アクセスランキング ブログパーツ

☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

中山金杯、京都金杯の枠と、万葉Sのデータ!

2014/01/04(土)22:45

中山金杯(GIII京都金杯(GIIIの枠が出たので、

昨日 の続きでコース適性について考えていくのと、


万葉S(OP)のデータを調べてみたので、

ちょっとだけ考えてみます。




1月5日(

中山11R 第63回 中山金杯(GIII


☆mayuの競馬☆


中山金杯(GIIIが行われる中山芝2000mは、

正面スタンド前、4コーナー付近からスタート。

内回りを使用するコースです。


スタート後の直線は400m、正面直線の急坂を上り、

4つのコーナーを回るコース形態のためペースは速くなりにくい。


基本的には先行馬が有利で、後ろから行く馬でも、

早めに上がっていける自在性のある馬が良さそうです。


直線一気は、余程展開が向かなければ厳しい。



今回の出走メンバーを見ると、

10 サムソンズプライド

12 コスモラピュタ

13 メイショウサミット

15 コスモファントム

辺りが前に出て行きそうですが、


全体的に後ろから行く馬が多いのもあるし、

あまりペースは速くならなそう。


逆に、この4頭で先行争いが激しくなるようなら、

前が崩れて差し馬優勢な流れもあるかな?



で、各馬について細かく見ていくと、


1 イケドラゴン (1-0-0-7)

中山では、2010年に1800mの条件戦で勝利経験はあるものの、

それ以外は全て4着以下。

勝った1回もたまたま流れが向いただけと思われます。


2 ミッキーパンプキン (0-0-1-1)

中山経験は2回で、2011年のディセンバーSで3着経験あり。

4着以下の1回は朝日杯FS(GIの6着なので、

意外とコース適性は悪くないのかも?


3 オーシャンブルー (0-1-0-3)

中山では、有馬記念(GI2着経験があります。

他ではオールカマー(GII日経賞(GIIで敗れていますが、

レースレベルを考えれば負けて当然。


4 カルドブレッサ (0-0-0-1)

唯一の中山経験は1600万円以下での6着。

それほどボロ負けしたワケでも無いので、

この1回だけで判断するのは難しいです。


5 サクラアルディート (0-0-0-1)

唯一の中山経験は前走のディセンバーSでの5着。

掲示板までに来れてるワケだし、

全体的にも大崩れが少ないのもあって、悪くは無さそう。


6 ドリームヒーロー (1-0-0-1)

中山での勝利経験はありますが、大敗もある馬。

得意距離もいまいちよく分からない感じ。


7 ユニバーサルバンク (0-1-1-2)

中山ではステイヤーズS(GII2着、オールカマー(GII3着があり、

4着以下の2回も日経賞(GIIセントライト記念(GII

やはりレースレベルの高さを考えると、

このメンバーの中でなら中山適性が高いと言えると思います。


8 ディサイファ (0-2-1-2)

中山での重賞経験、勝利経験は無いものの、大崩れも無く、

全体的にもかなり安定した成績。

ここ最近で一気に重賞まで上り詰めて来てるので、

そろそろ重賞での好走があっても不思議ではないかも。


9 セイクリッドバレー (1-3-1-8)

中山では、セントライト記念(GIIで2着に来た以来、

全然馬券に絡んでなかったんですが、

前走のディセンバーSで久々に2着に来ています。

展開さえ向けば来るかも?


10 サムソンズプライド (2-0-0-2)

中山では4戦2勝2敗。

浮き沈みが激しいですが、

勝ってる2回も未勝利500万下なので、

そこまで強いってワケでもなさそうに思います。


11 マックスドリーム (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

京都や阪神での好走が多い馬ですが、

1400~1800mが主体なイメージ。

2000mになるとちょっと無理してる気がします。


12 コスモラピュタ (3-1-1-4)

2011年頃までは、かなり中山での成績が良かったんですが、

最近は、中山を含めてもほとんど好走していません。

さすがに衰えて来ているみたい。


13 メイショウサミット (0-0-0-4)

中山では1800~2200mで4戦4敗

福島、小倉、阪神、京都で好走がありますが、

全体的に見ても馬券に絡む事がかなり希。


14 レインスティック (0-0-0-3)

中山では1600mで3戦3敗

距離が違うので何とも言えないですが、

そもそも2000mでの好走経験は多くは無く、

どちらかと言えばマイルの方が向いている印象。


15 コスモファントム (1-0-1-4)

2011、2012年の中山金杯(GIIIで1着と3着の経験あり。

それ以外ではかなり大敗していて、

なぜここだけ好走出来るのか謎ですが、

2012年の3月からは全く馬券に絡んで居ないのもあって、

さすがにもう警戒しなくて良さそうな感じ。


16 ケイアイチョウサン (0-0-2-2)

中山では京成杯(GIIIの3着があり、

4着以下の2回も、4着とセントライト記念(GIIの5着。

この世代の中では強い方だし、少し期待してみてもいいかも。


って感じ。



とゆうコトで、

昨日の日記のデータ と合わせて考えると、


連対候補

3 オーシャンブルー

5 サクラアルディート

7 ユニバーサルバンク

8 ディサイファ

16 ケイアイチョウサン


軽視

2 ミッキーパンプキン

9 セイクリッドバレー


って感じかなと思います。



BESTの無料情報 では、

8 ディサイファ

9 セイクリッドバレー

が推されてるし、


馬スピ特報の印 を見ても、

印が付いてるのはほぼほぼこんな感じ。


ただ、この分だとあんまり高配当にはならなそうなので、

もう少し絞らないと全然回収出来なそうですね…。




1月5日(

京都11R 第52回 京都金杯(GIII


☆mayuの競馬☆


京都金杯(GIIIが行われる京都芝1600mは、

2コーナー奥のポケット地点からスタートする外回りコースです。


最初のコーナーまでは約700mと長く、

先行争いはあまり激しくなりません。


枠による有利不利はないと言われていますが、

データで見る限りでは外枠はやや苦戦傾向


京都金杯(GIIIでは、

・13番 (0-0-1-9)

・14番 (0-0-1-9)

・15番 (0-0-0-10)

・16番 (0-1-1-8)

って感じ。


広いコースで緩いコーナーのため、

紛れはほとんどなく、能力の発揮できるコース形態。


直線は長めで、

差し追い込みは、33秒台のキレのある馬が台頭。



各馬について細かく見ていくと、


1 ドリームバスケット (0-0-0-1)

唯一の京都経験は、マイラーズC(GIIでの15着

重賞では全く通用してない上、斤量もそんなに軽くはないし、

あまり期待できないと思います。


2 エキストラエンド (1-0-1-2)

京都では、京都新聞杯(GIIの3着経験があり、

ここまで最低でも5着までには来ています。

末脚のキレを考えれば東京よりは向いてそうですね。


3 スマートギア (1-2-2-9)

京都経験は豊富ですが、

最後に京都で好走したのは2010年の金鯱賞(GIIの3着で、

馬券に絡んだのも2012年の中日新聞杯(GIIIが最後。

実績はあるけど、かなり衰えている感じ。


4 タマモナイスプレイ (1-1-1-4)

京都での好走はそれなりにありますが、

それも2011年の安土城Sの1着が最後。

それ以来大敗が続いていて、買いづらいです。


5 トーセンレーヴ (2-0-0-2)

京都では洛陽S新馬戦で勝利経験があるものの、

去年の京都金杯(GIIIマイラーズC(GIIでは敗北。

マイル戦は向いているみたいだけど、過信は出来ない感じ。


6 オースミナイン (2-2-1-1)

ここまで京都と阪神しか走って無いですが、

馬券圏内を逃したのは前々走のみ。

マイル戦に限れば(3-3-1-0)複勝率100%

今回通用すれば一気に世界が広がりそうです。


7 シャイニープリンス (1-0-0-0)

京都は1400mの橘ステークスで勝利経験あり。

1回しか走ってないので、適性は判断しかねますが、

それ以降の成績があまり良くないので、

レベル的にはそれほど高くないと思われます。


8 マイネルラクリマ (2-1-0-0)

去年の京都金杯(GIII優勝馬で、京都では連対率100%

重賞でも十分に通用してるし、

今回の中ではかなり期待出来そうに思います。


9 メイケイペガスター (0-0-1-1)

京都では、若駒Sで3着経験あり。

4着以下の1回もデイリー杯2歳S(GIIなので、

まぁまぁ大目に見れなくもない気がします。


10 ガルボ (1-1-0-3)

2011年の京都金杯(GIIIの2着馬で、

京都では他にもシンザン記念(GIIIの1着があります。

4着以下の3回は、全てマイルCS(GIなので、

京都適性だけを見れば悪く無い様に思います。


11 ミヤジタイガ (1-0-0-1)

京都では、前々走のカシオペアSで勝利経験あり。

ですが、1800m以上のレースを中心に走ってきたのもあり、

マイル戦となるとどうなるか分からないです。


12 テイエムオオタカ (1-1-0-2)

京都では、2012年にスワンS(GIIで2着がありますが、

重賞以上ではあまり通用していないです。

距離的にも、マイル以上での好走はあまり多くないので、

本質的には短距離の方が向いてそうに思います。


13 ブレイズアトレイル (0-0-0-1)

京都経験は、未勝利戦での4着のみ。

距離的には1600~2000mくらいが向いてそうですが、

どちらかと言えば先行して粘るタイプなので、

外枠に入ってしまったのはけっこう響きそうに思います。


14 プリムラブルガリス (1-1-0-0)

京都では、1400~1600mの500万下で連対率100%

コース適性的には良さそうなので、

あとはレベル的に届くかどうかってところ?


15 ネオウィズダム (0-0-0-2)

京都では2戦2敗

距離的にも、ここ最近は1400mでのレースが続いていて、

距離延長はあんまりよく無さそうに思います。


16 サンライズメジャー (4-0-0-1)

京都での成績はかなり良く、

4着以下の1回も5着まで来ています。

さらに言えばそれも1800mでのコトで、

京都のマイル戦に限れば(3-0-0-0)勝率100%

外枠に回ってしまっても、十分チャンスはありそうに思います。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせてまとめると、


連対候補

6 オースミナイン

8 マイネルラクリマ

10 ガルボ

16 サンライズメジャー


軽視

2 エキストラエンド

9 メイケイペガスター

14 プリムラブルガリス


と考えてます。



やっぱり人気になりそうなところが多いので、

まだ絞らないと買えなさそうですが、


あと、データの面で気にするとしても、

・単勝50.0~99.9倍 (0-0-1-22)

・単勝100倍以上 (0-0-0-22)

ってくらいなので、かなり悩みそうですね。




1月6日(月)

京都11R 万葉ステークス


万葉ステークスは、京都芝3000mで行われるハンデ戦。

2005年よりハンデ戦へ変更になっています。


長距離はただでさえ難しい上、ハンデ戦ってのもあって荒れそうですが、

意外と堅い結果になるコトが多いレースです。



ハンデ戦変更後の過去9年分ですが、

過去データを見ていくと、


・1番人気 (3-4-0-2)

・2番人気 (2-2-1-4)

・3番人気 (0-2-3-4)

・4番人気 (2-0-2-5)

・5番人気 (1-0-1-7)

・6番人気 (0-0-0-9)

・7~9番人気 (1-1-1-22)

・10番人気以下 (0-0-1-22)


・単勝1.0~1.9倍 (1-1-0-0)

・単勝2.0~2.9倍 (2-3-0-0)

・単勝3.0~3.9倍 (0-1-1-1)

・単勝4.0~4.9台 (2-0-1-5)

・単勝5.0~6.9倍 (2-3-2-3)

・単勝7.0~9.9倍 (1-1-1-11)

・単勝10.0~14.9倍 (0-0-3-7)

・単勝15.0~19.9倍 (0-0-0-5)

・単勝20.0~29.9倍 (1-0-0-7)

・単勝30.0~49.9倍 (0-0-0-15)

・単勝50.0~99.9倍 (0-0-1-13)

・単勝100倍以上 (0-0-0-8)


・4歳馬 (1-0-1-6)

・5歳馬 (2-7-1-6)

・6歳馬 (4-2-2-22)

・7歳以上 (2-0-5-41)


・牡馬、セン馬 (9-9-9-73)

・牝馬 (0-0-0-2)


・関東馬 (2-0-1-14)

・関西馬 (7-9-8-61)


・斤量50.0kg (0-0-1-10)

・斤量51.0kg (0-0-1-6)

・斤量52.0kg (1-0-1-10)

・斤量53.0kg (0-0-0-14)

・斤量54.0kg (0-1-2-8)

・斤量55.0kg (2-1-1-6)

・斤量56.0kg (2-4-2-8)

・斤量57.0kg (2-1-1-3)

・斤量57.5kg (0-1-0-2)

・斤量58.0kg (1-0-0-3)


・前走重賞 (4-6-6-40)

・前走ステイヤーズS (4-4-3-26)

・前走OP特別 (1-0-0-14)


・前走1600万下 (4-3-3-14)

・前走1000万下 (0-0-0-6)

・前走500万下 (0-0-0-1)


・前走1800m以下 (0-1-1-20)

・前走2000m (1-1-5-17)

・前走2200~2500m (4-3-0-17)

・前走2600m以上 (4-4-3-27)


・前走芝 (8-8-7-63)

・前走ダート (1-1-2-12)


・連闘 (0-0-1-1)

・間隔中1週 (0-1-0-11)

・間隔中2週 (2-2-4-18)

・間隔中3週 (1-4-0-18)

・間隔中4週~中8週 (6-2-3-24)

・間隔中9週~半年 (0-0-1-3)

・間隔半年以上 (0-0-0-0)


って感じ。



とりあえずこのまま当てはめてみると、


グッドカフェ

スノーストーム

ラブラドライト

切れて


トップカミング

軽視


オースミイチバン

クラシカルノヴァ

サイモントルナーレ

タニノエポレット

トウカイトリック

ファイヤー

の6頭が連対候補に残ります。



サラッと見た感じ

トウカイトリック以外長距離馬って印象が強くなくて、

実績を考えるとさらによく分からなくなりそう。笑


素直にトウカイトリック軸で流して当たればいいんだけど…。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬

投資ギャンブル ブログサイトランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト




おすすめ記事!

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ