アクセスランキング ブログパーツ

☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

皐月賞とアンタレスステークスのコース適性!

2017/04/14(金)22:46

枠が出てるので、昨日 の続き!



4月16日(土)

阪神11R 第22回 アンタレスステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


アンタレスS(GIIIが行われる阪神ダート1800mは、

正面スタンド前からスタートし、直線の坂がスタート後すぐに待ち構えています。


最初の直線は約300m、

小回りで最初のコーナーがきついため、ペースは緩みやすいです。


スタートから1コーナーまでが短く、

外を回るとロスがあり、不利なように思えますが、

外枠でも好走率はあまり下がりません。


脚質では、先手を取った馬がそのまま残ることが多く、

ロスなく前に出られる馬が有利です。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 マイネルバイカ (2-1-1-3)

阪神経験は豊富で、そこそこの成績。

最近はOP戦くらいまでがいっぱいいっぱいな印象で、

重賞だと厳しいのかなって気はします。


2 ショウナンアポロン (0-0-0-2)

2016年のアンタレスS(GIIIでは6着で、阪神は2戦2敗

惜しい所まで来ては居るけど、あまり得意ではないみたい。


3 ミツバ (4-3-1-3)

阪神経験はかなり豊富で、

シリウスS(GIIIでも4着と惜しい所まで来ています。

このメンバーなら十分勝負になりそうです。


4 ロンドンタウン (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

これまでは、中山、小倉、東京、京都などで馬券になってるけど、

重賞では通用してない感じ。

なんとなく小回りなコースでないとダメな印象。


5 ロワジャルダン (0-0-0-1)

2016年のアンタレスS(GIIIは5着で、これが唯一の阪神経験。

惜しい所までは来てるし、GI級の馬とも走ってたのもあるし、

このくらいのクラスなら普通に絡んで欲しいところ。


6 グレンツェント (0-0-0-0)

デビュー2戦目でダートに来て以来複勝率100%

とうとうGIIでも勝ったし、勢いだけじゃなく実績も十分な感じ。


7 モンドクラッセ (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

OP戦までなら様々なコースで好走があり、

GIIIまでなら十分好走の可能性もありそう。


8 メイショウスミトモ (1-0-4-3)

阪神経験はそこそこあるけど、勝ったのは1000万下の1戦だけ。

重賞では全然通用してない感じだし、

そこまで期待しない方が良さそうには思います。


9 マイネルクロップ (0-0-0-5)

2016年のアンタレスS(GIIIでは11着で、阪神では5戦5敗

コース的にも苦手な様だし、ここでは来ないと思います。


10 モルトベーネ (1-0-1-2)

阪神経験は全て1800mのもので、1600万下まで。

東海S(GIIでの好走が不思議なくらいだし、

阪神だからってそこまでの信用もしづらいです。


11 リーゼントロック (1-1-0-1)

阪神経験は全て1800mで、好走してるのは未勝利まで。

どうも京都と中山が得意な様だけど、

今になって阪神を走ってどうなるかは分からない感じ。


12 タガノエスプレッソ (1-0-0-0)

2走前にダートに転向し、ファイナルSでしか勝っていません。

阪神のダートは得意なのかもだけど、

これだけだと信用しづらいところです。


13 アスカノロマン (0-2-0-1)

2016年のアンタレスS(GIII2着馬ですが、2015年は14着

2016年後半から微妙に不調ですが、本来はもう少し強いはずだけど、

外枠から無理に競り合うなら良くなさそう。


14 ピットボス (1-0-1-1)

阪神では全て1800mで走ってて、悪くない成績。

1600万下まではしっかり走ってるけど、

この位置から前に出るのは厳しそうには思います。


15 タムロミラクル (1-1-1-0)

阪神では500万下までで複勝率100%

全体でも大崩れしたのはみやこS(GIIIくらいだし、

絡む可能性はありそうに思えます。


16 ナムラアラシ (3-0-0-1)

阪神では1600万下までで3勝していて、いい成績。

OP戦の経験もないのは不安だけど、

阪神が得意なら可能性はあるのかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 ミツバ

6 グレンツェント

13 アスカノロマン


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

7 モンドクラッセをはじめ、

3 ミツバ

6 グレンツェント

10 モルトベーネ

13 アスカノロマン


ヘブンズドアの無料情報 では、

8 メイショウスミトモ

12 タガノエスプレッソ

13 アスカノロマン


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 グレンツェント

7 モンドクラッセ


連対候補

3 ミツバ

11 リーゼントロック

15 タムロミラクル

16 ナムラアラシ


軽視

2 ショウナンアポロン

4 ロンドンタウン

5 ロワジャルダン

8 メイショウスミトモ

13 アスカノロマン


と考えます。



なんか並べてみると不安だけど、

これをオッズを見てから並べ替える感じにしようかな。




4月15日(

中山11R 第77回 皐月賞(GI


☆mayuの競馬☆


皐月賞(GIが行われる中山芝2000mは、

正面スタンド前、4コーナー付近からスタートし、

内回りを使用するコースです。


内枠有利と言われていますが、

皐月賞(GIでは枠による有利不利はそれほどありません。


内回りで4つのコーナーを回ってくるため、

ペースは速くなりにくく、基本的には先行馬が有利なコース。


後ろから行く馬でも、

早めに上がっていける自在性のある馬が良さそう。

直線一気は、余程展開が嵌らなければ厳しいです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 マイスタイル (0-1-0-0)

報知杯弥生賞(GII2着馬

中山経験はこれだけだけど、逃げ~先行馬なので、

最内には入った今回は前走より良さそうに思えます。


2 スワーヴリチャード (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

どうもある程度の位置までに居た方が良さそうではあるし、

末脚の息の長さって意味では中山適性ありそうには見えます。


3 コマノインパルス (1-1-0-1)

京成杯(GIIIで勝利経験があり、中山の成績は悪くないです。

前走の弥生賞(GIIでは6着だったけど、

十分巻き返しの可能性はありそうに思えます。


4 カデナ (1-0-0-0)

報知杯弥生賞(GII1着馬

それほど後ろ過ぎず、末脚はキレも息の長さもある感じ。

データ的にも揃ってるし、3着内なら問題なさそうかも?


5 レイデオロ (2-0-0-0)

ホープフルS(GIIで勝利経験があり、中山では既に2勝。

ただし年明けに1回も走って無いのもあり、

中山適性はありそうだけど、ここで好走するかは微妙かも。


6 アウトライアーズ (2-1-0-0)

スプリングS(GII2着馬で、中山では連対率100%

マクリ気味に上がったり、器用に立ち回れる様で、

好走する可能性は高そうに見えます。


7 ペルシアンナイト (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

これまでは複勝率100%で来てて悪くはないけど、

1800mまでしか経験無いし、

直線の短いコースでも通用するかは微妙に思えます。


8 ファンディーナ (1-0-0-0)

中山では、フラワーC(GIIIで勝利。

牝馬としては中山適性ある方だろうし、かなり強いのも分かるけど、

果たして牡馬GIで通用するのかどうか…。


9 プラチナヴォイス (0-0-1-0)

スプリングS(GII3着馬だけど、

他のレースで比較すると他の馬に届かない印象。

本質的には先行馬な様だし、前に出て無いとツラいのかも?


10 ダンビュライト (0-0-1-0)

報知杯弥生賞(GII3着馬

重馬場などスタミナの必要な状況に強い様で、

中山では前走の着順以上に安定感あると思います。


11 アルアイン (0-0-0-0)

中山は今回が初めてで、これまで好走してるのは阪神と京都。

そもそも関東に来るのが初めてだし、遠征の疲れとかも心配な感じ。


12 アメリカズカップ (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

先行馬だし、これまでの京都や阪神より向いてそうではあるけど、

きさらぎ賞から間隔が開いてるのは不安な感じ。


13 サトノアレス (1-0-0-1)

スプリングS(GIIの4着馬で、中山は未勝利戦で勝利経験あり。

どうも位置が後ろ過ぎたのが原因っぽいし、

展開次第で巻き返しの可能性は十分ある様に思えます。


14 キングズラッシュ (1-0-0-0)

中山では芙蓉Sで1着がありますが、前走が東スポ2歳S(GIII

さすがに間隔開きすぎだし、今となってはどう走るのかも分からないです。


15 アダムバローズ (0-0-0-1)

中山経験は京成杯(GIII12着のみ。

逃げ先行馬なので、前に出られなかったのが敗因に思えるけど、

今回も外枠になってしまったし、厳しいレースになりそう。


16 クリンチャー (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

好走してるのが阪神と京都だし、

脚質的にも外に回ってしまったのはツラいところ。


17 ウインブライト (2-1-0-0)

スプリングS(GII1着馬で、中山は連対率100%

2000mの経験が無いのは引っかかりますが、

息の長さはあるし、あればここも十分好走できそうに思えます。


18 トラスト (0-0-0-0)

JRAに転入後は微妙な成績が続いています。

川崎のダートと札幌で好走してたワケだし、前に出てればとも思うけど、

この位置からだと今回もダメそうに思えます。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

2 スワーヴリチャード

4 カデナ

8 ファンディーナ


ホースキングの無料情報 では、

2 スワーヴリチャード

8 ファンディーナ

17 ウインブライト


トリプルクラウンの重賞完全攻略 では、

2 スワーヴリチャード


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 カデナ

6 アウトライアーズ


連対候補

1 マイスタイル

2 スワーヴリチャード

10 ダンビュライト

13 サトノアレス

17 ウインブライト


軽視

3 コマノインパルス

9 プラチナヴォイス

12 アメリカズカップ


と考えます。



8 ファンディーナに関してはやっぱり悩むんだけど、

普通なら無理なところなんですよね…。


ただ、8 ファンディーナが人気を吸って来なければ、

これだけ買ってても回収できるって考え方もあるし、

今回はその意味でもギャンブル要素強めになるのかも?



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ