アクセスランキング ブログパーツ

桜花賞、阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィーのコース適性! ☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

桜花賞、阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィーのコース適性!

2016/04/08(金)21:27

枠が出てるので、昨日 の続き!



4月9日(土)

中山11R 第34回 ニュージーランドトロフィー(GII


☆mayuの競馬☆


ニュージーランドT(GIIが行われる中山芝1600m

1~2コーナーの引き込み地点からスタートし、

外回りを使用するコースです。


スタート後すぐにコーナーを向かえるため、

外枠はコースロスが大きく不利があります。


ニュージーランドT(GIIでは、2011年阪神開催除いて

・13番 (0-0-0-8)

・14番 (0-1-0-7)

・15番 (0-0-1-7)

・16番 (1-0-0-6)

 ※13番以降から連対した2頭は、

  2014年3着 15 ベルルミエール 当日8番人気

  2010年1着 16 サンライズプリンス 当日1番人気

  2009年2着 14 ティアップゴールド 当日5番人気

って感じ。


外回りコースの緩いコーナーと下り坂のためペースは速くなりやすく、

最後の直線は短いですが、ゴール手前の急坂があるため

瞬発力のある馬が差してくることが良くあります。


追い込みは直線が短いので届くことはあまりありません。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 マディディ (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

これまでは、中京、京都、阪神で走ってるけど、

何となく1600mより1400mの方が良さそうで、

中山になるとちょっとキツそうには思えます。


2 レインボーライン (0-0-0-0)

中山は今回初めて。

東スポ2歳S(GIIIシンザン記念(GIII以外は3着内だし、

前走のアーリントンC(GIIIで重賞勝利経験もあります。

末脚のキレだけじゃなく、多少位置を調整する器用さもありそう。


3 アストラエンブレム (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

これまでは、中京、京都、東京、新潟で走って、

サウジアラビアRCでの3着もあり、

シンザン記念(GIIIの4着以外は3着内に来ています。

これだけ走れれば中山でも十分走れそうです。


4 エクラミレネール (1-0-0-2)

中山では、3走前の菜の花賞で勝利経験あり。

ただ、牡馬相手に好走した事は未勝利戦の3着くらいで、

あまり期待はできないと思います。


5 ダンツプリウス (1-0-0-0)

中山では、前々走のジュニアCで勝利経験あり。

様々なコースで走っていて、京都意外では大崩れもないし、

位置取りもそれなりの位置に居て、届かない心配もなさそう。


6 モンスターキング (0-0-0-0)

前走ファルコンS(GIIIで芝初出走で、

その前まではダートで走っていました。

さすがに芝での好走経験くらい欲しいと思います。


7 キャプテンペリー (1-0-1-1)

中山は前走の500万下の1着の他、芙蓉Sの3着もあり。

全体でも5着までには来る安定した成績だったりします。

一応残しておいた方がいいのかも?


8 ストーミーシー (1-1-0-0)

中山では連対率100%だけど、ここ2戦の1200mでの話。

そもそも1400m以上で走った事も無いし、

起伏に富んだ中山では距離延長はキツそうに思えます。


9 サーブルオール (2-0-0-1)

デビューから3戦中山ばかり走っていて、

それなりの位置にいても毎回なかなかの3ハロンタイム。

これで中山適性が無いとは思えないです。


10 ショウナンライズ (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

好走してたのはデビューから3戦までで、距離も1400mまで。

ここで急に好走しそうには思えません。


11 ハレルヤボーイ (1-0-0-1)

中山では2歳の頃の未勝利戦で勝利経験がありますが、

前走のスプリングS(GIIでは8着でした。

重賞でも通用してない感じではあるけど、

このメンバーならいけるって可能性もあるのかも。


12 カープストリーマー (1-0-0-0)

中山では、前走の500万下で勝利経験あり。

ただ、それも馬場状況の助けがあった様で、

前に出てるのを考えても3ハロンタイムは遅いです。


13 ジュンザワールド (0-0-0-1)

中山での1敗は前走の黄梅賞の6着で、

それより前はすっとダートで走ってました。

さすがに芝の勝利経験くらいは欲しいところ。


14 ボールライトニング (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

好走してるのは、京都、東京の1400mで、

キレ味はあるけどスタミナの面で不安な感じ。


15 マテラアリオン (0-1-0-0)

中山では、アスター賞で2着の経験があります。

これまで3着内を外してるのは1400mで、

1600mだとどこで走っても3着内に来ています。

前走の負けくらい大目に見てもいいのかもしれません。


16 ダノンスパーク (0-1-0-0)

前走黄梅賞で芝初好走。

それまではダートだったので、あまり期待できなそうだけど、

9 サーブルオールに0.1秒差まで迫ってるワケで、

多少警戒しておいた方がいいのかも?


って感じ。



スマートウィンの今週の注目馬 では、

2 レインボーライン

4 エクラミレネール

9 サーブルオール

が挙げられていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

3 アストラエンブレム

9 サーブルオール


連対候補

2 レインボーライン

5 ダンツプリウス

11 ハレルヤボーイ


軽視

1 マディディ

4 エクラミレネール

7 キャプテンペリー

14 ボールライトニング

15 マテラアリオン


と考えます。



このまま、

39

235911

1234579111415

3連複フォーメーションだと44点


大荒れの年もあるけど堅い年もあるので、

もうちょっと絞りたいけど難しいです。


これでどんなオッズになるのか次第かな?




4月9日(土)

阪神11R 第59回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬S(GII


☆mayuの競馬☆


阪神牝馬S(GIIが行われる阪神芝1400mは、

2コーナー付近からスタートする内回りコース。

先行争いは激しくなりやすく、ハイペースになることが多い。


内回りで直線は短いので、基本的には逃げ先行が有利ですが、

オープンクラスでは、逃げ先行には厳しい展開になることが多く、

差し追込みの台頭も目立っています。


多頭数になれば外枠はコースロスがあり、やや不利な傾向です。


 【追記】

 勘違いで1400m内回りで考えてしまいましたが、

 正しくは1600m外回りです!



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ダンツキャンサー (1-1-0-5)

阪神で好走してたのは、3歳の頃のマーガレットSまでで、

それ以降は派手に負けてる事が多いです。

1400mなら4着まで来てたりするけど、多分来ないでしょう。


2 ココロノアイ (1-0-1-1)

阪神では、阪神JF(GIなどで好走経験があります。

全体でも1600m以上の経験しかないのが気になりますが、

距離短縮で良くなる可能性もありそうだし、なんとも言えないところ。


3 レッドリヴェール (2-1-0-2)

2015年の阪神牝馬S(GIIでは6着で、

阪神ではあまり大崩れしていません。

1400m以下の実績は無いけど、

走れたとしても不思議ではないのかも。


4 アンドリエッテ (2-1-1-2)

阪神経験は豊富で、最低でも6着までには来ています。

前走1600万下だけど、チューリップ賞(GIIIで連対経験もあり、

重賞でも通用する実力はありそう。


5 アイライン (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

そもそも関東中心に走ってる馬で、

1600mよりは1400mの方が向いてそうだし、

末脚のキレもありそうです。


6 ミッキークイーン (2-2-0-0)

阪神ではローズS(GIIの2着もあり、連対率100%

1400mは新馬戦以来になるけど、

全体でも3着以下は前走のジャパンC(GIだけだし、

このメンバーでは圧倒的な能力があると言えそう。


7 スマートレイアー (5-0-0-2)

2014年の阪神牝馬S(GII優勝馬で、2015年は4着。

阪神では5勝もしていて、最低でも6着までには来ています。

今回もかなりいい線までいきそうな感じ。


8 カフェブリリアント (1-0-0-0)

2015年の阪神牝馬S(GII優勝馬

どこで好走するか分かりづらいですが、

過去に勝利経験があるのはいいところ。


9 ウインプリメーラ (0-2-3-5)

阪神では1600m以上で走っていて、2着までなら経験あり。

前走の京都牝馬S(GIIIで距離短縮して3着なので、

もしかしたら1400mの方がいいってコトもあるかも。


10 ペルフィカ (0-1-0-2)

阪神では、フィリーズR(GIIで2着がありますが、

その後桜花賞(GIローズS(GIIと派手に負けています。

どうも1600m以上だと長すぎるみたいだけど、

単純に実力不足な感じもあるし、あまり期待はできなそう。


11 メイショウマンボ (1-0-0-6)

2015年の阪神牝馬S(GIIでは13着でした。

一応フィリーズR(GIIで勝利経験がありますが、

かれこれ12戦連続で大敗していて、

ここまで来ると復活するとも思えない感じ。


12 ダンスアミーガ (2-0-0-5)

2015年の阪神牝馬S(GIIでは8着で、

勝利経験はあるけど、阪神では4着以下の方が多いです。

あまり期待はできなそうかな。


13 ストレイトガール (0-0-0-2)

阪神では、セントウルS(GII500万下2戦2敗

だけどどちらも1200mでのもので、

1200mが主戦場な割にヴィクトリアM(GIで好走してたり、

長い直線があれば差して来れる末脚はある馬。

阪神も外回りならいけるって可能性もありそう。


って感じ。



スマートウィンの今週の注目馬 では、

4 アンドリエッテ

6 ミッキークイーン

7 スマートレイアー

が挙げられていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 アンドリエッテ

6 ミッキークイーン

7 スマートレイアー


連対候補

2 ココロノアイ

3 レッドリヴェール

8 カフェブリリアント

9 ウインプリメーラ


軽視

5 アイライン

13 ストレイトガール


と考えます。


これでも全然多いんだけど、

どうなるか分からなくて絞れない…。



・前走ハンデ重賞だった馬で当日4番人気以下 (0-0-0-21)

ターコイズS組が絞れるかもだけど、

オッズと相談して多めに買う感じになるかな。




4月10日(

阪神11R 第76回 桜花賞(GI


☆mayuの競馬☆


桜花賞(GIが行われる阪神芝1600m

2006年の馬場改修により、向正面半ばからスタートし、

外回りを使用するコースとなっています。


以前は紛れが多く、外枠不利のコースでしたが、

直線も長くなったことにより、能力を発揮しやすいコースとなりました。


桜花賞(GIでは、外回り変更後の2007年以降で

・1番 (0-0-1-8)

・2番 (0-0-0-9)

・3番 (0-0-1-8)

・4番 (0-0-0-9)

・5番 (0-0-0-9)

・6番 (1-0-0-8)

って感じで、内枠は不利な様子。


3着内に来た3頭は、

2015年1着 6 レッツゴードンキ 当日5番人気

2015年3着 1 コンテッサトゥーレ 当日8番人気

2007年3着 3 カタマチボタン 当日7番人気

って感じで、


3頭の共通点を考えると、3角5番手以内に先行しています。

前に出て内から抜けてこれればも問題無いのかも。


ペースが遅くなることが多く、

直線は長いですが、前残りも目立っています。

後ろから行く馬は、強烈な末脚のある馬が勝利しています。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 キャンディバローズ (0-0-1-1)

阪神では前走のフィリーズR(GII3着

前々走の阪神JF(GI9着

1600m以上の好走経験が無いのもあるし、

先行有利なコースでないとダメな印象。


2 ブランボヌール (0-0-1-1)

阪神では前走のチューリップ賞(GIII14着

3着なのは前々走の阪神JF(GI

前走の負けは埋まってしまったのもあってしょうが無いと思うので、

その辺りは大目に見ても良さそうに思えます。


3 メイショウスイヅキ (0-0-0-2)

阪神ではフィリーズR(GII阪神JF(GI2戦2敗

そもそも1400mまでしか好走が無いし、

小回りで平坦なコースでないと差して来れないみたい。


4 ソルヴェイグ (1-0-1-0)

前走フィリーズR(GII1着もあり、阪神では複勝率100%

だけど1400mまでしか経験が無く、

1600mの直線だと分が悪そうに思えます。


5 メジャーエンブレム (1-0-0-0)

阪神では阪神JF(GIの1着があり、全体でも連対率100%

ここまでアルテミスS(GIIIの2着以外負けていません。

これだけ強ければ切る理由なんてないですね。


6 ビービーバーレル (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

これまで東京、中山、新潟、福島で走っていますが、

関西遠征自体初めてなので、あまり期待はできなそうかも。


7 デンコウアンジュ (0-0-0-3)

阪神ではチューリップ賞(GIII5着、阪神JF(GI7着、

あと新馬戦の5着で3戦3敗

位置がかなり後ろなのもあり、

直線が長くないと届かない事が多いみたい?


8 アッラサルーテ (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

好走してるのは中山、東京、函館で、

あまり阪神外回りに合ってそうではないです。


9 ジープルメリア (0-0-0-0)

阪神の芝は今回が初めてで、芝の勝利経験は新馬戦だけ。

距離の面でも1500mまでしか好走が無いし、

突然ここで来るってコトはないでしょう。


10 アットザシーサイド (0-1-0-1)

前走フィリーズR(GIIでは2着でしたが、

前々走の阪神JF(GIでは5着。

他に1600m以上の好走経験も無いし、

あまり長い距離は得意では無さそうです。


11 レッドアヴァンセ (0-1-0-1)

前走チューリップ賞(GIIIでは8着でしたが、

阪神芝1600mの未勝利で2着の経験あり。

前走はかなり後方だったとはいえ、外から追って届かなかったので、

今回もそこまでの期待はできないのかも。


12 シンハライト (1-0-0-0)

阪神では前走チューリップ賞(GIIIで勝利経験があり、

ここまで3戦走って勝率100%で来ています!

そこそこ前に出てもいけるし、強烈な末脚もあるので、

展開がどうなっても対応できそうに思えます。


13 ジュエラー (0-1-0-0)

前走のチューリップ賞(GIII2着で、ここまで連対率100%

シンザン記念(GIIIでは0.0秒差の2着で、

どんなに位置取りが後ろでも届く末脚は魅力です。


14 カトルラポール (0-0-0-1)

阪神経験は前走フィリーズR(GII12着のみ。

ここまで出走回数13回と走りすぎに思えるし、

関西の経験も少ないので、多分来ないと思います。


15 ラベンダーヴァレイ (0-0-1-0)

前走チューリップ賞(GIII3着ですが、

先頭集団に早めに居たのが良かった感じで、

上位2頭と比較すると展開に左右される分が大きい印象。


16 ウインファビラス (0-1-0-1)

阪神では、阪神JF(GI2着がありますが、

前走チューリップ賞(GIIIでは10着でした。

末脚のキレが足り無いのか、あまり後ろだと届かないみたい?


17 アドマイヤリード (0-0-0-2)

阪神ではチューリップ賞(GIII阪神JF(GI2戦2敗

どちらにしてもあまりいいところが無かった印象なので、

単純にこのレベルについて来れてない様に思えます。


18 メイショウバーズ (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

前々走の京都の500万下が芝での初勝利で、

ダートで好走してた辺りを考えると、馬場の影響があった様に思えます。

普通に考えたら多分無理でしょう。


って感じ。



スマートウィンの今週の注目馬 では、

5 メジャーエンブレム

12 シンハライト

13 ジュエラー


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

5 メジャーエンブレムをはじめ、

7 デンコウアンジュ

12 シンハライト

13 ジュエラー

15 ラベンダーヴァレイ


スピリッツの今週のレース考察 では、

5 メジャーエンブレム

11 レッドアヴァンセ

12 シンハライト

13 ジュエラー


スピリッツの栗山求の血統の裏庭 では、

5 メジャーエンブレム

12 シンハライト

13 ジュエラー


が挙げられていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

12 シンハライト

13 ジュエラー


連対候補

5 メジャーエンブレム

11 レッドアヴァンセ


軽視

2 ブランボヌール

7 デンコウアンジュ

15 ラベンダーヴァレイ

16 ウインファビラス


と考えます。


これだと、

1213

5111213

2571112131516

3連複フォーメーション24点



これでも買いすぎな感じもあるので、

11 レッドアヴァンセの評価を下げて、


51213

51213

2571112131516

3連複フォーメーション16点でもいいのかも。


これで回収できなそうなら厳しいなぁ…。笑



スポンサーサイト

↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ