アクセスランキング ブログパーツ

☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

菊花賞と富士ステークスのコース適性!

2017/10/20(金)22:28

富士ステークス(GIIIの枠が出てるので、昨日の続き!



10月21日(土)

東京11R 第20回 富士ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


富士ステークス(GIIIが行われる東京芝1600m

向正面の右端からスタートし、向正面の直線を目一杯使用し、

最後の直線も長く、直線主体のコースです。


枠による有利不利はほとんどないと見て良いコースですが

それでも外枠では、勝率、複勝率ともやや落ちます。


脚質では、逃げ馬でも残れますがマイルとしてはタフなコースのため、

オープンクラスになると逃げ切りは厳しくなり、

先行~差しが中心で、追込みも届きます。

一瞬の切れよりも、息の長い末脚を持つ馬が好走。



各馬について細かく見ていくと、


1 サトノアレス (1-0-0-0)

東京ではベゴニア賞で勝利経験があり。

力の必要な馬場で息の長い末脚を使える感じで、

今回はけっこう向いてそうに見えます。


2 レッドアンシェル (0-0-0-1)

東京経験は、NHKマイル(GIの4着のみ。

惜しいところまでは来てるとは言え、主に好走してるのは京都と阪神で、

東京適性については少し疑問に思うところもあります。


3 ブラックムーン (1-0-0-2)

2016年の富士S(GIIIでは6着で、買ったのはキャピタルS

どうも重賞ではあと一歩届かない感じではあるけど、

脚質的にかなり後ろなので、展開が向けばいけるのかも?


4 ガリバルディ (0-0-0-2)

2016年の富士S(GIIIでは5着で、東京では2戦2敗

やはり脚質がかなり後ろなせいか、展開が向かないとキツいのかも?


5 ペルシアンナイト (0-1-0-1)

前走東京優駿(GIでは7着で、アイビーSで連対経験あり。

前走を除けば複勝率100%。で来てて、

長距離でなければいけるとも考えられそう。


6 エアスピネル (0-0-1-2)

東京では、東京新聞杯(GIII3着の実績あり。

残りも東京優駿(GI4着、安田記念 (GI5着と悪くなく、

GIクラスのレースで無ければ十分狙えそうに思えます。


7 マイネルアウラート (3-0-3-7)

東京経験は豊富で、2016年の富士S(GIIIでは4着。

大崩れもあるにはあるけど、GIIIではそこそこまで来てる印象。

けっこう前に出る馬なので、前半で競り合わなければ…って感じ?


8 ロードクエスト (1-1-0-3)

2016年の富士S(GIIIでは9着。

東京では、NHKマイルC(GI2着の実績がありますが、

本質的には中山とかの方が向いてそうに思えます。


9 ジョーストリクトリ (1-0-0-4)

東京では、新馬戦で勝ったのを最後に4敗

東京優駿(GINHKマイル(GIに関してはしょうがないけど、

それでもここで急に信用出来るかと言うとそうでもなさそう。


10 クラリティシチー (1-1-2-4)

2014年の富士S(GIIIでは12着で、

東京で多く走ってたのは2015年まで。

それ以降はエプソムC(GIIIの4着のみ。

どちらかと言えばもう少し長い方が向いてるのかも?


11 グランシルク (2-2-2-3)

2015年の富士S(GIIIでは6着で、

東京芝1600mに限ると、(0-0-1-3)と微妙な成績。

1400m以下の方が向いてると見た方が良さそうかな?


12 ミュゼエイリアン (0-0-1-3)

2016年の富士S(GIIIでは11着で、

東京で3着に来たのは2歳の頃の百日草特別

マイル戦も東京もあまり向いてそうには見えないです。


13 クルーガー (0-0-0-0)

東京は今回が初めて。

これまで好走してるのは京都、中山、阪神などで、

突然来ても不思議ではないけど、優先する感じでもないと思います。


14 ダイワリベラル (0-1-1-7)

東京で好走してたのは3歳の頃までで、それ以外で7敗

惜しいところまでは来るかもだけど、

このメンバーで急に来たりは無さそうに思えます。


15 イスラボニータ (4-2-3-3)

2016年の富士S(GIII2着馬で、

天皇賞秋(GI3着など、東京では実績多数。

もう6歳なので少し心配ではあるけど、切るワケにはいかないです。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 エアスピネル

15 イスラボニータ


連対候補

1 サトノアレス

5 ペルシアンナイト

11 グランシルク


軽視

2 レッドアンシェル

4 ガリバルディ

7 マイネルアウラート

8 ロードクエスト

10 クラリティシチー

13 クルーガー


と考えます。



どうもデータと噛み合わない部分が多く、

雨の影響で馬場も荒れると考えると範囲が広がってしまいます。


オッズ関係のデータに関しても、

素直に当てはめていいのか悩んでしまいますね…。




10月22日(

京都11R 第78回 菊花賞(GI


☆mayuの競馬☆


菊花賞(GIが行われる京都芝3000mは、

向う正面の3コーナー手前からスタートし、外回りを使用するコース。


スタート直後から上り坂な事と、

長距離戦であることから先行争いは激しくならないようで、

枠による有利不利はないと見て良さそう。


因みに、京都芝3000mを使うレースは、

菊花賞(GIの他には万葉ステークス(OP)しか無く、

年に2回しか使われないコース。


さらに、フルゲートになるのは菊花賞(GIだけで、

万葉ステークス(OP)の方は少頭数になることも多く、

万葉ステークス(OP)は古馬のステイヤー向けのレースですが、

菊花賞(GIは3歳牡馬のクラシック最終戦。


条件があまりに違うため、

コースデータなんかは実質菊花賞(GIの物しかアテになりません。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ブレスジャーニー (0-0-0-0)

デビューから4戦全てが東京で、

今回は東スポ2歳S(GIIIからの休み明け。

普通に考えれば無理なところだと思います。


2 ウインガナドル (0-0-0-0)

京都は今回が初めてで、ここ最近は逃げてます。

距離としても2000mまでしか経験はないし、

3000m逃げて残れるとは考えづらいかも?


3 スティッフェリオ (0-1-0-0)

京都では、3歳未勝利戦で2着の経験があります。

そこそこの位置には居て、洋芝でも好走できてはいます。

セントライト記念(GII4着ってコトで、荒れるのであればってところ。


4 クリンチャー (1-0-0-0)

京都では3歳未勝利戦で勝利経験あり。

ある程度前に居るのは良さそうに思えるけど、

すみれS以降の実績で言えばかなり厳しそうに思えます。


5 トリコロールブルー (0-1-0-0)

京都では黄菊賞で勝利経験あり。

スタミナの必要なところでも走れて、マクりも出来る差し馬って感じで、

なんとなく京都の長距離に向いてそうではないかも。


6 マイネルヴンシュ (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

これまで好走してるのは中山と札幌で、

2500mまでは好走があるけど、さすがにここでは無理そう。


7 アダムバローズ (2-0-0-1)

京都では、若駒S紫菊賞で勝利経験あり。

基本的に逃げて粘ってるので、3000mでも出来るかと言えば疑問。

重賞での実績で言えばかなり厳しそうに思えます。


8 サトノアーサー (0-1-0-0)

京都では、きさらぎ賞(GIII2着の経験あり。

そこそこの位置には居て、末脚のキレもあると思うので、

京都適性はある方だと思います。


9 クリノヤマトノオー (1-1-2-1)

京都経験は豊富だけど、好走があるのは1800mまで。

ここ最近は0.0秒差の微妙な結果だし、

スリーロールスの再来ってワケにはいかなそう。


10 ベストアプローチ (1-0-1-0)

デビューから2戦が京都で、京都では複勝率100%

位置取りとしては後ろだけど、末脚のキレはありそうだし、

京都でならって可能性はありそうに思えます。


11 サトノクロニクル (2-1-0-0)

京都では京都新聞杯(GII2着経験もあり、連対率100%

ラジオNIKKEI賞(GIIIを除けば全体でも複勝率100%だし、

脚質的にもけっこう前めで、届かない心配もなさそうです。


12 ミッキースワロー (0-0-0-1)

京都経験は京都新聞杯(GIIの5着のみ。

福島と中山では好走してるけど、関西方面ではこれだけ。

輸送の心配とか考えると多少割り引いて考えるべきかも?


13 キセキ (0-0-0-0)

京都は今回が初めてで、これまでは阪神、新潟、中京で好走。

脚質面ではかなり後ろだけど、キレはあって平坦適性はありそう。

可能性としては十分ある方だと思います。


14 ポポカテペトル (1-0-0-0)

京都では芝2000mの新馬戦で勝利経験あり。

長距離でもけっこう走れて、芝2400で言えば悪くない感じ。

そこそこ前にも出られるみたいだし、可能性としてはありそう。


15 ダンビュライト (0-0-1-0)

京都では、きさらぎ賞(GIIIで3着経験あり。

全体を通してもあまり大崩れがないですが、

ここ2戦の2400m戦で3着内をハズしてるのが少し気になります。


16 アルアイン (1-0-0-1)

京都で勝ったのは、芝1600mの新馬戦

全体的に大崩れは無く、そこそこ前に居る方だし、

可能性としては十分ありそうに思えます。


17 プラチナヴォイス (2-0-0-2)

京都では萩Sなどで勝利経験がありますが、重賞では届かず。

どちらかと言えば息の長い末脚とか、マクりとかが得意そうなので、

今回はあまり向いてそうではないかも。


18 マイスタイル (1-0-1-1)

弥生賞(GIIまでは調子が良かったけど、

皐月賞(GI以降では惜しい感じの微妙な成績。

本質的には1600~1800mとかの方が合ってるのかも?


って感じ。



これを踏まえた上で昨日のデータ と合わせて

なんとなく並べると、


良さそう

8 サトノアーサー

11 サトノクロニクル

16 アルアイン


連対候補

12 ミッキースワロー

13 キセキ

15 ダンビュライト


軽視

3 スティッフェリオ

7 アダムバローズ

10 ベストアプローチ

14 ポポカテペトル


って感じでしょうか。



さすがにこんなには買えないだろうし、

オッズのデータを当てはめつつ絞っていきたいです。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬

投資ギャンブル ブログサイトランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト




おすすめ記事!

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ