アクセスランキング ブログパーツ

天皇賞(春)と青葉賞のコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

天皇賞(春)と青葉賞のコース適性!

2017/04/28(金)22:45

青葉賞(GIIの枠が出てるので、昨日 の続き!↓



4月29日(土)

東京11R 第24回 テレビ東京杯青葉賞(GII


☆mayuの競馬☆


青葉賞(GIIが行われる東京芝2400mは、

正面スタンド前、4コーナー寄りの地点からスタートするコース。


直線が長く、コーナーも緩やかな大きな競馬場で、

バックストレッチにも坂があるので、非常にタフなコース設計。


2400mはスタミナと底力が必要、長く良い脚を使える馬が好走しています。

紛れは少なく、能力を十分に発揮できるコースです。


枠による有利不利は、スタート後の直線が約350mとあるため、

ほとんど無いと思われますが、外枠は多少ロスがあるようで、

・13番 (0-0-1-8)

・14番 (0-0-2-8)

・15番 (0-0-0-9)

・16番 (0-0-1-8)

・17番 (1-0-1-6)

・18番 (0-0-0-7)

って感じで、

13番以降は好走率が下がります。


13番以降から3着内に来たのは、

2016年3着 13 レーヴァテイン 当日1番人気

2014年3着 13 ヤマノウィザード 当日4番人気

2010年3着 17 ハートビートソング 当日3番人気

2009年1着 17 アプレザンレーヴ 当日1番人気

2009年3着 16 トップカミング 当日6番人気

2008年3着 14 モンテクリスエス 当日6番人気

の6頭。


勝ったのはアプレザンレーヴのみで、当日1番人気単勝2.0倍。

それほどの人気が無ければ3着までで、

7番人気以降ならほぼ来ないと考えて良さそうです。


ただ、今年影響ある馬は居ないし、

そこまで気にしなくてもいいかも。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 スズカロング (0-0-0-0)

これまで7戦して、京都芝1800mで2着で、

勝ち上がったのは中京ダート1800m

スタミナのかかるところで先行しないとダメそう。


2 サーレンブラント (1-0-0-0)

これまで好走してるのは、東京芝2400mの未勝利だけ。

コース適性はあるかもだけど、実績的に厳しいと思います。


3 アグネスウイン (0-0-0-0)

ここまで3戦して新馬戦の3着しかありません。

さすがに実績不足だと思います。


4 ポポカテペトル (0-0-0-0)

これまでは、京都と阪神で好走しています。

京成杯(GIIIで10着ってのは少し気になるけど、

今回もスムーズに前に出れそうだし、状況はいいと思います。


5 ダノンキングダム (1-0-0-0)

前走で東京芝2400mのゆりかもめ賞を勝利。

間隔が開いてるのは気になるけど、

好走経験はあるので一応入れときたいところ。


6 アドマイヤウイナー (0-0-0-0)

デビューから6戦して、

末脚のキレが活かせる所では好走してる印象。

平坦部分での伸びには期待できそう。


7 マイネルスフェーン (1-1-0-0)

東京では2000mの未勝利戦1勝1連対

末脚のキレはそこまででは無いけど、持続力がある感じ。

後方からでも届きそうな点はいいところ。


8 タガノアシュラ (0-0-0-0)

7戦してこれまで好走してるのは、函館、京都、阪神。

直線の短い所で逃げないとダメな感じで、

なんとなく東京には向いて無さそうに思えます。


9 ベストアプローチ (0-0-0-1)

東京経験は、セントポーリア賞の6着のみ。

末脚自体は悪くないし、可能性もありそうだけど、

どちらかと言えば関西の方が向いてそう?


10 アドミラブル (0-0-0-0)

ここまで3戦全て阪神で、

前走アザレア賞で2400mの勝利経験もあります。

かなり強力な末脚も持ってる様だし、期待できそうです。


11 トリコロールブルー (1-0-0-0)

東京では、フリージア賞で勝利経験あり、

前走の敗因は位置が後ろ過ぎた事だろうと思うけど、

今回も外枠になっちゃったのはちょっと気になります。


12 イブキ (1-0-0-0)

東京、新潟、中山と走って来て、かなり前に居るのが得意な様子。

東京芝2400mで逃げ切るのは厳しいし、

大外からの逃げはさらに厳しそう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

7 マイネルスフェーン

10 アドミラブル

11 トリコロールブルー


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

5 ダノンキングダムをはじめ、

4 ポポカテペトル

7 マイネルスフェーン

9 ベストアプローチ

10 アドミラブル


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 ポポカテペトル

6 アドマイヤウイナー

10 アドミラブル


連対候補

9 ベストアプローチ

11 トリコロールブルー


軽視

5 ダノンキングダム

7 マイネルスフェーン

8 タガノアシュラ

12 イブキ


と考えます。



いろいろ考えると、絞り切れないです…。


頭数的にもこんなに買えないだろうし、

もう少し絞らないとですね。




4月30日(

京都11R 第155回 天皇賞・春(GI


☆mayuの競馬☆


天皇賞・春(GIが行われる、京都芝3200mは、

このレースでしか使われない特殊なコース。

菊花賞(GIの芝3000mよりも200m2コーナー寄りからスタートします。


この長距離なので、あまり枠順の有利不利は無さそうですが、

・15番 (0-1-0-8)

・16番 (0-3-0-6)

・17番 (0-0-0-8)

・18番 (0-0-0-7)

って感じで、外枠は多少不利があるようです。


さすがに、芝3200mを逃げ切るのは容易ではありませんが

後方一気というのも決まりにくいです。


大体は3~4コーナーくらいからペースが上がっていって、

けっこうなロングスパートになるか、マクっていくかって感じになるので、

その時点である程度先行しているか、早めに動ける差し馬が良い成績です。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 シャケトラ (0-1-0-0)

日経新春杯(GII2着の実績あり。

京都の長めの距離でしっかり走れてるワケだし、

ここでも十分可能性はありそうです。


2 ラブラドライト (0-2-0-3)

万葉Sで2回2着に来ています。

京都長距離適性って意味ではありなのかもだけど、

重賞実績って意味では届きそうには見えないです。


3 キタサンブラック (3-0-0-0)

2016年の天皇賞春(GI1着馬で、京都では勝率100%

ここまで来るともう3着内は間違い無さそう。


4 スピリッツミノル (2-0-1-6)

どちらかと言えば長距離の方が向いてる様で、

3走前に万葉Sで3着に来ています。

とは言え他の実績で言えばこのメンバーでは厳しそう。


5 ファタモルガーナ (0-1-1-4)

2016年の天皇賞春(GIでは7着で、

ここ最近は関東に長距離戦で走っています。

あまり京都に向いてそうではないかも。


6 シュヴァルグラン (2-1-2-1)

2016年の天皇賞春(GI3着馬で、

京都新聞杯(GIIの8着を除けば3着内。

実績もあるし、今回も普通に馬券圏内を狙えそう。


7 アルバート (1-0-0-1)

2016年の天皇賞春(GIでは6着。

一応京都でも好走経験はあるけど、関東で走ってる事が多く、

そこまで京都適性は高くなさそうに思えます。


8 タマモベストプレイ (4-1-1-4)

2015年の天皇賞春(GIでは14着

万葉S京都大賞典(GIIで実績はあるものの、

そもそもいつ来るか微妙な成績だし、期待は出来なそう。


9 ディーマジェスティ (0-0-0-1)

唯一の京都経験は菊花賞(GIの4着。

けして悪い成績ではないけど、ここ3戦で4着以下が続いていて、

中山とかの方が向いてるのかなって気はします。


10 アドマイヤデウス (1-2-3-2)

2016年の天皇賞春(GIでは9着で、2015年は15着

京都大賞典(GII2着など京都実績も十分あるし、

阪神大賞典(GIIで長距離重賞の実績もあるので、

ここでも好走できる可能性はあると思うんだけど…。


11 プロレタリアト (1-0-0-2)

京都では古都Sで勝利しただけ。

GIとは言え牝馬相手の重賞でも通用してないし、

さすがにこのメンバーでは厳しいでしょう。


12 ゴールドアクター (0-0-1-1)

2016年の天皇賞春(GIでは12着でしたが、外枠。

菊花賞(GIで3着の実績もあるし、

今回こそは3着内を狙えそうかも?


13 トーセンバジル (0-1-0-2)

京都実績としては紫菊賞で2着、京都新聞杯(GIIで4着。

その後頭角を現し阪神大賞典(GII3着まで来てるので、

成長分を考えれば可能性はあるのかも。


14 ワンアンドオンリー (0-1-0-3)

2着に来たのは2歳の頃の萩Sで、それ以降は3戦3敗

国内では神戸新聞杯(GII以来馬券に絡んで無いし、

急に復活するとしてもここでは無さそうに思えます。


15 サトノダイヤモンド (3-0-0-0)

京都では菊花賞(GIを含み3戦3勝で、

全体でもデビューから複勝率100%の全く崩れない成績。

3 キタサンブラックに勝つならこの馬だと思いますが、

この外枠では不利と言わざるを得ないところ。


16 レインボーライン (0-1-1-1)

京都では菊花賞(GIで2着の実績があり、

長距離向きの馬と見れば、その前の微妙な成績も気になりません。

外枠の不利があるのだけが心配なところ。


17 ヤマカツライデン (1-0-0-3)

京都での1勝は白川特別でのもので、

重賞で走る様になってからは馬券に絡んでいません。

さすがにこれで大外は無理でしょう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 シャケトラ

3 キタサンブラック

15 サトノダイヤモンド


トリプルクラウンの重賞完全攻略 では、

12 ゴールドアクター


ヘブンズドアの無料情報 では、

1 シャケトラ

2 ラブラドライト

7 アルバート


ホースキングの無料情報 では、

3 キタサンブラック

15 サトノダイヤモンド


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


3 キタサンブラック


連対候補

1 シャケトラ 

6 シュヴァルグラン

12 ゴールドアクター

13 トーセンバジル

15 サトノダイヤモンド


軽視

4 スピリッツミノル

7 アルバート

9 ディーマジェスティ

10 アドマイヤデウス

16 レインボーライン


と考えます。



軸を決めても相手は絞れないです。

これで変なオッズになって荒れれば回収できるかもだけど…。



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

≪この後の記事!:
今日は青葉賞!
≫この前の記事!:
天皇賞(春)と青葉賞のデータ!
おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ