アクセスランキング ブログパーツ

新潟2歳ステークスとキーンランドカップのコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

新潟2歳ステークスとキーンランドカップのコース適性!

2016/08/26(金)21:37

枠が出てるので、昨日 の続き!



8月28日(

新潟11R 第36回 新潟2歳ステークス(GIII


ニシノオウカン出走取消になり、15頭になっています。


☆mayuの競馬☆


新潟2歳ステークス(GIIIが行われる新潟芝1600mは、

向正面2コーナー寄りからスタートし、

外回りを使い、長い直線を走るコース。

3コーナーから4コーナーにかけて下り坂があります。


直線が非常に長いので逃げ馬には厳しく、

差し~追込みが決まるコースとなっています。


後半の直線勝負になるため、前半は比較的ゆったりと流れ、

ラスト3ハロンは32~33秒の非常に速い時計となります。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 チシャーキャット (1-0-0-0)

前走で新潟芝1400mの新馬戦を勝利。

直線で追い比べになった割に3ハロンタイムは遅め。

余裕があったってよりはエンジンのかかりが遅かったって印象?


2 モーヴサファイア (0-0-0-0)

前走は中京芝1600mで4番手から勝利。

最後は外から差してるけど、その割には3ハロンタイムは遅め。

牡馬相手にしっかり勝ってるってところはいいのかも。


3 イブキ

前走は東京芝1800mで先行して勝利。

少頭数とは言え、外枠9番からの勝利は評価できそう。


4 マテラフィールド (0-1-0-0)

中京芝2000mの新馬戦で3着で、

前走の新潟1800mの未勝利戦では2着。

まだちゃんと勝利経験がないのは気になるけど、

前走で見せた33.3秒の末脚はかなり強力です。


5 ワールドツアラー (0-0-0-0)

前走は福島芝1200mで2番手に先行して勝利。

直線で抜け出してからの末脚はけっこう良さそうだったけど、

斤量51.0kgだったのもあるのかも。


6 アンジュシャルマン

前走は阪神芝1400mで先行して勝利。

直線で先頭に立ってからは粘り強かった印象。

重馬場だったので3ハロンは遅めだけど、末脚の息の長さはありそう?


7 ウインシトリン

前走は東京芝1600mで差して勝利。

控えて外から差して来るのは非常に良さそうだけど、

牝馬限定戦ってのが引っかかります。


8 アピールバイオ

前走は福島芝1800mで逃げて勝利。

1.3秒差の8馬身差と圧勝ではありますが、3ハロンは速くも無く、

他が弱かっただけな気がしないでもないです。


9 サンライズソア (1-0-0-0)

前走で新潟芝1600mの新馬戦を勝利。

2番手からそのまま来た感じではあるけど、3ハロンはかなり速いです。

やはり今回の中では1番条件が整っています。


10 ヴゼットジョリー

前走は中京芝1400mで差して勝利。

直線に入って抜け出すそぶりはあったけど、

実際に交わしたのはゴール直前の平坦部分なので、

新潟になってさらに伸びる可能性もあるかも。


11 キャスパリーグ

前走は阪神芝1400mで勝利。

好スタートから馬群中ほどにつけています。

なんとなくレース運びとしては長い直線の適性は分からない感じ。


12 オーバースペック

これまでは、東京芝1600mの新馬戦と、

福島芝1800mの未勝利戦で走って、どちらもかなり後ろから来てます。

この2戦を比較したら東京の方が向いてそうではあるし、

新潟も得意そうに思えます。


13 クイントゥープル (1-0-0-0)

前走で新潟芝1400mの牝馬限定の新馬戦を勝利。

ただ、8番手から差してる割には3ハロンタイムは遅め。

牝馬限定戦なのも気になります。


14 マイネルバールマン (0-1-0-0)

東京芝1400mの新馬戦で勝利し、前走はダリア賞で2着。

これまでの2戦では位置取りも安定してるし、3ハロンも速い。

距離が伸びるのは心配だけど、ここでも十分通用しそう。


15 マイネルパラディ (0-0-0-0)

阪神と中京の芝1400mで3戦して、今のところ連対率100%

毎回安定して3~5番手くらいに居るのは好感が持てます。

ただ、平坦なコースの経験がないので新潟でどうなるかってところ。


って感じ。



スマートウィンの今週の注目馬 では、

6 アンジュシャルマン

8 アピールバイオ

が挙げられていて、


スピリッツの今週のレース考察 では、

2 モーヴサファイア

9 サンライズソア

11 キャスパリーグ

12 オーバースペック

14 マイネルバールマン

15 マイネルパラディ


スピリッツの栗山求の血統の裏庭 では、

5 ワールドツアラー

7 ウインシトリン

15 マイネルパラディ

を穴候補として挙げつつ、


2 モーヴサファイア

3 イブキ

11 キャスパリーグ

について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

9 サンライズソア

14 マイネルバールマン


連対候補

2 モーヴサファイア

3 イブキ

4 マテラフィールド

10 ヴゼットジョリー

11 キャスパリーグ


軽視

6 アンジュシャルマン

8 アピールバイオ

12 オーバースペック

15 マイネルパラディ


と考えます。



判断する要素が少ないのもあって

何となくで優先順位を決めてる部分が多いので、

ある程度オッズが出てからまた考えたいですね。




8月28日(

札幌11R 第11回 キーンランドカップ(GIII


☆mayuの競馬☆


キーンランドカップ(GIIIが行われる札幌芝1200mは、

2コーナー奥のポケットからスタートするコース。


3コーナーまで約400mの長い直線のため、

枠による有利不利はそれほどないと思われます。


平坦なコースでコーナーも緩く、最後の直線も短いので、

基本的には逃げ~先行馬が有利


開催が進み、馬場が悪くなれば差し馬に出番が回ってきますが

前に行くか、早めに動けなければ厳しいコースです。



各馬について細かく見ていくと、


1 セカンドテーブル (0-0-1-0)

札幌経験は前走UHB賞の3着のみ。

末脚勝負にならなければ全体的にいい成績だし、

展開次第だけどここでも好走できそうに思えます。


2 ファントムロード (0-0-0-3)

札幌ではUHB賞などで3戦3敗

函館でも前走函館SS(GIIIでは11着でした。

東京、中山、新潟など、長い末脚が活かせるところが得意なので、

北海道のコースはあまり合わないのかもしれません。


3 エポワス (1-1-1-2)

前走UHB賞でも2着に来てたり、洋芝適性はある方に見えるけど、

2015年のキーンランドC(GIIIでは9着でした。

今年こそはいけると考えた方がいいのかな…?


4 シュウジ (0-0-0-0)

札幌経験はないけど、前走函館SS(GIIIで2着に来ています。

これまでも先行有利なコースならちゃんと残ってる感じだし、

ここでも前に出られれば残る可能性もありそうです。


5 ソルヴェイグ (0-0-0-0)

札幌経験はないけど、前走函館SS(GIIIで勝利。

桜花賞(GI17着を除けばここまで5着までには来てるし、

1600mが長すぎたと考えれば適正距離は1400m以下。

十分可能性はあると思います。


6 オメガヴェンデッタ (0-0-0-2)

2015年のキーンランドC(GIIIでは4着で、前走UHB賞でも4着。

函館日刊S杯の勝利経験もあるし、洋芝が苦手ではなさそう。

今年こそは3着内に来ても不思議ではないのかも。


7 サドンストーム (1-0-0-3)

札幌では、2歳の頃に500万下で勝利経験はありますが、

その後はすずらん賞UHB賞3敗

どちらかと言えば末脚が活かせるところの方が向いてそうです。


8 ホッコーサラスター (0-0-2-0)

札幌では札幌スポニチ賞HBC賞で3着が2回。

函館経験もけっこう豊富だし、洋芝は得意な方。

重賞好走経験はないけど、もしかしたら来るかもしれません。


9 サトノルパン (0-0-0-0)

札幌経験も、函館の経験もありません。

最近は距離を縮めて1200mで走る様になってきてるけど、

ここでの好走に繋がるかは微妙かも。


10 アクティブミノル (0-0-0-0)

札幌は今回が初めてだけど、

函館で函館2歳S(GIIIの勝利経験があります。

前走函館SS(GIIIでもクビ差の4着まで来てるし、

洋芝適性はある方だと思います。


11 オデュッセウス (1-0-0-1)

札幌では、すずらん賞で勝利経験があり、前走UHB賞では5着。

洋芝が苦手ってワケでもなさそうだけど、

何となく重要なところで通用しないイメージがあります。


12 レッツゴードンキ (1-0-1-0)

札幌では札幌2歳S(GIIIの3着があり、

前走函館SS(GIIIでも3着で、洋芝では複勝率100%

短距離戦の経験が少ないのは気になるけど、

かなりの洋芝適性があると言えそうです。


13 ナックビーナス (0-0-0-0)

洋芝経験はありませんがダートの勝利経験があり、

多少馬場状況が良くなかったり、重い芝だったとしても問題なさそう。

これまではクイーンC(GIIIを除けば複勝率100%だし、

今回最軽量の51.0kgなのもあり、期待が高まります。


14 ブランボヌール (0-0-0-0)

札幌経験はないけど、

函館では函館2歳S(GIIIの勝利経験があり、2勝。

チューリップ賞(GIII以降の3戦は全然ダメだったけど、

そもそも1600mは長すぎたとか、末脚勝負は苦手だと考えれば、

ここで復活してきても不思議ではなさそうに思えます。


って感じ。



スマートウィンの今週の注目馬 では、

4 シュウジ

5 ソルヴェイグ

12 レッツゴードンキ

が挙げられていて、


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

5 ソルヴェイグをはじめ、

3 エポワス

4 シュウジ

9 サトノルパン

12 レッツゴードンキ


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


連対候補

1 セカンドテーブル

4 シュウジ

5 ソルヴェイグ

6 オメガヴェンデッタ

10 アクティブミノル

12 レッツゴードンキ

14 ブランボヌール


軽視

3 エポワス

8 ホッコーサラスター

9 サトノルパン

11 オデュッセウス

13 ナックビーナス


と考えます。



全然絞れてませんが昨日のデータ でも書いた通り、

・3~4歳馬で当日5番人気以下 (0-0-0-29)

・牝馬で当日10番人気以下 (0-0-0-21)

・関東馬で当日9番人気以下 (0-0-0-42)

で切れる馬が多いので、

これでそこそこ絞れるのに期待したいと思います!



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事!

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ