アクセスランキング ブログパーツ

ラジオNIKKEI賞とCBC賞のコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

ラジオNIKKEI賞とCBC賞のコース適性!

2017/07/01(土)11:15

昨日書ききれなかった木曜日の日記 の続きです!



7月2日(

福島11R 第66回 ラジオNIKKEI賞(GIII


☆mayuの競馬☆


ラジオNIKKEI賞(GIIIが行われる福島芝1800mは、

正面スタンドの4コーナー寄りからスタート。


1周約1600mの小回りコースのため、内枠がやや有利

ですが、ラジオNIKKEI賞(GIIIではあまり差が無い様子。


意外と起伏のあるコースで、ゴール~1コーナーは下り、

向う正面の直線で上り、3~4コーナーはスパイラルカーブとなっており、

4コーナー~直線は下りで、ゴール前にまた坂を上ります。


脚質では、

スパイラルカーブと直線の下り坂でスピードが落ちにくいため、

前に行った方が良い傾向。先行~差し中心で、マクりも有効。


直線がそこまで長くないのもあって、

追い込みはほとんど届いて無いです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ロードリベラル (1-0-0-0)

前々走のきんもくせい特別で同コースの勝利経験あり。

内に入って包まれてしまいそうなのは心配だけど、

唯一の経験馬なので期待してしまいます。


2 グランドボヌール (0-0-0-0)

これまでは京都と小倉で好走経験あり。

あまり上り坂などは向いてないかもだけど、

スパイラルカーブは苦手ではなさそう。


3 ニシノアップルパイ (0-0-0-0)

これまでは中山と東京で勝利経験があります。

前に出て粘るタイプなので内枠に入ったのもいいし、

福島適性もありそうに思えます。


4 マイネルスフェーン (0-0-0-0)

これまで好走してるのは北海道、中山、東京で、

京成杯(GIIIなどで好走もあり、実績的には上位。

一応残しておいた方がいいかも。


5 ライジングリーズン (0-0-0-0)

デビューから中山で3勝していて、

フェアリーS(GIIIの勝利経験もあったりします。

脚質的には後ろなのが心配だけど、可能性はあるのかも。


6 サトノクロニクル (0-0-0-0)

デビューから阪神、京都、中山で走って連対率100%

京都新聞杯(GIIで重賞連対経験もあるし、

けっこう前の方に居るタイプなので、福島にも合ってそうです。


7 ウインガナドル (0-0-0-0)

新潟、中山、東京で好走経験があり、けっこう安定した成績。

逃げてる割に末脚が重要なコースで好走していて、

直線が短い方がもっと合ってそうに思えます。


8 ビービーガウディ (0-0-0-0)

芝からダートに行って、また戻ってきて好走しています。

どちらにしても成績は悪くないし、

前走のデータだけで切っていいのかちょっと疑問ではあります。


9 バルベーラ (0-0-0-0)

これまでは京都と阪神で好走していますが、

前々走で未勝利を勝ち上がっていて、実績としてはイマイチな気が。

さすがに他の馬を優先すべきに思えます。


10 マイブルーヘブン (0-0-0-0)

芝での好走は中山の山吹賞で2着に来たのみ。

大崩れは少ないにしても、そこまでの期待はできなそう。


11 セダブリランテス (0-0-0-0)

まだデビューから2戦だけど、勝率100%で来ています。

中山と新潟で先行して勝ってるし、

福島でも能力を発揮できそうに思えます。


12 クリアザトラック (0-0-0-0)

これまでは、京都、阪神、東京で勝利経験あり。

毎度の事安定して先行してるし、位置取りの心配は無さそう。


って感じ。



ホースキングの無料情報 では、

1 ロードリベラル

4 マイネルスフェーン

5 ライジングリーズン

6 サトノクロニクル

9 バルベーラ

11 セダブリランテス

12 クリアザトラック


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

6 サトノクロニクルをはじめ、

3 ニシノアップルパイ

4 マイネルスフェーン

5 ライジングリーズン

7 ウインガナドル

12 クリアザトラック


について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


良さそう

1 ロードリベラル

6 サトノクロニクル


連対候補

3 ニシノアップルパイ

11 セダブリランテス

12 クリアザトラック


軽視

4 マイネルスフェーン

5 ライジングリーズン

7 ウインガナドル

8 ビービーガウディ


と考えます。



一応間口を広げてみたけど、この頭数ではさすがに買いすぎだろうし、

オッズを見てもう少し絞りたいところですね。




7月2日(

中京11R 第53回 CBC賞(GIII


☆mayuの競馬☆


CBC賞(GIIIが行われる中京芝1200mは、

向こう正面の中間あたりからスタートするコース。


スタート後、3コーナーまではある程度距離があるので

外枠でもそれほど不利ではない様子。


3コーナー手前くらいから4コーナーにかけては下り坂、

直線には高低差約2mの急坂があり、

それを越えるとゴールまで約200m。


直線距離は合計412.5mと非常に長く、

見た目以上にタフなコース形態。


時計のかかるコースで、

一瞬のキレよりも息の長い末脚を持つ馬がよく、

差し、追い込みも決まるコースです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 オメガヴェンデッタ (0-0-0-0)

中京は今回が初めてで、

他のコースでは2016年2月までは好走していました。

ここ最近は迷走気味だし、あまり期待はできないかも?


2 ティーハーフ (0-1-0-3)

2015年10月から長い間好走できてなかったけど、

前走の安土城Sで久々に3着に来ています。

一応中京でも好走経験はあるけど、そこまでの期待はできない感じ。


3 メラグラーナ (1-0-0-2)

中京では、フィリピンTで勝利経験があり、

4着以下は高松宮記念(GIと1600mの有松特別。

コース適性は悪く無さそうだし、可能性ありそうです。


4 アクティブミノル (0-1-0-1)

中京では、ファルコンS(GIIIで2着があり、

4着以下の1回も高松宮記念(GIの4着。

好走してる方が稀だけど、中京でなら復活も有り得るかも?


5 オウノミチ (0-2-0-0)

中京では、500万下までで2戦して連対率100%

中京適性は高そうだし、開幕週の馬場も合ってそう。

データでは切れてるけど、悩んでしまいます…。


6 ラインスピリット (1-0-0-4)

中京では、トリトンSで勝利経験がありますが、4敗

荒れてない馬場の方が合ってそうだし、位置取りも難はなさそう。

そこまでの期待はしづらいけど、無いとは言い切れない感じ。


7 シャイニングレイ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

前走安土城Sが長期休養からの復帰後初勝利になるので、

ここもまだ慣らしつつ…って雰囲気があります。


8 ナリタスターワン (0-1-0-0)

中京では500万下マカオJCTで2着の経験があります。

ただ、コースは違えど芝で馬券になってるのは1000万下までで、

この中ではそこまで期待する方ではないと思います。


9 トウショウドラフタ (1-0-0-1)

中京ではファルコンS(GIII1着中京記念(GIII12着

短距離だけど1400mの方が向いてそうな印象で、

1200mの経験は前々走の春雷Sのみなのが気になります。


10 アリンナ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

これまで好走してるのは京都の短距離で、

上り坂に多少の不安があるかな?って印象。


11 スノードラゴン (0-1-0-3)

2014年に高松宮記念(GIで2着に来てますが、

それ以降は中京では馬券に絡んでいません。

今となっては厳しそうに思えます。


12 アルティマブラッド (1-0-1-2)

中京での好走は3歳500万下までで、

それ以降も大崩れはなく、長篠Sでは4着までに来ています。

ここ最近好調だし、悪くないかもしれません。


13 エイシンスパルタン (0-0-0-1)

中京経験は、なずな賞の6着のみ。

まだ3歳の頃の話だし、今となっては短距離重賞でもで好走してるけど、

先行するのであれば外に回ったのは不安要素かも?


14 セカンドテーブル (0-0-0-1)

中京経験は、ファルコンS(GIII9着のみ。

やはり3歳の頃の話で、今は重賞でも活躍する馬になってます。

前走内容のデータだけで切るのも多少不安かもしれません。


15 タイムトリップ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

東京、中山などで好走がある辺り中京でも走れそうだけど、

実際には走ってみないと何とも言えない感じ。


16 メイソンジュニア (0-0-1-0)

中京では、ファルコンS(GIIIで3着の経験あり。

全体的にもけっこういい成績だし、普通に可能性ありそうに思えますが、

外枠から逃げるのであれば、けっこうロスがありそう。


17 ラヴァーズポイント (0-2-0-3)

2016年のCBC賞(GIII2着馬で、

古馬になってからに限れば中京では連対率100%

ただ、今年は外枠に回ってしまって、去年と同じ様にはいかなそう。


18 トーセンデューク (1-1-0-3)

中京ではここ2戦で連対しています。

かなり後ろからでも届く末脚を持ってるみたいだけど、

短距離の経験は少なく、ここ3戦しかないのが気になります。


って感じ。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


連対候補

3 メラグラーナ

4 アクティブミノル

9 トウショウドラフタ

12 アルティマブラッド

15 タイムトリップ


軽視

1 オメガヴェンデッタ

2 ティーハーフ

6 ラインスピリット

7 シャイニングレイ

10 アリンナ

11 スノードラゴン

13 エイシンスパルタン

16 メイソンジュニア

18 トーセンデューク


と考えます。



なんとなく並べてみたけど全然絞れないので、

ほぼほぼオッズ関係のデータで買う感じになりそうですね。笑



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ