アクセスランキング ブログパーツ

フェブラリーステークスと小倉大賞典のコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

フェブラリーステークスと小倉大賞典のコース適性!

2017/02/19(日)09:51

日曜日の予想の続き!


土曜日の結果 の後すぐ書こうと思ってたら

下記ながら寝てしまいました。笑



木曜日 から何も進んでいないので、

コース適性から考えていきます。



2月19日(

東京11R 第34回 フェブラリーステークス(GI


☆mayuの競馬☆


フェブラリーステークス(GIが行われる東京ダート1600mは、

2コーナー奥からスタートし、スタート直後は芝のコースを使用します。


内枠はダッシュが利かないと位置取りが悪くなり、

直線で包まれる可能性も高くなります。


芝コースを長く走れる外枠は有利ですが、

データとしては中枠>外枠>内枠と言った感じで、

ロスが比較的少なく、不利も少ない中枠が良い成績です。


ちなみに不利と言われる内枠からだと、

2016年3着 4 アスカノロマン 7番人気

2015年1着 4 コパノリッキー 1番人気

2013年1着 2 グレープブランデー 3番人気

2012年2着 3 シルクフォーチュン 4番人気

2010年1着 4 エスポワールシチー 1番人気

2010年2着 3 テスタマッタ 5番人気

2009年3着 2 カネヒキリ 1番人気

と、人気馬ばかり。


脚質は、ダートなので逃げ先行が良いデータです。

ただし、オープンクラスでは差し馬の台頭も多くなります。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 サウンドトゥルー (4-3-5-6)

東京で走ってたのは2015年までですが、かなり経験豊富。

地方重賞ではかなり大活躍してるし、

実力の面でも引けを取らないと思います。


2 ホワイトフーガ (1-0-0-1)

2016年のフェブラリーS(GI10着馬

牝馬重賞な強いんだけど、牡馬相手では厳しいのかも。


3 ゴールドドリーム (2-1-0-0)

武蔵野S(GIII2着、ユニコーンS(GIII1着があり、

東京では3戦して連対率100%

前走の負けは気にしない方が良さそうかも。


4 コパノリッキー (3-0-1-2)

2014年、2015年のフェブラリーS(GI1着馬ですが、

2016年は7着でした。

だんだん地方でしか活躍できなくなって来てる印象で、

もう7歳だし、多少衰えてきてるのかも。


5 アスカノロマン (0-0-1-0)

2016年のフェブラリーS(GI3着馬

東京経験はこれしか無いですが、

それ以降でもチャンピオンズC(GIで3着に来てたり、

けっこう実績面でも充実してきています。


6 モーニン (4-0-1-1)

2016年のフェブラリーS(GI1着馬で、

東京では他にも根岸S(GIIIなどで実績があります。

前々走武蔵野S(GIIIでは7着でしたが、

まだまだ普通に期待できそうに思います。


7 ブライトライン (2-0-0-5)

2014年のフェブラリーS(GIでは5着でした。

東京で好走がないワケではないけど、4着以下の方が多く、

本質的にはそこまで向いてなさそうに思えます。


8 デニムアンドルビー (0-0-0-0)

芝重賞で実績もある言わずと知れた名牝ですが、

なぜかここでいきなりダートGIに挑戦。

普通なら無理だと思うんだけど…。


9 ベストウォーリア (3-2-2-2)

2014年のフェブラリーS(GIでは13着でしたが、

2015年は3着、2016年も4着まで来ています。

全体的にもかなりいい成績だし、十分可能性はあると思います。


10 カフジテイク (3-0-1-0)

東京では根岸S(GIII1着、

武蔵野S(GIII3着があり、複勝率100%

コース適性も実績も十分ですね。


11 ノンコノユメ (4-1-1-0)

2016年のフェブラリーS(GI2着馬で、

他にも武蔵野S(GIII1着などがあり、複勝率100%

他のコースでも最低でも掲示番付近までは来てるし、

かなり期待出来そう思います。


12 ニシケンモノノフ (0-1-0-4)

東京では、グリーンCCで2着が1回ありますが、

4着以下の方が多く、あまりいい成績ではありません。

なんとなく、1400mまでが丁度いいのかも。


13 エイシンバッケン (1-1-2-0)

東京では根岸S(GIII3着を含め、

1400mで走って複勝率100%

1600m走れるかはちょっと不安だけど、東京適性は高そう。


14 キングズガード (0-1-1-3)

数字だけ見ると東京成績は良くないけど、

武蔵野S(GIII根岸S(GIIIで4着まで来ています。

長めの距離まで走れるみたいだし、可能性はあるのかも。


15 ケイティブレイブ (0-0-1-1)

東京では、プラタナス賞で3着、ヒヤシンスSで4着。

東京経験は少ないけど、全体的にかなりいい成績で、

急にここで来たとしてもそこまで不思議ではないのかも。


16 インカンテーション (0-1-0-1)

2015年のフェブラリーS(GI2着馬

2016年からはあまりいい成績ではないけど、

ここでなら復活も有り得るかも?


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 サウンドトゥルー

6 モーニン

10 カフジテイク


ヘブンズドアの無料情報 では、

11 ノンコノユメ

13 エイシンバッケン

15 ケイティブレイブ


ホースキングの無料情報 では、

1 サウンドトゥルー

9 ベストウォーリア

10 カフジテイク


について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


良さそう

9 ベストウォーリア

10 カフジテイク

11 ノンコノユメ


連対候補

1 サウンドトゥルー

3 ゴールドドリーム

13 エイシンバッケン


軽視

4 コパノリッキー

5 アスカノロマン

6 モーニン

15 ケイティブレイブ

16 インカンテーション


と考えます。



あとはオッズを当てはめつつ絞っていきたいです!




2月19日(

小倉11R 第51回 小倉大賞典(GIII


☆mayuの競馬☆


小倉大賞典(GIIIが行われる小倉芝1800mは、

正面スタンド前の4コーナー寄りの辺りからスタートするコース。


1コーナーまでは270m程と短く、

比較的先行争いは激しくなりやすいですが、

芝状態が良いときは

ロスなく回れる内枠の逃げ先行には注意が必要。


小倉大賞典(GIIIでは外枠でも好走馬が出ていて、

やはり展開次第な感じはします。


直線は短いので、極端な追い込みは厳しく、

差しでも早めに上がっていける馬が良さそうです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 レッドソロモン (1-0-0-1)

小倉では3歳の未勝利戦で勝利経験あり。

前に出られればそこそこ安定した成績だし、

案外悪くないかもしれません。


2 ストロングタイタン (3-0-0-0)

小倉では1000万下までで3戦3勝

先行したり差したりできるみたいだし、

様々な展開に対応できそうなのは魅力です。


3 ダノンメジャー (1-0-0-0)

小倉は新馬戦で勝って以来。

逃げが通用すれば強いみたいだけど、

これだけ先行馬が多いと苦しい展開になりそうな気もします。


4 コスモソーンパーク (1-2-0-1)

2015年の小倉大賞典(GIII2着馬だけど、2016年は8着

2016年は外枠だったので、内枠に入った今回はいけるかも?


5 クランモンタナ (1-0-0-1)

2016年の小倉記念(GIIIで勝利経験があり、

4着以下の1回も、2015年の小倉記念(GIIIの4着。

他と比べると小倉は得意な方みたいだし、

急に来る可能性もなくはなさそう。


6 マイネルハニー (0-0-0-0)

これまでは阪神、中山、東京で好走があり、

かなり高い確率で前にでる逃げ~先行馬。

普通に絡む可能性はありそうですね。


7 マルターズアポジー (0-0-0-0)

これまでは、福島、中山、東京などで好走経験があり、

どこでも大体先頭に出る逃げ馬。

内の馬と競り合う事になると不利になりそうですが、

スムーズに逃げられれば強そう。


8 ベルーフ (0-2-0-1)

2016年の小倉大賞典(GIIIの6着馬で、

2015年と2016年の小倉記念(GIIIで2着に来ています。

かなり後ろから追い込んで来る馬なので、

展開に左右される部分はありそうだけど、末脚は強力。


9 パドルウィール (0-1-0-0)

小倉では、2000mの500万下で2着経験があります。

最近は先行して好走してるけど、差しが届いてる時もあるし、

走ってみないと何とも言えない感じ。


10 ケイティープライド (1-1-0-2)

2016年の小倉大賞典(GIIIの4着馬で、

小倉では1000万下までは好走していました。

最近はあまり前に出ないのと、息の長さで勝負してる感じなので、

今回はあまり期待できないかもしれません。


11 クラリティスカイ (0-0-0-0)

中山、東京などで好走してる馬で、

最近は先行してないとダメな感じもあります。

この位置からだと前に出るのも厳しそうに思えます。


12 フルーキー (1-0-0-0)

東京、新潟、阪神などで、キレのある末脚で差して来るタイプの馬。

小倉でも2013年のタイランドCで勝利経験あり。

今回は逃げ~先行馬が多いので、展開が向く可能性は大いにありそう。


13 スピリッツミノル (0-0-0-0)

これまでは京都、阪神、中京で好走がありますが、

最近は長めの距離にも出走していて、適性がよく分からない感じ。

どちらかと言えば粘って来るパターンに思えるので、

そこまで期待できなそうに思えます。


14 ヒストリカル (0-0-0-0)

東京、阪神などで好走がある馬で、キレのある末脚を持っています。

かなり後ろから追い込んで来る馬なので、届かない心配もありますが、

展開が向いたら追い込みが届く可能性もありそうです。


15 ダコール (2-3-1-3)

2016年の小倉大賞典(GIII2着馬で、

2015年と2013年も3着でした。

ただし、その3回とも内枠で、内に入れない時は微妙な成績。

この位置からでは厳しそうに思えます。


16 ロードヴァンドール (0-0-0-0)

京都、阪神で好走してる逃げ馬。

今回は内に逃げ先行馬が多い状況だし、

この位置から前に出たとしても競り負けそうです。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

8 ベルーフ

9 パドルウィール

11 クラリティスカイ

について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


連対候補

1 レッドソロモン

2 ストロングタイタン

3 ダノンメジャー

8 ベルーフ

12 フルーキー

14 ヒストリカル


軽視

4 コスモソーンパーク

5 クランモンタナ

6 マイネルハニー

7 マルターズアポジー

9 パドルウィール


と考えます。



こっちはもう

・単勝50.0倍以上 (0-0-0-33)

・4歳馬で当日6番人気以下 (0-0-0-15)

・前走1600万下で当日8番人気以下 (0-0-0-7)

で絞れてくれないと全然決められない…。笑



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ