山芝1600mの牝馬限定の新馬戦で勝ったばかり。

前走はかなり後ろから追い込んで、稍重の中山としてかなりいい末脚。

東京の直線でもかなり強力だと思います。


15 パッセ

メンバー唯一東京経験がありますが、前走くるみ賞の8着。

ある程度前に出ないとダメそうだけど、安定して前に出れてないし、

今回大外となるともっとつらそうに思えます。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

2 ラテュロス

7 ウラヌスチャーム


連対候補

9 スカーレットカラー

11 グランドピルエット

13 ラッキーライラック

14 トーセンブレス


軽視

5 ダノングレース

8 トロワゼトワル


と考えます。



なんとなく良くなる可能性がありそうな馬も居るけど、

言い出すとキリが無いのでここはデータ優先で。


連対候補以上の6頭に関しては、

なんとなくで並べた部分も多いので、

オッズを見てまた考えたいと思います。




10月28日(土)

京都11R 第60回 毎日放送賞スワンステークス(GII


☆mayuの競馬☆


スワンS(GIIが行われる京都芝1400mは、

2コーナー出口付近からスタートする外回りコース。


3コーナーまでの直線距離は長いので、

枠による有利不利はそれほど無さそうですが、

外枠はやや不利があるようです。


しかし、スワンS(GIIでは、

・1番 (0-0-0-10)

・2番 (1-2-1-6)

・3番 (0-0-0-10)

・4番 (0-0-1-9)

・5番 (0-0-2-8)

・6番 (0-0-0-10)

・7番 (0-1-1-8)

・8番 (0-0-0-10)

・9番 (0-1-1-8)

・10番 (1-1-0-8)

・11番 (3-1-0-6)

・12番 (3-2-0-5)

・13番 (0-0-3-7)

・14番 (0-2-0-6)

・15番 (1-0-0-6)

・16番 (1-0-0-5)

・17番 (0-0-1-3)

・18番 (0-0-0-4)

って感じで、


13~16番くらいでもけっこう絡んでて、

本格的に不利になるのは17番以降。


脚質は外回りで直線が長く、

内回りコースとの合流点で内が開くこともあるので、

前が詰まることもあまりないです。


後ろからの競馬でも十分届きますが、

馬場状態が良ければ前が止まらないことも。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ビップライブリー (2-1-0-1)

京都では1000万下までで走って、悪くない成績。

その後も1400mばかり走って3着内に来続けてるので、

もしかしたら絡むかも?って気はしないでもないです。


2 レッツゴードンキ (1-0-0-2)

京都では、京都牝馬S(GIIIで勝利経験あり。

ここ最近は距離を縮めて良くなってる感じで、

1400mなら丁度良さそうに思えます。


3 サングレーザー (1-0-1-1)

京都では、デイリー杯2歳S(GIIで3着経験があります。

マイルよりは短い距離の方が合ってそうではあるし、

絡む可能性はありそうに思えます。


4 ヒルノデイバロー (0-1-0-3)

京都芝でも前走のオパールSで2着に来てるけど、

以前はダートで走っていて、芝全体で言えばいい成績では無いです。

さすがにこの状況でいきなり来そうには思えないかも。


5 ティーハーフ (3-2-2-7)

京都経験は豊富だけど、主に好走してたのは2015年まで。

それ以降だと安土城Sで3着に来てるけど、それだけだし、

今となっては以前の走りは期待できないと思います。


6 ジューヌエコール (1-0-0-0)

京都では、デイリー杯2歳S(GIIで勝利経験あり。

阪神の3戦は微妙だったけど、前走で短距離なら走れると証明した感じ。

今度は洋芝じゃなくなるけど、おそらく悪くはならないハズ。


7 キャンベルジュニア (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

これまでは中山、東京などのマイル戦を中心に好走してた感じで、

京王杯SC(GIIで大敗してる辺り、長めの方が合ってるのかも?


8 ラヴァーズポイント (0-0-3-8)

京都経験は豊富だけど、良くても3着まで。

最近はさらに距離を縮めて1200mばかり走ってるし、

この中で優先して買う感じではないと思います。


9 トーキングドラム (1-2-0-4)

京都では芝1200~1600mで走って悪くない成績。

ここ最近で重賞を走る様になって派手に負けてるけど、

得意な京都ならもしかしたら…と思う部分はあります。


10 トーセンデューク (1-1-1-1)

京都で好走経験はあるけど、好走してるのは1800m以上。

短めの距離ではあまりいい成績ではないし、

そこまでの期待はしない方が良いのかも。


11 セイウンコウセイ (2-1-0-0)

京都ではシルクロードS(GIII2着の実績もあり、連対率100%

ある程度の位置に居てキレのある末脚でってタイプだし、

ここ2戦の負けもある程度納得できるところかも。


12 フミノムーン (2-0-1-6)

2015年のスワンS(GIIでは10着で、

最近京都での好走してるのは芝1200m。

1400mになってどうなるか、少し不安がある様に思います。


13 トウショウピスト (0-1-1-5)

京都経験は多いけど、4着以下がかなり多いです。

芝1400mではけっこう馬券に絡んではいるんだけど、

全体的な安定感の無さからあまり期待はできなそうです。


14 ベステンダンク (4-4-2-3)

京都経験はかなり豊富で、悪くない成績。

1400~1600mで走ってて、1600万下まで好走はあります。

京都適性って意味で言えば意外と良さそうかも?


15 ダノンメジャー (2-2-0-0)

京都では芝1800~2000mで走って連対率100%

ここ最近もけっこう好調ではありますが、

1400m以下の経験がないのは少し引っかかります。


16 ムーンクレスト (3-0-1-8)

2016年のスワンS(GIIでは5着で、

京都経験は豊富だけど、OP以上になると微妙な成績。

ただ、去年惜しい所まで来てるし、無くは無いのかも?


17 ミスエルテ (1-0-0-0)

京都ではファンタジーS(GIIIで勝利経験があります。

それ以降は馬券に絡んで無いけど、

得意な条件ならここから復活ってのもあるのかも?


18 カラクレナイ (1-0-0-1)

京都では2歳の頃に未勝利戦で勝利経験あり。

全体的に見ても1400mの方が向いてそうではあるし、

突然好走する可能性も考えられなくはないです。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

2 レッツゴードンキ

11 セイウンコウセイ


連対候補

6 ジューヌエコール

7 キャンベルジュニア

15 ダノンメジャー

17 ミスエルテ


軽視

3 サングレーザー

10 トーセンデューク

16 ムーンクレスト

18 カラクレナイ


と考えます。



コース適性について考えるとデータからの例外もありそうだけど、

それを絡めてる余裕は無いので、こんな感じになりました。


あとはオッズ関係のデータで絞れるかってところだけど、

もう少し絞れてくれないと点数的に厳しいですね。笑




10月29日(

東京11R 第156回 天皇賞秋(GI


☆mayuの競馬☆


天皇賞秋(GIが行われる東京芝2000mは、

1コーナー奥のポケット地点からスタートするコース。


2コーナーまでの距離が短いため、

多頭数での外枠はロスがあり不利です。


天皇賞秋(GIでは、

・1番 (1-1-0-8)

・2番 (1-1-1-7)

・3番 (1-0-0-9)

・4番 (1-1-0-8)

・5番 (0-0-0-10)

・6番 (0-0-3-7)

・7番 (1-3-1-5)

・8番 (2-0-1-7)

・9番 (0-2-0-8)

・10番 (0-0-0-10)

・11番 (0-0-0-10)

・12番 (2-1-1-6)

・13番 (0-0-0-10)

・14番 (1-1-1-7)

・15番 (0-0-1-9)

・16番 (0-0-1-8)

・17番 (0-0-0-8)

・18番 (0-0-0-6)

って感じで

15番以降はかなり好走率が落ちます。


15番以降で3着に来たのは、

2015年 16 イスラボニータ 前走毎日王冠7番人気3着

2014年 15 イスラボニータ 前走セントライト記念1番人気1着

と、どちらもイスラボニータ。


脚質は先行~差しで決まるケースが多く、

逃げ切りは難しく極端な追い込みも決まりにくいです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 サクラアンプルール (0-1-0-2)

東京で2着に来たのは白富士S

ここ最近で重賞に挑戦して急に活躍した印象だけど、

末脚の面では悪くないし、走ってみたら強かったりするのかも?


2 サトノクラウン (2-0-1-2)

東京優駿(GI3着馬で、東京での実績はあるんだけど、

ここ2年の天皇賞秋(GIでは何故か17着14着

枠順は悪くないし、デムーロの騎乗で戦略的に立ち回れればってところ。


3 ネオリアリズム (3-0-0-3)

東京経験は全て条件戦

重賞で走る様になってからも成績は悪くないし、

可能性がないとは言い切れないところ。


4 リアルスティール (2-1-0-3)

2016年の天皇賞秋(GI2着馬で、他にも実績多数。

1800m以上ならほとんど大崩れもないし、

この中ではかなり信用出来る方だと思います。


5 ヤマカツエース (0-0-0-3)

2016年の天皇賞秋(GIでは最下位の15着

不利な外枠だったとはいえ、他に実績も無いし、

東京はあまり得意ではなさそうに思えます。


6 ディサイファ (4-1-1-9)

天皇賞秋(GIは3回目で、2014年は12着、2015年は6着

東京での実績はけっこうある方だけど、絡んでてもGIIまでで、

2016年以降は低迷気味だし、急に復活しそうには思えないです。


7 キタサンブラック (3-0-0-1)

もはや説明不要なくらいの実績馬で、

ジャパンC(GIでも逃げ切った経験があります。

ただ、前走宝塚記念(GIで急に調子を落とした感じ。

前走と同じ感じなら、直線が長い今回の方が厳しいはず。


8 レインボーライン (0-0-1-3)

東京で3着に来たのはNHKマイル(GIで、他では微妙な成績。

位置取りが後ろ過ぎるのか、ここ最近は微妙に届いてない感じで、

単純な追い比べになったとしても、そこまでの末脚は無さそうに思えます。


9 ソウルスターリング (2-0-0-1)

前走毎日王冠(GIIでは1番人気でまさかの8着。

最内に居たからか、前に出てしまって伸びを欠いた印象なので、

しっかり脚を溜められれば可能性はあると思います。


10 ミッキーロケット (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

これまでは函館、札幌、京都、阪神などで好走があります。

なんとなくだけど東京で好走しそうなタイプでは無いような…。


11 ロードヴァンドール (0-0-0-0)

東京は今回が初めてで、これまでは京都、阪神などで好走。

かなり前に出る逃げ馬なので、東京は分が悪そうなのと、

内に7 キタサンブラックが居るのも厳しいところだと思います。


12 ステファノス (1-1-1-3)

2015~2016年の天皇賞秋(GIで連続で3着内に来ています。

これまでは外枠から絡んでるので枠順も問題ないし、

あとは年齢からの衰えが無ければってところ。


13 グレーターロンドン (4-0-1-1)

前走毎日王冠(GIIで3着の実績があり、

4着以下なのは安田記念(GIの4着。

これまでの出走数は多くないけど東京の成績はかなりいいし、

通用しないってコトはなさそうに思えます。


14 サトノアラジン (3-3-1-3)

東京での実績はかなり豊富で、ここ2戦もかなり好調。

ただし、2000m以上の好走経験は2014年が最後で、

外枠の不利を乗り越えられるのかかなり微妙な範囲だと思います。


15 マカヒキ (1-0-0-1)

東京では東京優駿(GI1着の実績があります。

前走毎日王冠(GIIでは内から抜けられなかった感じなので、

今回は埋まらずに外から差すって可能性はあると思います。


16 カデナ (0-1-0-1)

東京で2着に来たのは2歳の頃の百日草特別

東京優駿(GIでは外枠から11着だったし、

この位置から好走できそうな気はあまりしないです。


17 ワンアンドオンリー (1-0-0-8)

2014年の東京優駿(GI1着馬ですが、それ以外で8敗

ここまで来ると東京適性の面でも疑問に思えるし、

これで外枠では無理だと思います。


18 シャケトラ (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

デビューから日経賞(GIIまで快進撃を続けていましたが、

この大外から来そうには思えないです。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 リアルスティール

9 ソウルスターリング


連対候補

7 キタサンブラック

13 グレーターロンドン


軽視

1 サクラアンプルール

2 サトノクラウン

3 ネオリアリズム

12 ステファノス

14 サトノアラジン

15 マカヒキ


と考えます。



各馬の評価についてまだふわふわした部分があり、

もう少し考える余地はありそうな感じ。


最終的には、

・1番人気 (5-2-2-1)

・単勝2.0~3.9倍 (5-3-2-2)

で軸を決められそうにも思ってたけど、


この状況だと素直に納得できなそうだし、

その点でも不安な感じですね~。



スポンサーサイト



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬

投資ギャンブル ブログサイトランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ