アクセスランキング ブログパーツ

☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

中京記念と函館2歳ステークスのコース適性!

2017/07/21(金)22:12

枠が出てるので昨日 の続き!↓



7月23日(

中京11R 第65回 トヨタ賞中京記念(GIII


☆mayuの競馬☆


中京記念(GIIIが行われる中京芝1600mは、

1~2コーナー中間の引込み線からスタート。


スタート後すぐにコーナーがありますが、

枠による成績の差はあまり無いようです。


3~4コーナーは下り、直線に入ると高低差2mの急坂があり、

それを上りきったらラスト240mは平坦。


直線が長いことと急坂で逃げ馬は厳しくなることが多く、

差し~追い込みも十分決まります。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 レッドレイヴン (0-0-0-1)

唯一の中京経験は2014年の中日新聞杯(GIIIの6着。

どうも洋芝など力の必要なコースが得意な感じで、

中京に向いてそうではないかも。


2 ケントオー (0-0-1-2)

2016年の中京記念(GIII3着馬

だけど中京での好走はこれだけで、

なんとなくそこまで強そうでもないかも?


3 ウインガニオン (2-0-0-0)

中京の芝では、1000万下までで2戦2勝

直線の長いコースで逃げ切ってる事が多く、

中京でも力を発揮できそうに思えます。


4 ピンポン (0-0-0-5)

長い間ダートで走ってた馬で、

中京芝ではダートに転向する前に5戦5敗。

今になって急に走れるとも思えないです。


5 ピークトラム (1-1-0-1)

2016年の中京記念(GIII2着馬

それ以外にも一応未勝利戦で勝利経験はあるけど、

いつ来るのか分からない感じで、信用しすぎは危険かも。


6 グランシルク (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

東京と中山ばかり走っててけっこういい成績なので、

可能性としてはある方なのかも?


7 ワンアンドオンリー (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

かつてのダービー馬だけど迷走中で、マイルはかなり久々。

良くなるかもだけど、そこまでの期待もできなそう。


8 アスカビレン (0-0-0-1)

唯一の中京経験は有松特別8着

小倉や阪神など、小回りなコースが得意な印象で、

中京にそこまで向いてそうにも見えないかも。


9 スーサンジョイ (0-0-0-0)

これまでほぼダートで走ってきてるので、経験なし。

芝でも一応阪神で2着の経験があるけど、

急に芝に戻っていい走りができるとは考えづらいところ。


10 ダノンリバティ (0-0-0-1)

唯一の中京経験は、中京記念(GIIIの5着。

芝では新潟で好走してる感じだけど、

そこそこのところまでは来ても不思議ではなさそう。


11 マイネルアウラート (0-0-0-1)

2016年の中京記念(GIIIでは16着

中山、阪神、東京では良い感じの成績だけど、

内でダメだったなら今年はもっと厳しそうに思えます。


12 トウショウピスト (1-0-0-2)

中京経験はあるけど、全て1400m以下。

1600m以上の好走経験はないし、

急に来そうには思えないかも。


13 ムーンクレスト (2-0-1-1)

中京では1000万下までかなりいい成績。

ただ、1600m以上の好走経験はあまり多くなく、

外から先行するのはロスが大きそうなのも気になるところ。


14 グァンチャーレ (0-1-0-1)

豊明Sで同コースの連対経験あり。

瞬発力の求められるマイル戦が得意な様で、

ここでも力を発揮できそうに思えます。


15 ブラックムーン (0-0-1-0)

唯一の中京経験は、Fウォーク賞の3着。

阪神、京都、東京の1600~1800mで活躍していて、

脚質的に中京でも走れそうに思えます。


16 サンライズメジャー (0-0-0-0)

以前は1400~1600mの重賞で活躍していたけど、

ここ最近はたまに絡むくらいで、微妙な成績。

どう出てくるか分からないけど、優先度は高くないかも。


って感じ。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

3 ウインガニオン

14 グァンチャーレ

15 ブラックムーン


連対候補

5 ピークトラム

6 グランシルク


軽視

7 ワンアンドオンリー

10 ダノンリバティ

11 マイネルアウラート

13 ムーンクレスト

16 サンライズメジャー


と考えます。



あとはオッズのデータを当てはめて絞るくらいかな?




7月23日(

函館11R 第49回 函館2歳ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


函館2歳ステークス(GIIIが行われる函館芝1200mは、

2コーナー引き込みのポケット地点からスタート。


全体が1~2コーナー側に傾いた様な形状で、

1200mのスタート後は3コーナーまでゆるやかな上り坂。

ペースは極端に速くはなることは少ないコースです。


最後の直線は短いので、基本的に前有利

オープンクラスになれば差し馬の台頭もありますが、

あんまり後ろからの追い込みは決まることは少ないです。


重い洋芝なので他のコースに比べて時計がかかります。



で、各馬についてですが、

コース適性について考えようがないので、

函館芝1200mを走ってる馬だけタイムを中心に比較していきます。



函館芝1200mを走ってる馬の比較

1:09.4 11 カシアス 3-3 34.7F

1:09.7 7 アリア 3-3 34.8F

1:09.7 10 ダンツクレイオー 1-1 34.9F

1:09.8 2 ナンヨープランタン 6-5 34.4F

1:10.0 12 リンガラポップス 3-2 34.9F

1:10.4 3 デルマキセキ 3-3 35.4F

1:10.6 8 ウインジェルベーラ 3-3 35.5F

1:10.9 13 スズカマンサク  1-1 35.1F

1:12.1 1 サンダベンポート 1-1 35.2F



持ちタイム最速は11 カシアスですが、

・前走未勝利 (0-4-0-26)

で、前々走の新馬戦で敗れたのは2 ナンヨープランタン


2 ナンヨープランタンは3ハロンも速いし、

展開に左右されずそこそこの位置には来そうに思えます。


これよりタイムが速い、7 アリア10 ダンツクレイオー

前に行く馬だらけってのもあって、

内の馬に先行された場合どうなるかが多少不安かもしれません。


タイム、3Fタイムを比較しても、

あとは12 リンガラポップスくらいまでが中心かな?


ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

2 ナンヨープランタン

11 カシアス


連対候補

7 アリア

10 ダンツクレイオー

12 リンガラポップス


軽視

1 サンダベンポート

3 デルマキセキ

4 パッセ

5 ベイビーキャズ

8 ウインジェルベーラ

13 スズカマンサク

15 キタノユウキ

16 ジェッシージェニー


と考えます。



一応人気馬が強い傾向ではあるけど、

人気なくて切れるレースでもないし、

ここから絞るのにまた悩みそうです。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

函館記念のコース適性!

2017/07/14(金)21:17

枠が出てるので、1個前の記事 の続き!↓



7月16日(

函館11R 第53回 函館記念(GIII


☆mayuの競馬☆


函館記念(GIIIが行われる函館芝2000mは、

4コーナーポケット地点からスタートし、

4つのコーナーを回り、コースを1周するコース。


小回りコースで直線が266mと非常に短いので、

基本的には前に行ける馬が中心


後ろから行く馬でも、早めに上がっていけないと厳しく、

直線一気はほとんどありません。


枠は内枠が良く、外枠は苦戦傾向


函館記念(GIIIでは、2009年の札幌開催除いて、

・1番 (0-1-1-7)

・2番 (0-0-2-7)

・3番 (2-2-0-5)

・4番 (3-0-1-5)

・5番 (1-1-0-7)

・6番 (2-0-1-6)

・7番 (0-0-0-9)

・8番 (1-2-1-4)

・9番 (0-1-0-8)

・10番 (0-0-1-8)

・11番 (0-1-0-8)

・12番 (0-1-0-7)

・13番 (0-0-1-7)

・14番 (0-0-0-8)

・15番 (0-0-1-6)

・16番 (0-0-0-7)

って感じ。


9番以降で馬券になったのは、

2016年3着 10 ツクバアズマオー

2014年2着 9 ダークシャドウ

2013年3着 15 アスカクリチャン

2011年3着 13 アクシオン

2010年2着 12 ジャミール

2008年2着 11 フィールドベアー

の6頭。


何となく共通点を探すと、

・函館か札幌の好走経験あり

・斤量56.0~58.0kgと重め

・8番人気以内

・7歳以上の高齢馬か人気馬

って感じでしょうか。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 サトノアレス (1-0-0-0)

函館では、前走巴賞で勝利経験があり、

デビューから2戦で札幌の好走経験もあります。

3歳馬だけど可能性ありそうかも。


2 ダンツプリウス (0-0-0-1)

函館経験は前走巴賞の4着のみで、洋芝経験もこれのみ。

先行して粘りきれてないんだけど、今回は距離が伸びてるし、

先行争いが緩和されそうな分を考えればありかも。


3 ナリタハリケーン (0-0-1-0)

函館経験は前走巴賞の3着のみ。

しかし、それまで長い間ダートで走って来てて、

この着順をどう見ていいか悩むところ。


4 ケイティープライド (0-1-0-1)

2016年の函館記念(GIII2着馬

洋芝経験が多いワケでもないけど、

過去の好走馬なので、切るに切れない感じ。


5 レッドソロモン (1-0-0-0)

函館での1勝は、五稜郭Sでのもの。

札幌記念(GII12着を除けば洋芝では悪くない成績だし、

走れないってコトは無さそうに思えます。


6 アングライフェン (0-1-0-0)

函館経験は前走巴賞の2着のみで、洋芝経験もこれのみ。

前走内容だけで考えれば末脚はかなりいいし、

1着に0.0秒差まで迫ってるのも良く見えます。


7 マイネルミラノ (2-0-0-1)

2016年の函館記念(GIII1着馬ですが、2015年は8着

おそらく枠順の影響が大きかったのかなと思うし、

このくらいの位置なら問題無さそうに思われます。


8 カムフィー (0-0-2-0)

函館では、2600mの500万下までで3着が2回。

その後、札幌では派手に負けてるし、

洋芝適性ってよりは長距離適性の面での3着に思えます。


9 スーパームーン (1-0-0-2)

函館では、洞爺湖特別で勝利経験があり、

前走の巴賞も一応5着には来ています。

内が詰まってなければ…とも思えるけど、どうだろう…。


10 ステイインシアトル (0-0-0-0)

函館を含めて洋芝経験はなし。

全体的にかなり良い成績で、前走鳴尾記念(GIIIで重賞勝利。

ただ、内に先行馬が多いので競り合ったらキツそう。


11 ツクバアズマオー (1-2-3-2)

2016年の函館記念(GIII3着馬で、

洋芝のレースなら掲示板までには来る安定した成績。

先行勢に揉まれなそうだし、今回もいいところまで行けそうに思えます。


12 ルミナスウォリアー (0-0-0-0)

函館を含めて洋芝経験はなし。

東京、中山などが得意なので、力の必要なところは大丈夫そうだけど、

かなり後ろから差して来るタイプなので、届かなそうに思えます。


13 パリカラノテガミ (0-0-0-1)

函館経験は北斗特別の5着のみだけど、

札幌では好走してるので、洋芝はそこまで苦手ではなさそう。

ただ、最近はかなり位置が後ろなので、届くかどうかが心配。


14 タマモベストプレイ (0-0-0-0)

函館は今回が初めてだけど、札幌では丹頂S等でかなりいい成績。

どこで好走するのか謎だったのが長距離で良くなってきた感じで、

何となく2000mのレースで活躍しそうに思えないところ。


15 ヤマカツライデン (0-0-0-0)

函館は今回が初めてで、札幌では丹頂Sで勝利経験あり。

ダートから芝の長距離路線に転向して好走していて、

なんとなく洋芝の中距離のイメージがない感じ。


16 サクラアンプルール (0-0-0-0)

芝では函館経験は無く、札幌では500万下で4着があるのみ。

中山記念(GIIで急に来た感じだけど、

今回はその息の長さを活かすところではない様に思えます。


って感じ。



ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

7 マイネルミラノをはじめ、

1 サトノアレス

10 ステイインシアトル

11 ツクバアズマオー

16 サクラアンプルール


ホースキングの無料情報 では、

1 サトノアレス

7 マイネルミラノ

10 ステイインシアトル

11 ツクバアズマオー

12 ルミナスウォリアー

15 ヤマカツライデン

16 サクラアンプルール


について書かれていました。



ってコトでデータ と合わせて、


連対候補

2 ダンツプリウス

4 ケイティープライド

6 アングライフェン

7 マイネルミラノ


軽視

1 サトノアレス

3 ナリタハリケーン

5 レッドソロモン

9 スーパームーン

10 ステイインシアトル

11 ツクバアズマオー


と考えます。



正直全然絞れてないので、

・単勝50.0倍以上 (0-0-0-32)

・斤量54.0kg以上で単勝30.0倍以上 (0-0-0-31)

・関東馬で当日10番人気以下 (0-0-0-30)

・前走重賞で10番人気以下で当日8番人気以下 (0-0-0-22)

・前走2100m以上だった馬で当日5番人気以下 (0-0-0-22)

のデータの方を頼りにする感じかな。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕賞とプロキオンステークスのコース適性!

2017/07/07(金)21:42

枠が出てるので、昨日 の続き!↓



7月9日(

福島11R 第53回 七夕賞(GIII


☆mayuの競馬☆


七夕賞(GIIIが行われる福島芝2000m

4コーナー付近のポケットからスタートするコース。


最初のコーナーまでは長く、

枠による有利不利はそれほど無いと思われますが、


七夕賞(GIIIでは2011年を除いて、

・12番(0-1-1-7)

・13番(0-0-1-8)

・14番(1-0-0-8)

・15番(1-0-0-9)

・16番(0-0-0-8)

外枠は多少不利な様子。


先行争いは意外と激しくなりやすく、

厳しい流れになることも少なくありません。

消耗戦になりやすく、スタミナが必要。


脚質では、小回りコースなのでやはり前にいける馬が活躍。

差し馬でも早めに動ける方が良さそうです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 パドルウィール (0-0-0-0)

福島は今回が初めて。

これまで好走してるのは末脚が重用なところが多く、

なんとなく福島に向いてそうには見えないです。


2 スズカデヴィアス (0-0-0-0)

福島は今回が初めて。

これまでは好走してる事の方が稀な感じで、

展開がハマらないと厳しいのかもって印象。


3 フェルメッツァ (1-1-0-1)

福島では、前走の福島民報杯2着に来ています。

今回は内枠に入ったのもあるし、無理なく好位置につけそう。


4 フェイマスエンド (0-0-0-1)

福島経験は、いわき特別6着のみ。

阪神と京都でしか好走経験がないので、

福島適性はあまり高くなさそうに見えます。


5 バーディーイーグル (0-0-0-2)

2016年の七夕賞(GIIIでは7着馬でした。

その後の福島民報杯でも11着だったし、

福島はあまり得意そうでは無いです。


6 ヴォージュ (0-0-0-0)

福島は今回が初めて。

東京で2番手に先行して好走してる辺り、

福島の方が合ってそうに見えます。


7 タツゴウゲキ (2-0-0-0)

福島では、500万下高湯温泉特別2戦2勝

まだ1600万下でも勝利経験はないけど、

一応可能性が無いとは言い切れないかも。


8 ゼーヴィント (1-1-0-0)

福島では、ラジオNIKKEI賞(GIII1着

福島記念(GIII2着の実績があります。

コース適性は間違いなさそうですね。


9 マルターズアポジー (3-0-1-0)

福島では福島記念(GIII1着

ラジオNIKKEI賞(GIII3着の実績があります。

小回りなコースは得意な様だし、普通に期待出来そう。


10 ウインインスパイア (2-1-1-4)

福島経験は豊富だけど、OP以上では通用してない感じ。

ハンデは軽いけど、今までとそう変わりは無いし、

あまり期待できなそうに思えます。


11 マイネルフロスト (1-0-0-1)

福島では福島民報杯で勝利経験あり。

最近はどこで好走するのかよく分からない感じだけど、

先行できればチャンスはありそうに思えます。


12 ソールインパクト (0-0-1-1)

福島では、いわき特別で3着経験があります。

2016年に入ってからはかなり安定した成績で、

今になって重賞で活躍しそうな雰囲気はありそうかも?


って感じ。



ホースキングの無料情報 では、

3 フェルメッツァ

6 ヴォージュ

8 ゼーヴィント

9 マルターズアポジー

11 マイネルフロスト

12 ソールインパクト

ついて書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


良さそう

8 ゼーヴィント

9 マルターズアポジー


連対候補

3 フェルメッツァ

11 マイネルフロスト


軽視

2 スズカデヴィアス

6 ヴォージュ

7 タツゴウゲキ

10 ウインインスパイア

12 ソールインパクト


と考えます。



けっこう方向性は決まったけど、

頭数の割に多いので、あとはオッズと相談かな?




7月9日(

中京11R 第22回 プロキオンステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


プロキオンステークス(GIIIが行われる中京ダート1400mは、

2コーナー奥のポケットからスタートし、約200mは芝コースを使用します。


芝の部分でいかに良いスタートダッシュを決められるかで

ポジション取りが大きく左右します。


枠の面では芝コースを長く走れる外枠の方が有利なのかな?


3コーナー手前くらいから4コーナーにかけては下り坂、

直線には高低差約2mの急坂があり、

それを越えるとゴールまで約200m。


長い直線ですが、極端な追い込みはほとんど届かなく、

ダートらしく逃げ馬が良い成績を残している点に注意。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 メイショウウタゲ (0-0-1-2)

中京では東海S(GII3着経験があります。

ただ、1400mは阪神のエニフSの3着しかないのもあって、

距離適性の面で多少不安があるかもしれません。


2 ベストマッチョ (0-0-0-0)

デビューからこれまで東京ばかり走ってて、成績は悪くない感じ。

1400m戦も得意な様だし、この内枠なら前に出るのも楽なハズ。

あとは場所が中京で問題ないかくらい?


3 ゴーインググレート (0-0-0-0)

中京は今回が初めてで、これまで好走してるのは京都、阪神など。

短距離戦ではけっこう馬券になってるけど、

実績的に推せる方ではないと思います。


4 アキトクレッセント (1-0-0-1)

中京では、昇竜Sで勝利経験があります。

東京など、直線長めなコースで好走が多いし、

中京は得意な方だと思います。


5 トウケイタイガー (1-0-1-2)

地方馬ですが、JRA転出前に中京経験はあります。

ただ、JRAのレースでは1400m以上の好走経験が無く、

あまり期待できなそうに思えます。


6 チャーリーブレイヴ (1-0-0-0)

中京では鈴鹿特別で勝利経験あり。

その他は東京の1400m以上で好走があり、

距離的にも合ってそうに見えます。


7 マヤノオントロジー (1-0-0-1)

JRA転出前に中京経験はありますが、

勝ったのは2013年の3歳500万下

どうも小回りなコースの方が向いてそう。


8 カフジテイク (0-1-1-2)

2016年のプロキオンS(GIIIでは7着でしたが、

中京の成績は悪くなく、東京でもけっこう馬券に絡んでいます。

重賞での実績も積んで来てるし今年こそはって感じはあります。


9 ナンチンノン (0-1-0-1)

中京は、3歳の頃の昇竜S以来。

それ以降は京都と中山で好走していて、

なんとなく中京適性がありそうな感じでは無い様に思えます。


10 レヴァンテライオン (0-0-0-1)

唯一の中京経験は、昇竜S8着

2歳の頃の函館でしか馬券に絡んで無いし、

今となってはよく分からない感じになってます。


11 ウォータールルド (0-1-0-0)

中京経験は、2012年の香嵐渓特別の2着のみ。

それ以降も他のコースでちょくちょく馬券に絡んではいるけど、

どこで来るのか分かりづらく、なんとなく信用しづらい印象。


12 キングズガード (0-1-2-0)

2016年のプロキオンS(GIII3着馬。中京では複勝率100%

その後もフェブラリーS(GI以外では大崩れも無いし、

ここでなら3着内も十分狙えそうに思います。


13 イーデンホール (0-0-0-0)

中京は今回が初めてで、最近は京都で好走しています。

京都の短距離の割には後ろから届いてるし、

中京になって良くなる可能性もあるのかも?


14 ブライトライン (0-1-0-2)

2016年のプロキオンS(GIIIの4着馬。

チャンピオンズカップ(GIでの負けは気にしなくていいだろうし、

それを考えると意外と中京は向いてそうに見えます。


15 キクノストーム (1-0-0-3)

2016年のプロキオンS(GIIIでは9着で、2015年は10着

中京で勝ったのは3歳の頃の尾頭橋特別だし、

今になって急に来たりはなさそうです。


って感じ。



ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

8 カフジテイクをはじめ、

2 ベストマッチョ

4 アキトクレッセント

14 ブライトライン

について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


良さそう

4 アキトクレッセント

8 カフジテイク

12 キングズガード


連対候補

2 ベストマッチョ

13 イーデンホール


軽視

1 メイショウウタゲ

6 チャーリーブレイヴ

14 ブライトライン


と考えます。



けっこう点数多めになっちゃうけど、

荒れるレースとみれば悪くないかな…?


オッズ関係のデータで絞れるのに期待ですね。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオNIKKEI賞とCBC賞のコース適性!

2017/07/01(土)11:15

昨日書ききれなかった木曜日の日記 の続きです!



7月2日(

福島11R 第66回 ラジオNIKKEI賞(GIII


☆mayuの競馬☆


ラジオNIKKEI賞(GIIIが行われる福島芝1800mは、

正面スタンドの4コーナー寄りからスタート。


1周約1600mの小回りコースのため、内枠がやや有利

ですが、ラジオNIKKEI賞(GIIIではあまり差が無い様子。


意外と起伏のあるコースで、ゴール~1コーナーは下り、

向う正面の直線で上り、3~4コーナーはスパイラルカーブとなっており、

4コーナー~直線は下りで、ゴール前にまた坂を上ります。


脚質では、

スパイラルカーブと直線の下り坂でスピードが落ちにくいため、

前に行った方が良い傾向。先行~差し中心で、マクりも有効。


直線がそこまで長くないのもあって、

追い込みはほとんど届いて無いです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ロードリベラル (1-0-0-0)

前々走のきんもくせい特別で同コースの勝利経験あり。

内に入って包まれてしまいそうなのは心配だけど、

唯一の経験馬なので期待してしまいます。


2 グランドボヌール (0-0-0-0)

これまでは京都と小倉で好走経験あり。

あまり上り坂などは向いてないかもだけど、

スパイラルカーブは苦手ではなさそう。


3 ニシノアップルパイ (0-0-0-0)

これまでは中山と東京で勝利経験があります。

前に出て粘るタイプなので内枠に入ったのもいいし、

福島適性もありそうに思えます。


4 マイネルスフェーン (0-0-0-0)

これまで好走してるのは北海道、中山、東京で、

京成杯(GIIIなどで好走もあり、実績的には上位。

一応残しておいた方がいいかも。


5 ライジングリーズン (0-0-0-0)

デビューから中山で3勝していて、

フェアリーS(GIIIの勝利経験もあったりします。

脚質的には後ろなのが心配だけど、可能性はあるのかも。


6 サトノクロニクル (0-0-0-0)

デビューから阪神、京都、中山で走って連対率100%

京都新聞杯(GIIで重賞連対経験もあるし、

けっこう前の方に居るタイプなので、福島にも合ってそうです。


7 ウインガナドル (0-0-0-0)

新潟、中山、東京で好走経験があり、けっこう安定した成績。

逃げてる割に末脚が重要なコースで好走していて、

直線が短い方がもっと合ってそうに思えます。


8 ビービーガウディ (0-0-0-0)

芝からダートに行って、また戻ってきて好走しています。

どちらにしても成績は悪くないし、

前走のデータだけで切っていいのかちょっと疑問ではあります。


9 バルベーラ (0-0-0-0)

これまでは京都と阪神で好走していますが、

前々走で未勝利を勝ち上がっていて、実績としてはイマイチな気が。

さすがに他の馬を優先すべきに思えます。


10 マイブルーヘブン (0-0-0-0)

芝での好走は中山の山吹賞で2着に来たのみ。

大崩れは少ないにしても、そこまでの期待はできなそう。


11 セダブリランテス (0-0-0-0)

まだデビューから2戦だけど、勝率100%で来ています。

中山と新潟で先行して勝ってるし、

福島でも能力を発揮できそうに思えます。


12 クリアザトラック (0-0-0-0)

これまでは、京都、阪神、東京で勝利経験あり。

毎度の事安定して先行してるし、位置取りの心配は無さそう。


って感じ。



ホースキングの無料情報 では、

1 ロードリベラル

4 マイネルスフェーン

5 ライジングリーズン

6 サトノクロニクル

9 バルベーラ

11 セダブリランテス

12 クリアザトラック


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

6 サトノクロニクルをはじめ、

3 ニシノアップルパイ

4 マイネルスフェーン

5 ライジングリーズン

7 ウインガナドル

12 クリアザトラック


について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


良さそう

1 ロードリベラル

6 サトノクロニクル


連対候補

3 ニシノアップルパイ

11 セダブリランテス

12 クリアザトラック


軽視

4 マイネルスフェーン

5 ライジングリーズン

7 ウインガナドル

8 ビービーガウディ


と考えます。



一応間口を広げてみたけど、この頭数ではさすがに買いすぎだろうし、

オッズを見てもう少し絞りたいところですね。




7月2日(

中京11R 第53回 CBC賞(GIII


☆mayuの競馬☆


CBC賞(GIIIが行われる中京芝1200mは、

向こう正面の中間あたりからスタートするコース。


スタート後、3コーナーまではある程度距離があるので

外枠でもそれほど不利ではない様子。


3コーナー手前くらいから4コーナーにかけては下り坂、

直線には高低差約2mの急坂があり、

それを越えるとゴールまで約200m。


直線距離は合計412.5mと非常に長く、

見た目以上にタフなコース形態。


時計のかかるコースで、

一瞬のキレよりも息の長い末脚を持つ馬がよく、

差し、追い込みも決まるコースです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 オメガヴェンデッタ (0-0-0-0)

中京は今回が初めてで、

他のコースでは2016年2月までは好走していました。

ここ最近は迷走気味だし、あまり期待はできないかも?


2 ティーハーフ (0-1-0-3)

2015年10月から長い間好走できてなかったけど、

前走の安土城Sで久々に3着に来ています。

一応中京でも好走経験はあるけど、そこまでの期待はできない感じ。


3 メラグラーナ (1-0-0-2)

中京では、フィリピンTで勝利経験があり、

4着以下は高松宮記念(GIと1600mの有松特別。

コース適性は悪く無さそうだし、可能性ありそうです。


4 アクティブミノル (0-1-0-1)

中京では、ファルコンS(GIIIで2着があり、

4着以下の1回も高松宮記念(GIの4着。

好走してる方が稀だけど、中京でなら復活も有り得るかも?


5 オウノミチ (0-2-0-0)

中京では、500万下までで2戦して連対率100%

中京適性は高そうだし、開幕週の馬場も合ってそう。

データでは切れてるけど、悩んでしまいます…。


6 ラインスピリット (1-0-0-4)

中京では、トリトンSで勝利経験がありますが、4敗

荒れてない馬場の方が合ってそうだし、位置取りも難はなさそう。

そこまでの期待はしづらいけど、無いとは言い切れない感じ。


7 シャイニングレイ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

前走安土城Sが長期休養からの復帰後初勝利になるので、

ここもまだ慣らしつつ…って雰囲気があります。


8 ナリタスターワン (0-1-0-0)

中京では500万下マカオJCTで2着の経験があります。

ただ、コースは違えど芝で馬券になってるのは1000万下までで、

この中ではそこまで期待する方ではないと思います。


9 トウショウドラフタ (1-0-0-1)

中京ではファルコンS(GIII1着中京記念(GIII12着

短距離だけど1400mの方が向いてそうな印象で、

1200mの経験は前々走の春雷Sのみなのが気になります。


10 アリンナ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

これまで好走してるのは京都の短距離で、

上り坂に多少の不安があるかな?って印象。


11 スノードラゴン (0-1-0-3)

2014年に高松宮記念(GIで2着に来てますが、

それ以降は中京では馬券に絡んでいません。

今となっては厳しそうに思えます。


12 アルティマブラッド (1-0-1-2)

中京での好走は3歳500万下までで、

それ以降も大崩れはなく、長篠Sでは4着までに来ています。

ここ最近好調だし、悪くないかもしれません。


13 エイシンスパルタン (0-0-0-1)

中京経験は、なずな賞の6着のみ。

まだ3歳の頃の話だし、今となっては短距離重賞でもで好走してるけど、

先行するのであれば外に回ったのは不安要素かも?


14 セカンドテーブル (0-0-0-1)

中京経験は、ファルコンS(GIII9着のみ。

やはり3歳の頃の話で、今は重賞でも活躍する馬になってます。

前走内容のデータだけで切るのも多少不安かもしれません。


15 タイムトリップ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

東京、中山などで好走がある辺り中京でも走れそうだけど、

実際には走ってみないと何とも言えない感じ。


16 メイソンジュニア (0-0-1-0)

中京では、ファルコンS(GIIIで3着の経験あり。

全体的にもけっこういい成績だし、普通に可能性ありそうに思えますが、

外枠から逃げるのであれば、けっこうロスがありそう。


17 ラヴァーズポイント (0-2-0-3)

2016年のCBC賞(GIII2着馬で、

古馬になってからに限れば中京では連対率100%

ただ、今年は外枠に回ってしまって、去年と同じ様にはいかなそう。


18 トーセンデューク (1-1-0-3)

中京ではここ2戦で連対しています。

かなり後ろからでも届く末脚を持ってるみたいだけど、

短距離の経験は少なく、ここ3戦しかないのが気になります。


って感じ。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


連対候補

3 メラグラーナ

4 アクティブミノル

9 トウショウドラフタ

12 アルティマブラッド

15 タイムトリップ


軽視

1 オメガヴェンデッタ

2 ティーハーフ

6 ラインスピリット

7 シャイニングレイ

10 アリンナ

11 スノードラゴン

13 エイシンスパルタン

16 メイソンジュニア

18 トーセンデューク


と考えます。



なんとなく並べてみたけど全然絞れないので、

ほぼほぼオッズ関係のデータで買う感じになりそうですね。笑



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚記念のコース適性!

2017/06/23(金)22:24

昨日 の続きです!↓



6月25日(

阪神11R 第58回 宝塚記念(GI


☆mayuの競馬☆


宝塚記念(GIが行われる阪神芝2200mは、

正面スタンドの4コーナーポケット地点からスタートし、

内回りを使用するコース。


1コーナーまでの距離は十分あるので、

枠順による有利不利はほとんどないコースですが、

頭数が多くなれば外枠はあまり良い成績ではありません。


宝塚記念(GIでは、

・1番 (0-0-2-8)

・2番 (1-1-2-6)

・3番 (0-0-2-8)

・4番 (0-1-1-8)

・5番 (0-1-1-8)

・6番 (1-1-0-8)

・7番 (0-1-0-9)

・8番 (0-3-0-7)

・9番 (2-1-0-7)

・10番 (1-0-0-9)

・11番 (2-0-2-6)

・12番 (0-0-0-9)

・13番 (0-0-0-8)

・14番 (0-0-0-8)

・15番 (0-0-0-5)

・16番 (2-0-0-4)

・17番 (1-1-0-1)

・18番 (0-0-0-2)

って感じで、

あまり多頭数にはならないものの、12番より外は不利な様子。


今年はあまり関係無いけど、

12番より外から連対した3頭は、

2015年1着 16 ラブリーデイ 当日1番人気

2010年1着 17 ナカヤマフェスタ 当日8番人気

2007年2着 17 メイショウサムソン 当日2番人気

ナカヤマフェスタを例外とすれば、人気馬。


脚質では、逃げ馬がよく残るコース、

差し追込みは早めに動かなければ厳しいです。



各馬について細かく見ていくと、


1 ミッキーロケット (0-2-0-1)

阪神では、神戸新聞杯(GIIの2着があります。

ただ、好走してるのは外回りで、

前走大阪杯(GIでは7着なのが気になります。


2 ゴールドアクター (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

中山と東京では多くの重賞で活躍していますが、

ここでも強いかは何とも言えない感じ。


3 スピリッツミノル (2-0-0-7)

阪神内回り経験は豊富だけど、勝ってるのはOP戦まで。

このメンバー相手では厳しいと思われます。


4 クラリティシチー (0-0-0-2)

阪神では芝1600mで2戦2敗

距離が伸びればまた違うかも知れないけど、

単純に実績の面でも他馬に届いてない感じ。


5 シュヴァルグラン (3-2-1-2)

2016年の宝塚記念(GIでは9着でしたが、

阪神の成績はかなり良く、阪神大賞典(GII2年連続で連対

2200m以下だと微妙かもだけど、可能性はありそう。


6 シャケトラ (3-0-0-0)

阪神では1000万下までで3戦3勝

前走天皇賞春(GIでは9着だったけど、

そこまでの長距離で無ければって可能性は十分あります。


7 レインボーライン (2-0-0-0)

阪神ではアーリントンC(GIIIで勝利経験があり、2戦2勝

阪神2000m以上では走って無いのでどうなるか分からないけど、

3着内の可能性も無くはないのかなってところ。


8 ミッキークイーン (3-3-0-0)

阪神では阪神牝馬S(GIIなどで実績があり、連対率100%

牡馬相手の好走経験がない点は引っかかるけど、

好走の可能性としては十分あると思います。


9 ヒットザターゲット (0-1-1-6)

宝塚記念(GIはこれで5回目で、2012年は11着

2013年も11着、2014年は4着、2016年は10着でした。

さすがに今となっては厳しいでしょう。


10 キタサンブラック (1-1-1-0)

2016年の宝塚記念(GI3着馬で、阪神では複勝率100%

今まで東京優駿(GI以外で3着内をハズしてないし、

ここまで来たら3着内は間違い無さそうです。


11 サトノクラウン (0-0-0-2)

2016年の宝塚記念(GIは6着で、前走大阪杯(GIも6着。

正直かなり微妙だとは思うけど、デムーロが乗るのが気になります…。


って感じ。



ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

10 キタサンブラックをはじめ、

2 ゴールドアクター

5 シュヴァルグラン

6 シャケトラ

11 サトノクラウン


ホースキングの無料情報 では

1 ミッキーロケット

2 ゴールドアクター

5 シュヴァルグラン

10 キタサンブラック

11 サトノクラウン


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


10 キタサンブラック


連対候補

5 シュヴァルグラン

6 シャケトラ

8 ミッキークイーン


軽視

2 ゴールドアクター

7 レインボーライン

11 サトノクラウン


と考えます。



うーん、やっぱりこれでもトリガミになりそう。

キレイに3連単当てるか、馬単逆目に期待したり、

もう少しピンポイントで狙いたいところです。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 競馬 投資ギャンブル ブログサイトランキング

最新競馬ブログランキング バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加


おすすめ記事!

News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ