アクセスランキング ブログパーツ

ヴィクトリアマイルと京王杯スプリングカップのコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

ヴィクトリアマイルと京王杯スプリングカップのコース適性!

2017/05/12(金)21:21

枠が出てるので、昨日 の続き!↓



5月13日(土)

東京11R 第62回 京王杯スプリングカップ(GII


☆mayuの競馬☆


京王杯スプリングカップ(GIIが行われる東京芝1400m

向こう正面中間付近からスタートするコース。


スタート地点から最初のコーナーまでは約350m程で、

コースロスの多い外枠に入った逃げ先行馬は、

最後の直線で苦しくなることが多い。


京王杯スプリングカップ(GIIでは、

・13番(0-1-2-7)

・14番(0-0-0-9)

・15番(2-1-0-7)

・16番(0-0-0-8)

・17番(0-1-0-6)

・18番(0-0-0-5)

って感じで、


3着内に来た6頭は、

2016年2着 13 サンライズメジャー 15-16

2015年2着 15 ヴァンセンヌ 15-15

2014年1着 15 ダイワマッジョーレ 8-8

2012年3着 13 インプレスウィナー 10-9

2010年1着 15 サンクスノート 2-2

2008年3着 13 スズカフェニックス 13-15

2007年2着 17 シンボリエスケープ 11-9

サンクスノートを除けばかなり後ろからの競馬でした。


スタート後すぐに坂を登り、最後の直線にも坂があるため

1400mですが、スピードだけでは押し切れないタフなコースです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ヒルノデイバロー (0-0-0-1)

2016年の京王杯SC(GIIでは12着で、東京の芝経験はこれだけ。

さすがにこれで急に来そうには思えないかも。


2 ロサギガンティア (3-2-1-6)

2016年の京王杯SC(GII3着馬で、

東京では1400~1800mで走っていて、経験も豊富。

過去の好走馬だし、今回も期待してしまいます。


3 キャンベルジュニア (2-1-0-0)

東京では1800m以上の1600万下までで連対率100%

1400mの経験が無いのが心配なくらいかも。


4 サトノアラジン (2-2-1-2)

2016年の京王杯SC(GII1着馬で、

他にも富士S(GIII2着などの実績があります。

好走歴がある以上外せない1頭です。


5 トーセンデューク (0-1-1-2)

東京では1600~2000mで走っていますが、微妙な成績。

距離を短くしたコトで良くなる可能性もあるかも?


6 ダンツプリウス (0-0-0-2)

東京では、NHKマイル(GI4着、キャピタルS6着で2敗

大崩れはないですが、ここ最近は微妙な成績が続いてるし、

あまり期待しすぎない方が良さそうです。


7 ブラヴィッシモ (1-0-0-1)

2016年の京王杯SC(GIIでは10着

一応奥多摩Sで勝利経験はあるけど、

そこまで期待できそうでは無いです。


8 トウショウドラフタ (3-0-0-4)

東京では3歳のレースまではそこまで大崩れは無かったけど、

古馬混合のオーロカップでは13着でした。

どちらかと言えば坂路は苦手な可能性もあります。


9 グランシルク (2-1-1-3)

東京経験は豊富で、1400mでは今のところ2戦2勝

コース適性の面では問題無さそうに見えます。


10 レッドファルクス (0-1-0-2)

東京ではダートでは好走経験はたくさんあるけど、

芝ではオーロカップの8着とか、けっこう微妙な成績。

最近芝重賞で好走してるって点では期待出来るのかも?


11 トーキングドラム (2-0-0-4)

東京では、2015年までは好走できてましたが、

2016年以降は2戦して9着12着

本質的には京都や阪神の方が向いてそう。


12 クラレント (3-1-4-9)

東京では数多くの実績がある馬ですが、

ここ最近は年齢のせいか微妙な成績が続いて居ます。

このくらいのクラスならって気もしなくもないかも?


13 ダッシングブレイズ (2-0-0-4)

2016年の京王杯SC(GIIでは4着でした。

どちらかと言えばマイル前後の距離の方が向いてそうだし、

3着内になら来る可能性もありそうに思えます。


って感じ。



トリプルクラウンの重賞完全攻略 では、

4 サトノアラジン


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

4 サトノアラジンをはじめ、

3 キャンベルジュニア

8 トウショウドラフタ

10 レッドファルクス

11 トーキングドラム


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 サトノアラジン


連対候補

2 ロサギガンティア

10 レッドファルクス

13 ダッシングブレイズ


軽視

1 ヒルノデイバロー

3 キャンベルジュニア

5 トーセンデューク

6 ダンツプリウス

7 ブラヴィッシモ

9 グランシルク

11 トーキングドラム


と考えます。



少し広げて考えてみたけど、

ここからオッズを見つつ、もうちょっと絞りたいかもですね。




5月14日(

東京11R 第12回 ヴィクトリアマイル(GI


☆mayuの競馬☆


ヴィクトリアマイル(GIが行われる東京芝1600mは、

向正面の右端からスタートし、向正面の直線を目一杯使用します。

最後の直線も長く、直線主体のコースです。


紛れが少なく、実力を発揮しやすいコースで、

スタミナも要求されるので、中距離での実績がある馬が良く好走します。


枠による有利不利はほとんどないと見て良いコースですが、

それでも外枠では、勝率、複勝率ともやや落ちます。


脚質では、逃げ馬でも残れますが、マイルとしてはタフなコースのため、

オープンクラスになると逃げ切りは厳しくなり、先行~差しが中心

追込みも届き、タイプとしては一瞬の切れよりも持続タイプが好走。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 アットザシーサイド (0-0-1-1)

東京ではオーロカップで3着経験あり。

成績を見てるとなんとなく距離は短い方が良さそうで、

東京のマイルは微妙に長そうに思えます。


2 スマートレイアー (2-2-1-3)

2016年のヴィクトリアマイル(GIでは7着で、

2015年は10着、2014年は8着でした。

東京の重賞では十分実績あるのに、何故かここだけ苦手な感じ。

十分可能性はあるとは思うんだけど…。


3 ジュールポレール (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

これまで最低でも掲示板までには来る安定した成績で、

東京マイルも走れたとしても不思議ではないかも。


4 ソルヴェイグ (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

これまでは中山、函館、阪神、京都の短距離で活躍していて、

脚質の事も考えると東京向きでは無さそう。


5 アドマイヤリード (0-0-0-1)

東京経験は優駿牝馬(GI15着のみ。

他のコースではマイルまでなら悪い成績じゃないし、

走ってみたら意外と得意だったって可能性もありそう。


6 アスカビレン (0-0-0-2)

東京では府中牝馬S(GIIフローラS(GII2戦2敗

好走してるのが阪神、小倉、京都なので、

直線の長いコースはそこまで得意じゃないのかも。


7 ルージュバック (3-1-0-3)

2016年のヴィクトリアマイル(GIでは5着で、

その後毎日王冠(GII1着に来ています。

それほど長い距離でなければ力を発揮できそうだし、

今年こそは3着内に来ても不思議ではないはず。


8 クイーンズリング (1-0-0-2)

2016年のヴィクトリアマイル(GIでは8着で、

府中牝馬S(GII1着経験があります。

十分実績はあるし、切るに切れない感じ。


9 オートクレール (0-2-2-4)

東京では芝で走る様になってからはけっこういい成績。

1600万下のハンデ戦までの話だし、

急にここで来るとは考えづらいです。


10 デンコウアンジュ (1-0-0-1)

東京では、アルテミスS(GIIIで勝利経験があり、

4着以下の1回は優駿牝馬S(GI9着

マイルなら可能性あるかもだけど、それ以前に全然馬券に絡んでなくて、

ここで急に復活しそうには思えない感じ。


11 ミッキークイーン (1-2-0-1)

2016年のヴィクトリアマイル(GI2着馬で、

他にも優駿牝馬(GI1着の実績あり。

何も文句の無い成績だし、今回も期待できそうです。


12 ウキヨノカゼ (2-0-0-3)

2016年のヴィクトリアマイル(GIでは7着で、

東京で好走したのはクイーンC(GIIIの1着が最後。

前走勝ってるのは気になるけど、そこまでの期待はできなそう。


13 ヒルノマテーラ (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

これまで好走してるのは京都、阪神などで、

なんとなく東京が得意そうには見えないです。


14 レッツゴードンキ (0-1-0-2)

2016年のヴィクトリアマイル(GIでは10着でした。

一応アルテミスS(GIIIで好走経験はあるし、

ここ最近好調なのもあるし、実績以上に注意したいところ。


15 フロンテアクイーン (1-2-0-3)

東京では、クイーンC(GIIIで2着経験があり、

ユートピアS以外はそこまでの大崩れは無い感じ。

一応可能性が無いってワケでもなさそう?


16 クリノラホール (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

基本的には小回りなコースが得意な様だし、

東京に向いてそうではないです。


17 リーサルウェポン (2-1-0-7)

府中牝馬S(GIIで久々に東京を走りましたが、8着

そもそも1年以上派手に負け続けてるし、

今になって急にこのメンバーの中で好走できそうには見えないです。


って感じ。



ヘブンズドアの無料情報 では、

3 ジュールポレール

5 アドマイヤリード

12 ウキヨノカゼ

14 レッツゴードンキ


ホースキングの無料情報 では、

11 ミッキークイーン

12 ウキヨノカゼ

15 フロンテアクイーン


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

11 ミッキークイーン


連対候補

3 ジュールポレール

5 アドマイヤリード

7 ルージュバック

8 クイーンズリング


軽視

1 アットザシーサイド

2 スマートレイアー

4 ソルヴェイグ

12 ウキヨノカゼ

14 レッツゴードンキ

15 フロンテアクイーン


と考えます。



やっぱりこうして並べてみると頭数多いですね。

あとはオッズ関係のデータで絞れるのに期待したいです。



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ