アクセスランキング ブログパーツ

☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

高松宮記念、日経賞、マーチS、毎日杯のコース適性!

2017/03/24(金)23:07

枠が出てるので、昨日 の続き!↓



3月25日(土)

中山11R 第65回 日経賞(GII


☆mayuの競馬☆


日経賞(GIIが行われる中山芝2500mは、

3コーナー付近の外回りコースからスタートし、

内回りを使用するコース。


4コーナーまでの直線は短く、

多頭数になったときの外枠は苦戦傾向


日経賞(GIIでは、

・15番 (0-0-0-2)

・16番 (0-0-0-0)

って感じだけど、

今年も頭数が少ないので、

そこまでの差はなさそうです。


コーナーを6回まわるコースのため、

ペースは落ち着きやすく、逃げ先行馬の前残りが目立ちます。


極端な追い込みは届いていないので、

差し馬でも早めに動ける馬が良い傾向です。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 フェルメッツァ (2-0-0-2)

中山経験4戦は全て芝1800m以下でのもので、

重賞の出走経験もありません。

実力的にこのメンバーでは辛いと思います。


2 レコンダイト (0-0-1-0)

唯一の中山経験は、湾岸Sの3着。

その後、重賞で走る様になってからは微妙な成績だし、

中山の2500mだと厳しそうに思えます。


3 ヤマカツライデン (0-0-0-0)

ダートから芝に転向して、

丹頂Sまでは好調だったけど、重賞になると通用してない感じ。

単に京都がダメだったって可能性はあるけど、そこまでの期待はできなそう。


4 プランスペスカ (0-0-0-1)

中山経験1回はステイヤーズS(GIIの10着。

これだけでは何も言えないところだけど、

それにしても他のコースでも好走経験が少ないです。


5 ナスノセイカン (1-0-0-5)

中山では、3歳の頃の山藤賞まで集中して走ってて、

その後のAJCC(GIIでは6着。

経験を考えると悪くなさそうではあるけど、そこまでの期待もできなそう。


6 ディーマジェスティ (2-1-0-0)

クラシック路線を走ってきて、中山では連対率100%

菊花賞(GIでも4着までには来てて長距離もいけそうだし、

ここでも通用する可能性は十分あると思います。


7 マイネルサージュ (2-0-1-4)

出走数の割に中山経験は多めで、

長めの距離であればけっこういい成績だったりします。

コース適性の面では良さそうなので、もしかしたら…って気はするかも。


8 ジュンヴァルカン (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

これまでは長めの距離の条件戦で好走してるけど、

菊花賞(GIで通用しなかった辺り厳しそうには思います。


9 レインボーライン (0-0-0-1)

唯一の中山経験は、NZT(GIIの5着。

菊花賞(GIで2着に来てるので、長距離適性はあるだろうし、

3歳ながらジャパンC(GIで6着まで来ています。

中山適性の面では分からないけど、十分可能性はありそうです。


10 アドマイヤデウス (1-0-0-3)

2015年の日経賞(GII1着馬で、

4着以下3回は有馬記念(GI皐月賞(GI

GIIまでなら十分可能性はある様ですね。


11 ミライヘノツバサ (4-1-2-1)

まだ4歳ですが中山経験は豊富で、

4着以下だったのは皐月賞(GIの12着のみ。

その後AJCC(GIIでも3着に来てるし、十分可能性はありそう。


12 ゴールドアクター (4-1-1-1)

2016年の日経賞(GII1着馬で、

他にも有馬記念(GI2度の3着内など実績多数。

中山適性はかなり高いと言えそうです。


13 シャケトラ (0-0-0-0)

デビューからまだ5戦で中山は経験なし。

前走日経新春杯(GIIまで複勝率100%だけど、

中山適性に関してはよく分からない感じ。


14 ツクバアズマオー (5-2-2-5)

中山経験は多く、オールカマー(GII3着の実績もあります。

長めの距離なら比較的安定してるし、

有り得ないとも言い切れないかもしれません。


15 トーセンレーヴ (1-0-0-3)

中山ではディセンバーSで勝利経験がありますが、3敗

有馬記念(GIなど高レベルな重賞で掲示板付近には来てるので、

無いとは言えないけど、今となっては厳しそうです。


16 マイネルメダリスト (3-3-3-16)

中山経験は豊富だけど、

重賞で走る様になった2014年の後半からは馬券に絡んでいません。

さすがにここでいきなり復帰したりはしないでしょう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

6 ディーマジェスティ

9 レインボーライン

12 ゴールドアクター

について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 ディーマジェスティ

12 ゴールドアクター


連対候補

9 レインボーライン

10 アドマイヤデウス

11 ミライヘノツバサ

13 シャケトラ


軽視

5 ナスノセイカン

7 マイネルサージュ


と考えます。


こんなに買ってたらガミるだろうし、

最終的にはもっと絞らないとだけど、

評価としてはこんな感じですね。




3月25日(土)

阪神11R 第64回 毎日杯(GIII


☆mayuの競馬☆


毎日杯(GIIIが行われる阪神芝1800m

2コーナーポケットからスタートし、外回りを使用するコース。


スタート後、3コーナーまでは長く、

枠による有利不利はないと見て良いコースです。


コーナーは2つで、広く直線の長いコースのため、

スローペースになりやすく、前残りが多いコース形態ですが

毎日杯では、差し馬の台頭しています。


3ハロンタイムの速い差し馬が良さそうです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 サトノアーサー (2-0-0-0)

阪神では、新馬戦シクラメン賞2戦2勝

雨でタイムは良くないとは言え0.6秒差つけて勝ってるし、

実績面も今回のメンバーでは1番に推せそうです。


2 テイエムヒッタマゲ (0-0-0-0)

ここ3戦ダートで走ってて、

一応芝の好走経験もあるけど、小倉芝1200m。

距離延長なのもあるし、期待できないと思います。


3 アルアイン (1-0-0-0)

前々走の千両賞で阪神の勝利経験があります。

前走シンザン記念(GIIIで6着なのは引っかかるけど、

巻き返しの可能性は残ってそうに思えます。


4 クリアザトラック (1-0-0-1)

阪神では、前走の500万下で勝利経験があり、

4着以下だったのは朝日杯FS(GI7着

同コースの勝利経験があるのは評価できそうです。


5 トラスト (0-0-0-1)

札幌で好走があったからか地方からJRAに転入しましたが、

東京、阪神、京都と走って微妙な成績。

朝日杯FS(GI5着と見れば悪く無さそうではあるけど、

そこまでの期待はしない方がよさそうです。


6 キセキ (1-0-1-0)

新馬戦とすみれSの3着で、阪神では複勝率100%

ただ、前走も3着だけど0.9秒差だし、

このクラスになると厳しいのかなって気はします。


7 プラチナムバレット (1-1-0-0)

阪神では、新馬戦で1着と500万下で2着で連対率100%

前走では4 クリアザトラックとタイム差なしなので、

ほぼほぼ近い評価でいいと考えられます。


8 ガンサリュート (0-2-0-0)

阪神では、未勝利戦で2着が2回あります。

先行しても差しても来てるので、

いろんな展開に対応できそうなのが良い感じ。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 サトノアーサー

3 アルアイン

8 ガンサリュート


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

1 サトノアーサーをはじめ、

3 アルアイン

4 クリアザトラック

5 トラスト

8 ガンサリュート


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

1 サトノアーサー

8 ガンサリュート


連対候補

3 アルアイン

4 クリアザトラック

7 プラチナムバレット


と考えます。



さすがに3連複2頭軸流し3点でガミるってコトはないと思うけど…。




3月26日(

中山11R 第24回 マーチステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


マーチステークス(GIIIが行われる中山ダート1800mは、

ホームストレッチの4コーナー付近からスタートするコース。


スタート後はゴール前直線の坂を上り

4つのコーナーがある小回りのコースのため、

ペースは落ち着きやすく、逃げ先行馬の活躍が圧倒的に多い。


追い込みはあまり届きませんが、

マクって行ける馬なら高い確率で馬券になっています。


枠による有利不利はそれほど無いと考えられます。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ハッピースプリント (0-0-0-0)

地方では好走してるけど、JRAの重賞では活躍していません。

2014年まではけっこういい感じだったけど、

今となっては厳しいかなって印象。


2 ショウナンアポロン (2-2-1-8)

2016年のマーチS(GIII1着馬

中山経験は豊富な割に好走率は良くないかもだけど、

去年の好走馬なので無視出来ない存在。


3 ピットボス (0-0-0-1)

前走のポルックスSが唯一の中山経験。

東京、京都、阪神といろいろ走れてるし、

脚質的にも中山も走れる可能性はあると思います。


4 インカンテーション (0-0-0-2)

中山ダート1800mで2戦2敗

惜しい所までは来てたりするけど、

最近はあまり調子良くないし、そこまで期待できないかも。


5 アルタイル (0-0-0-1)

唯一の中山経験は内房S13着

前に出てる時もあるけど、下がってる時の方が多い感じで、

あまり中山には向いて無さそうに思えます。


6 メイショウスミトモ (1-0-1-7)

中山でも好走経験はあるけど、4着以下の方が多いです。

けっこう後ろで控えるタイプなので、

展開が向かないと届かないのかもとは思います。


7 ディアドムス (1-0-0-2)

中山はここ3戦で走ってて、前に出てたアレキサンドライトSで好走。

ただ毎度の事上手くいきそうでも無さそうなので、

そこまでの期待はできないかなと思います。


8 リーゼントロック (3-1-0-1)

中山の成績はけっこういい感じで、1600万下までは好走してます。

ただ、前走のOP戦が全然通用してなかった感じなので、

重賞となるともっと辛そうに思えます。


9 マイネルクロップ (1-0-1-3)

2015年のマーチS(GIII1着馬だけど、2016年は13着

前走で久々に好走してはいるけど、

2015年の頃の力は残ってなさそうに思えます。


10 コクスイセン (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

これまでは京都、阪神などで好走していて、

唯一東京で走ったときは13着だったので、

関東遠征が苦手って可能性もありそうです。


11 コスモカナディアン (2-2-1-1)

中山では最低でも4着以内に来ていて、

ここ最近はさらに調子良さそうです。

今回1番条件は整ってそうに思えます。


12 ロンドンタウン (1-0-0-2)

中山でも内房Sで好走経験はありますが、

脚質的にけっこう後ろに居るタイプなので、

展開が向かないと厳しいかなって気はします。


13 シルクドリーマー (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

距離を伸ばし始めたのもここ4戦の話で、

脚質面でもけっこう後ろなのでかなり厳しいと思います。


14 アスカノロマン (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

チャンピオンズC(GIで3着に来てたり、実績がある馬なので、

コース適性は分からないにしてもある程度期待してしまいます。


15 ディアデルレイ (0-0-0-1)

4走前でダートに転向して、

1600万下までは良かったけど、前走のOP戦では5着。

内から前に出られなかったのなら、外だともっと辛そう。


16 ストロングサウザー (3-0-1-5)

中山経験はけっこう豊富ですが、

2016年くらいから地方でしか好走してない感じ。

2015年のマーチS(GIIIでは13着だし、

そこまで期待しない方が良さそうかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

6 メイショウスミトモ

11 コスモカナディアン

について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

11 コスモカナディアン


連対候補

2 ショウナンアポロン

3 ピットボス

14 アスカノロマン

16 ストロングサウザー


軽視

4 インカンテーション

5 アルタイル

6 メイショウスミトモ

9 マイネルクロップ

10 コクスイセン

12 ロンドンタウン


と考えます。



11 コスモカナディアンに期待してるのは間違いないけど

あとは何となくの評価で並べた感じ。


ある程度オッズを見てからまた考えたいですね。




3月26日(

中京11R 第47回 高松宮記念(GI


☆mayuの競馬☆


高松宮記念(GIが行われる中京芝1200mは、

向こう正面の中間辺りからスタートするコース。


3コーナー手前から4コーナーにかけて下り、

直線には急勾配の上り坂が待ち構えています。


直線はかなり長めなので、

基本的には先行~差しで速い上がりの馬が好走。

追い込みも届きます。


スタート後、3コーナーまではある程度距離があるので

外枠でもそれほど不利にはなっていません。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ティーハーフ (0-1-0-2)

2016年の高松宮記念(GIでは6着でした。

そもそも現在10連続で馬券に絡んで無いし、

ここで急に来るとも思えません。


2 フィエロ (3-0-0-1)

中京は3歳の頃までに走ってて悪い成績では無いですが、

そもそもマイルで活躍してた馬で、1200mは初めて。

急に短距離に出てきて上手くいくかかなり疑問ではあります。


3 レッツゴードンキ (0-0-0-1)

2016年の高松宮記念(GIでは8着でした。

その後は短距離重賞でも活躍してるけど、

やはりどちらかと言えば1400m以上の方が向いてそうに思えます。


4 ラインスピリット (1-0-0-3)

中京ではトリトンSで勝利経験はありますが、3敗

重賞好走経験もないし、このメンバー相手では厳しそう。


5 レッドアリオン (1-0-0-1)

もともとマイルで走ってた馬で、

ここ5戦で短距離戦に挑戦していますが、結果には結びついていません。

平坦な京都でさえ無理ならここはもっと厳しそうに思えます。


6 セイウンコウセイ (0-0-0-0)

ダート、芝両方の短距離戦で活躍してた馬で、

前走シルクロード(GIIIで重賞連対経験もあります。

前に出てる割に3ハロンは速めだし、可能性ありそうに思えます。


7 レッドファルクス (3-0-0-0)

中京では、CBC賞(GIII1着もあり3戦3勝

前走の負けは香港なのもあるし、気にしなくて良さそうかな?


8 バクシンテイオー (1-1-0-2)

中京経験は無くはないし、

北九州記念(GIIIで一応重賞好走経験もあります。

ただ、そもそもいつ来るか変わらない感じの馬だし、

そこまで中京に向いてそうにも思えないです。


9 シュウジ (2-0-0-1)

中京では、中京2歳Sまでに2勝してますが、

ファルコンS(GIIIでは12着。

短距離重賞でけっこう実績はあるので、気にはなりますが…。


10 クリスマス (1-0-0-0)

中京では鳥羽特別で1着がありますが、そこだけ。

中山など、小回りなコースが得意な印象なので、

中京はそこまで向いて無さそうには思えます。


11 スノードラゴン (0-1-0-2)

2014年の高松宮記念(GI2着馬ですが、2016年は7着

2016年以降の成績だけで言えばあまり良くないので、

残念だけど今となっては厳しいのかなと思います。


12 メラグラーナ (1-0-0-1)

中京でもフィリピンTで勝利経験があり、

短距離にシフトしてからはけっこういい成績で来てます。

だからと言ってGIで通用するかは半信半疑だけど

けっこういい末脚はあるし、可能性はありそう。


13 ソルヴェイグ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

4歳牝馬ながらスプリンターズS(GIの3着経験があります。

ただ、脚質の面では前に出て息の長い脚を使うタイプなので、

そこまで中京に向いてそうではないかも。


14 トーキングドラム (0-2-0-1)

中京経験はあるにはあるけど、1600万下の2着まで。

3ハロンはそこまで速くないけど、

一応阪神では重賞勝利経験はあるし、なくもなさそう。


15 ヒルノデイバロー (0-0-0-2)

2016年の高松宮記念(GIでは12着でした。

前走阪急杯(GIIIでは2着まで来てるけど、

それ以外はけっこう派手に負けてるのもあって、信用しづらいです。


16 トウショウピスト (1-0-0-1)

中京では、浜松Sで勝利経験があります。

ただし、逃げ~先行馬で開幕週の馬場が良かったって印象。

ここで同じ様に行くとも思えない感じ。


17 ナックビーナス (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

前走オーシャンS(GIIIまでけっこう順調に来てる感じで、

牡馬相手でも好走してたりします。

悪く無さそうに見えるけど…。


18 ワンスインナムーン (0-1-0-0)

中京では、つわぶき賞で2着経験あり。

けっこう前に出るタイプなので、外枠なのはキツそうなのと、

重賞では牝馬相手にしか好走経験がないのは気になります。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 レッツゴードンキ

9 シュウジ

12 メラグラーナ

ヘブンズドアの無料情報 では、

1 ティーハーフ

9 シュウジ

12 メラグラーナ

15 ヒルノデイバロー


ホースキングの無料情報 では、

3 レッツゴードンキ

6 セイウンコウセイ

12 メラグラーナ

13 ソルヴェイグ


トリプルクラウンの重賞完全攻略 では、

9 シュウジ


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 セイウンコウセイ

12 メラグラーナ


連対候補

3 レッツゴードンキ

7 レッドファルクス

13 ソルヴェイグ

17 ナックビーナス


軽視

9 シュウジ

10 クリスマス

14 トーキングドラム

18 ワンスインナムーン


と考えます。



なんかこうして並べてみるとやっぱり不安。笑

こっちもオッズのデータ当てはめてから考えたいですね。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

今日はフラワーカップ!

2017/03/20(月)14:10

今日はフラワーC(GIIIがあるんですが、

木曜日の日記 から何も進んでないので、


多少コースの事に触れつつ、

ちょっと省略してパパッと決めようと思います!笑



3月20日(

中山11R 第31回 フラワーカップ(GIII


☆mayuの競馬☆


フラワーC(GIIIが行われる中山芝1800mは、

正面スタンド前からスタート。


1コーナーまでの距離は約200mと短く、

外枠はやや厳しいコース。


フラワーC(GIIIでは、

・14番(0-0-0-9)

・15番(0-1-0-7)

・16番(0-1-0-7)

って感じで、


連対した2頭は、

2009年2着 16 ディアジーナ 当日1番人気

2007年2着 15 ホクレレ 当日6番人気


ディアジーナは前走クイーンC(GIII1着で、

中山芝1600mは連対率100%

ホクレレは中山芝1800~2000mで連対率100%


内回りの4つのコーナーをまわるので、

ペースは落ち着きやすく逃げ先行が有利ですが、

最初の短い直線での先行争いが激化するようなら、

逃げ馬は苦しくなるので注意。


フラワーカップ(GIIIでは、前残りが目立ちます。



その辺りを考えると、

1 ディーパワンサ

5 デアレガーロ

8 ドロウアカード

12 ファンディーナ

辺りは良さそうかも。



で、オッズ関係のデータを確認すると、


・1番人気 (4-3-1-2)

・2番人気 (1-1-3-5)

・3番人気 (2-1-0-7)

・4番人気 (0-2-0-8)

・5番人気 (1-0-0-9)

・6番人気 (1-2-1-6)

・7~9番人気 (0-1-1-28)

・10番人気以下 (1-1-3-65)


・単勝1.9倍以内 (0-1-1-0)

・単勝2.0~2.9倍 (3-0-0-1)

・単勝3.0~3.9倍 (2-2-1-1)

・単勝4.0~4.9倍 (0-0-1-2)

・単勝5.0~6.9倍 (1-2-0-6)

・単勝7.0~9.9倍 (2-1-1-11)

・単勝10.0~14.9倍 (1-2-1-12)

・単勝15.0~19.9倍 (0-1-1-13)

・単勝20.0~29.9倍 (0-1-0-12)

・単勝30.0~49.9倍 (1-0-2-23)

・単勝50.0~99.9倍 (0-1-1-20)

・単勝100.0倍以上 (0-0-0-29)


・関東馬で当日1番人気 (3-1-1-0)

・前走500万下だった馬で当日3番人気以内 (4-3-4-2)


・キャリア2戦以内で当日4番人気以下 (0-0-0-24)

・前走重賞、OP特別だった馬で当日7番人気以下 (0-0-1-19)


って感じ。



これで、

2 ブライトムーン

7 トーホウアイレス

切れます


3 モリトシラユリ

10 ハナレイムーン

範囲的に軽視して良さそうかな。



で、

・前走500万下だった馬で当日3番人気以内 (4-3-4-2)

に当てはまるのは12 ファンディーナだけ。


・関東馬で当日1番人気 (3-1-1-0)

に当てはまる馬も居ないし、


・1番人気 (4-3-1-2)

・単勝1.9倍以内 (0-1-1-0)

と考えてもでいいかもしれません。



他には、

・6番人気以内 (9-9-5-37)

・単勝14.9倍以内 (9-8-5-33)

の範囲が好走馬が多いので、


他のデータで引っかかる馬を除いて、

1 ディーパワンサ

4 サンティール

5 デアレガーロ

辺りが良さそうかも。



ってコトで考えると、


12 ファンディーナ


連対候補

1 ディーパワンサ

4 サンティール

5 デアレガーロ


軽視

3 モリトシラユリ

6 シーズララバイ

8 ドロウアカード

10 ハナレイムーン


って感じになるかな?



このまま、

12

145

13456810

3連複フォーメーションだと、15点


けっこう絞れたけど、

やっぱりトリガミになる組み合わせはあります。



しかし回収しようとして計算すると大変な事になるので、

チョイ荒れに期待してそのまま1点600円で。


最近微妙な的中が多いので無意味に期待しちゃいますね。笑




↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神大賞典、スプリングS、ファルコンSのコース適性!

2017/03/17(金)21:53

フラワーC(GIII以外の枠が出てるので、昨日 の続き!↓



3月18日(土)

中京11R 第31回 中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


ファルコンS(GIIIが行われる中京芝1400mは、

2コーナー付近のポケットからスタート。


1コーナーまでの距離は十分にあり、

スタートから400mくらいはなだらかな上り坂なので、

そこまでペースは速くなりにくいです。


3コーナー手前から4コーナーにかけて下り、

直線には急勾配の上り坂が待ち構えています。


直線はかなり長めなので、

基本的には先行~差しで速い上がりの馬が好走。

追い込みも届きます。



各馬について細かく見ていくと、


1 ラニカイサンデー (1-1-0-0)

中京で2戦して連対率100%

しかし、未勝利を勝ち上がったのが前走で、

距離的にも1400mでギリギリなので、不安な感じはあります。


2 ラニカイシチー (0-0-0-1)

中京では2000mの新馬戦9着で、

その後勝ったのは名古屋のダート1400m

芝ではあまり期待できないでしょう。


3 ジャッキー (0-0-0-0)

東京芝1400m、中山芝1200mと2連勝

中京適性は分からないけど、好走の可能性はありそう。


4 ジョーストリクトリ (1-0-0-0)

中京ではなずな賞で勝利経験あり。

1600mだと長そうに見えるし、1400mが丁度いいのかも。


5 メイソンジュニア (0-0-0-0)

前走でダート挑戦してるけど、好走経験は芝のみ。

ただ、それも福島と小倉の芝1200mだしあまり期待はできなそう。


6 レジーナフォルテ (0-0-0-0)

これまで好走したのは新潟と中山の1200m以下で、

1400mだった2戦はどちらも派手に負けています。

この感じだと1200mが限界な様に思えます。


7 マンカストラップ (0-0-0-0)

ダートと芝を行ったり来たりしてて、好走してるのは1200m以下。

京都の1400mでも長すぎる様だし、ここでは厳しいでしょう。


8 デスティニーソング (0-1-0-0)

中京では、なずな賞で2着の経験あり。

ただ、本質的には小倉とかの方が得意みたい。


9 コウソクストレート (0-0-0-0)

くるみ賞までは調子良かったものの、その後2敗

先行してないとダメな感じで、中京にそこまで強そうではないかも。


10 ボンセルヴィーソ (0-0-0-0)

これまでは阪神と京都で好走があり、

前に出る様になってからはいい成績。

そこまでの末脚は無さそうだけど、押し切れそうではあります。


11 ダイイチターミナル (0-0-0-0)

小倉2歳S(GIIIまでは調子良かったけど、その後2敗

本質的には短距離の方が向いてるのかも。


12 ナイトバナレット (0-0-0-0)

これまで京都、新潟、中山で好走があり、

最低でも4着までには来る安定した成績。

位置が後ろ過ぎるのが心配です。


13 マイネルバールマン (0-0-0-0)

出走経験が多いですが、好走してるのは1400m以下。

ある程度の位置に居る割に末脚はいい感じですが、

そこまで強そうではないです。


14 メイショウオワラ (1-0-0-0)

前走の中京芝1600mの未勝利戦で勝ち上がり。

コース適性はありそうだけど、時期が遅すぎる様に思えます。


15 ライズスクリュー (0-0-0-0)

地方からJRAに転入して、前走の春菜賞で初勝利。

牝馬限定戦だし、さすがにここで通用する程強そうではないです。


16 エントリーチケット (1-1-0-0)

中京では中京2歳Sつわぶき賞と2戦して連対率100%

コース適性は十分な様だけど、間隔が詰まってるのは気になります。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

4 ジョーストリクトリ

9 コウソクストレート

12 ナイトバナレット


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

10 ボンセルヴィーソをはじめ

3 ジャッキー

9 コウソクストレート

12 ナイトバナレット

13 マイネルバールマン


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 ジョーストリクトリ

10 ボンセルヴィーソ


連対候補

9 コウソクストレート

12 ナイトバナレット

13 マイネルバールマン


軽視

3 ジャッキー

6 レジーナフォルテ


と考えます。



けっこう方向性はまとまって来たし、

並べてみても納得な感じ。


まぁどうなるか分からないレースではあるし、

当たったらいいなくらいに考えてます。笑




3月19日(

中山11R 第66回 フジテレビ賞スプリングステークス(GII


☆mayuの競馬☆


スプリングS(GIIが行われるのは中山芝1800m


1コーナーまでの距離は約200mと短く、

外枠はやや厳しいコースですが、

スプリングS(GIIでは外枠もそれなりに絡んでいます。


「外枠だから無理」では無く、

各馬の力量を見極めて判断したいところ。


内回りの4つのコーナーをまわるので、

ペースは落ち着きやすく逃げ先行が有利ですが、

最初の短い直線での先行争いが激化するようなら、

逃げ馬は苦しくなるので注意。



各馬について細かく見ていくと、


1 ダノンケンリュウ (0-0-0-0)

これまで3戦して、好走してるのはダートの2戦。

可能性がないとは言えないかもだけど、期待はできないです。


2 サウンドテーブル (0-0-0-0)

前走の小倉芝1800mで未勝利を勝ち上がったばかり。

それまでの成績も良かったワケではないし、

ここで通用する程強そうには見えないです。


3 オールザゴー (0-1-0-0)

中山での2着は、2歳の頃の新馬戦でのもの。

阪神以外では連対率100%ではあるけど、

このメンバーの中では優先順位は高くないと思います。


4 ストロングレヴィル (1-0-0-0)

前走で中山芝2000mの新馬戦を勝ったばかり。

中山は苦手ではないとは思うけど、これだけでは判断が難しいです。


5 エトルディーニュ (0-0-0-2)

中山では、芙蓉Sで5着、 ひいらぎ賞で4着。

惜しい所までは来てるし、末脚も悪くない感じ。

重賞経験を経て成長してる感じもなくはない様な…。


6 モンドキャンノ (0-0-0-0)

函館、東京、阪神で4戦して連対率100%

朝日杯FS(GI2着の実績もあるし、

この中ではかなり強い方だと思います。


7 プラチナヴォイス (0-0-0-0)

これまで好走してるのは京都だけど、

その後の京都の重賞では微妙に届いていません。

本質的には先行馬な様だし、もしかしたら中山で開花するかもだけど…。


8 アウトライアーズ (2-0-0-0)

中山では、未勝利戦ひいらぎ賞2戦2勝

全体でも複勝率100%だし、マクる様に動いたりできるし、

末脚もかなり良さそうです。


9 サトノアレス (1-0-0-0)

中山では、芝1800mの未勝利戦で勝利経験があります。

実績面では朝日杯FS(GI1着で全体でも連対率100%だし、

このメンバーの中では1番に期待できそうに思えます。


10 ウインブライト (1-1-0-0)

中山では、ひいらぎ賞と前走の若竹賞連対率100%

中山適性は十分ありそうに思えます。


11 トリコロールブルー (0-0-0-0)

中京、京都、東京と、2000mで3戦して連対率100%

安定してそこそこの位置に居るし、中山も走れそうかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

6 モンドキャンノ

8 アウトライアーズ

9 サトノアレス


ヘブンズドアの無料情報 では、

6 モンドキャンノ

7 プラチナヴォイス

9 サトノアレス


ホースキングの穴馬厳選情報 では、

9 サトノアレス

11 トリコロールブルー


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 モンドキャンノ

8 アウトライアーズ

9 サトノアレス


連対候補

5 エトルディーニュ

10 ウインブライト

11 トリコロールブルー


軽視

3 オールザゴー

7 プラチナヴォイス


と考えます。



そこそこ決められたし、


あとは、

・1番人気 (4-3-3-0)

・単勝2.9倍以内 (2-3-2-0)

・前走1800mだった馬で当日7番人気以下 (0-0-2-25)

・関東馬で当日単勝50.0倍以上 (0-0-0-28)

を当てはめてから考えようかな。




3月19日(

阪神11R 第65回 阪神大賞典(GII


☆mayuの競馬☆


阪神大賞典(GIIが行われる阪神芝3000m

阪神大賞典(GIIでしか使われないコースで、

向正面の2コーナー過ぎからスタートし、

内回りを1週半するコースです。


スタート後の直線は比較的長く、長距離ということもあり、

枠による有利不利はそれほど考えなくても良さそう。


ゴール前の急坂を2回上るので、スタミナはかなり要求されます。



各馬について細かく見ていくと、


1 スピリッツミノル (2-0-0-5)

阪神経験はけっこうあるけど、勝ってるのは2回だけ。

ただ、万葉Sで3着経験があるので、

長距離ならもしかすると…って気もします。


2 ウインスペクトル (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

これまではいろいろなコースの長距離戦で好走経験はあるけど、

1000万下までしか勝ててないし、さすがに無理でしょう。


3 シュヴァルグラン (3-1-1-2)

2016年の阪神大賞典(GII1着馬で、阪神成績はいい感じ。

今では重賞実績も十分にあるし、

このメンバーではかなり期待できると思います。


4 トーセンバジル (0-1-1-1)

阪神経験は多くはないですが、

神戸新聞杯(GII3着経験があります。

古馬になってからはあまりパっとしない成績だけど、

ここでなら好走も有り得るかも?


5 トウシンモンステラ (2-1-1-4)

阪神経験は豊富だけど、好走してるのは1600万下まで。

長距離適性はありそうだけど、これだけでは期待できないかも。


6 レーヴミストラル (1-0-0-1)

阪神では、アザレア賞で勝利経験あり。

その度、日経新春杯(GIIなど長めな重賞で実績もあるし、

ここ最近は大敗してるけど、ここでなら復活も有り得るかも。


7 ワンアンドオンリー (3-1-0-2)

阪神では、神戸新聞杯(GII1着の経験がありますが、

その後はドバイシーマC(GIの3着以外は全然ダメ。

今となってはそこまでの期待はできないのかも。


8 タマモベストプレイ (0-0-0-4)

2016年の阪神大賞典(GIIでは4着で、2014年は8着。

長距離ならそこそこ好走してるし、

頭数が少ない今回なら可能性はあるのかも?


9 サトノダイヤモンド (2-0-0-0)

阪神では神戸新聞杯(GII1着もあり、2戦2勝

菊花賞(GIの勝利経験もあるので距離は問題ないし、

これまで全体でも複勝率100%。3着内は間違いないでしょう。


10 マドリードカフェ (0-2-0-1)

阪神では芝2200~2400mで3戦して悪くない成績。

ただ、重賞では通用してない様だし、

この中で優先する程ではないでしょう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 シュヴァルグラン

8 タマモベストプレイ

9 サトノダイヤモンド


ホースキングの極馬厳選情報 では、

3 シュヴァルグラン

9 サトノダイヤモンド


トリプルクラウンの賞完全攻略 では、

4 トーセンバジル


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

9 サトノダイヤモンド


連対候補

3 シュヴァルグラン


軽視

4 トーセンバジル
6 レーヴミストラル

7 ワンアンドオンリー

8 タマモベストプレイ


と考えます。



うーん、これはもう2頭軸でいいと思うんですよね…。笑


これでも回収出来なかったとしても、

バラで買えばどうにかなりそうだし。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

金鯱賞、報知杯フィリーズレビュー、中山牝馬Sのコース適性

2017/03/10(金)22:38

枠が出てるので昨日 の続き!↓



3月11日(土)

中京11R 第53回 金鯱賞(GII


☆mayuの競馬☆


金鯱賞(GIIが行われる中京芝2000mは、

ホームストレッチの坂の途中からスタートし、コースを1週します。


坂からのスタートなので、ペースは落ち着きやすく、

1コーナーまでの距離も十分なので、

枠順の有利不利もそこまで無いと考えられます。


芝コースの直線距離は412.5mと長く、高低差約2mの急坂があります。

この坂を越えてからは、ゴールまで約200m。


最後の直線は長いですが、逃げ馬が残ることも多い。

中心は先行~差しで、速い上がりを繰り出せる末脚が必要。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ルージュバック (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

これまで好走してるのは東京と中山が多く、

キレって意味ではそこまででも無い様に思えます。


2 プロディガルサン (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

これまで好走してるのは東京と中山で、

なんとなく中京は向いてなさそうな印象。


3 ナスノセイカン (1-0-0-1)

中京では、2000mの500万下で勝利経験あり。

まだOP勝利経験もなく、実績面では不安だけど、

ここ最近調子良くなってる感じはあります。


4 ルミナスウォリアー (0-1-0-0)

中京経験は、名古屋日刊スポーツ杯の2着のみ。

重賞好走経験は無いけど、惜しい所までは来てるし、

中京適性があるのであれば可能性もありそう。


5 タッチングスピーチ (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

ここ5戦は調子が悪いけど、京都、阪神の実績はあるし、

中京も問題無く走れそうに思えます。


6 ヤマカツエース (1-0-1-0)

2016年の金鯱賞(GII1着馬で、

他にもファルコンS(GIIIの3着があり、複勝率100%

これだけ実績があるし、買い目には入れときたいです。


7 アングライフェン (1-0-1-4)

中京成績全体で見るとあまり良くないけど、

芝2000mはマレーシアCの1着のみ。

重賞好走経験は無いけど、コース的には悪くなさそう。


8 スズカデヴィアス (0-0-0-1)

2016年の金鯱賞(GII10着馬

全体的に2200m以上の経験が多く、

2000mが合ってるのかどうかもよく分からないところ。


9 ステファノス (0-0-0-1)

中京経験は、1600mの新馬戦の4着のみ。

今となってはGIでも実績のある馬に成長してるけど、

阪神や京都の経験があまり多く無いのはちょっと気になります。


10 サトノノブレス (1-1-2-0)

2014年~2016年の金鯱賞(GII3年連続3着内で、

他にも中日新聞杯(GIIIの1着があり、複勝率100%

コース適性も実績も何も問題ないと言えそう。


11 ヒットザターゲット (0-0-0-2)

2012年と2015年の中日新聞杯(GIII2敗

いつ来るか判断が難しい馬だけど、

今来るとしたら東京の2500mとかなんじゃないかな…。


12 パドルウィール (1-1-1-2)

2016年の金鯱賞(GII2着馬

中京では最低でも掲示板までにはきてるし、

コース適性はかなり高いと言えそう。


13 ヌーヴォレコルト (1-0-0-0)

中京では、2歳の頃にこうやまき賞で勝利経験あり。

GIでも多くの好走がある実績馬だし、

ここでも絡む可能性はありそうに思えます。


14 ヒストリカル (0-0-0-1)

中京経験は、2015年の中日新聞杯(GIII9着のみ。

様々なコースで好走経験のある馬だし、末脚のキレはあります。

中京でも場合によっては絡む可能性ありそう。


15 ロードヴァンドール (0-0-0-0)

中京は今回が初めて。

主に京都、阪神で好走してる馬で、

一応重賞でも惜しい所までは来てる感じ。

ただ、このメンバーでは厳しいと見るべきかなぁ…。


16 フルーキー (0-1-1-0)

中京経験は、3歳の頃に500万下で3着内が2回。

2000mくらいまでなら走れるし、

東京や阪神で実績がある辺り、中京適性はありそう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 ルージュバック

6 ヤマカツエース

9 ステファノス


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

9 ステファノスをはじめ、

1 ルージュバック

3 ナスノセイカン

6 ヤマカツエース

14 ヒストリカル


ホースキングの無料情報 では、

2 プロディガルサン

9 ステファノス


について書かれていました。



ってコトで今のところ、


良さそう

6 ヤマカツエース

10 サトノノブレス

12 パドルウィール


連対候補

9 ステファノス

13 ヌーヴォレコルト

16 フルーキー


軽視

1 ルージュバック

3 ナスノセイカン

4 ルミナスウォリアー

5 タッチングスピーチ

7 アングライフェン

14 ヒストリカル


と考えます。



なんとなく有馬記念(GIの前哨戦だった時から比べて、

時期的に余裕があるからなのか、

出走馬のレベルが上がってる気がして、

コース適性なのか実績なのか決められない感じ。


さすがにこんなには買えないだろうし、

もうちょっと絞らなきゃなんだけど…。




3月12日(

中山11R 第35回 中山牝馬ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


中山牝馬S(GIIIが行われる中山芝1800mは、

正面スタンド前からスタートするコース。


1コーナーまでの距離は約200mと短く、外枠はやや厳しいです。


中山牝馬S(GIIIでは、阪神開催だった2011年を除いて、

・1番 (1-0-1-7)

・2番 (0-0-0-9)

・3番 (2-0-1-6)

・4番 (0-0-1-8)

・5番 (0-2-0-7)

・6番 (1-0-1-7)

・7番 (0-2-0-7)

・8番 (1-2-1-5)

・9番 (1-0-0-8)

・10番 (0-1-0-8)

・11番 (1-0-0-8)

・12番 (1-0-1-6)

・13番 (0-1-0-8)

・14番 (0-1-0-8)

・15番 (0-1-1-7)

・16番 (1-0-1-6)

って感じで、

なんとなく中枠くらいがいいかな?って程度。


内回りの4つのコーナーを回るので、ペースは落ち着きやすく

基本的には逃げ先行が有利ですが、

最初の短い直線での先行争いが激化するようなら、

逃げ馬は苦しくなるので注意。


中山牝馬S(GIIIでは、激しいレースとなることが多いので、

差し追い込みの活躍も目立ちます。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 クインズミラーグロ (2-1-0-1)

2016年の中山牝馬S(GIII16着馬

その前の紫苑Sまでは調子が良かったのもあるし、

これだけでダメとも言い難い感じ。


2 ハピネスダンサー (1-0-0-1)

2016年の中山牝馬S(GIIIの5着馬。

一応3歳の頃にミモザ賞で勝利経験もあるし、

今年こそは3着内に来ても不思議ではないかも。


3 ビッシュ (2-0-0-0)

中山では、紫苑S(GIII3歳500万下2戦2勝

秋華賞(GIは合わなかった、ジャパンC(GIは相手が悪かった

と考えられるし、中山でなら評価出来そうです。


4 トーセンビクトリー (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

京都、阪神などで好走が多い馬で関東近辺の経験も少ないです。

脚質がよく分からないけど、

道中激戦になっていつの間にか残る展開ならありかも?


5 シャルール (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

東京、福島、札幌で好走経験のある馬なので、

中山でも走れなくは無さそうに見えます。


6 ウインリバティ (0-0-0-1)

2016年の中山牝馬S(GIII14着馬

現在11戦連続で大敗してるし、

復活するとしてもここではなさそう。


7 プリメラアスール (0-0-0-1)

唯一の中山経験は、紫苑Sの6着。

最近では、小倉、阪神内回りなどで活躍していますが、

中山のタフなコースは合って無さそう。


8 メイショウマンボ (0-0-0-1)

中山経験は、2014年の有馬記念(GI15着のみ。

長らく3着内から遠ざかっていますが、中山では走って無いワケで、

ここでなら復活する可能性もなくはないのかも?


9 デニムアンドルビー (0-0-0-2)

2回の中山経験はどちらも有馬記念(GI

GIでばかり走って来てるので、このくらいのレースならって気もするけど、

中山でどんな走りをするのかも分からない感じ。


10 ウキヨノカゼ (0-1-1-2)

中山では、スプリンターズS(GI3着などの実績がありますが、

1600m以下の経験しかありません。

1800m走れるのかどうかがカギですね。


11 サンソヴール (0-0-0-1)

中山では、ターコイズSでの10着があるのみ。

東京、中京で活躍してる割に前に出るし、

息の長さが活かせない所では厳しいのかも?


12 ヒルノマテーラ (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

最近では京都、阪神で好走があります。

なんとなく中山に向いてそうには見えない様な…。


13 マジックタイム (2-0-0-1)

中山では、 ダービー卿CT(GIIIなどで勝利経験があります。

本質的にはマイルの方が向いてそうだけど、

一応1800mでも好走経験はあるし、悪く無さそうです。


14 フロンテアクイーン (1-1-1-1)

中山では、紫苑S(GIII3着の実績があり、悪くない感じ。

ただ、ビッシュと比較してしまうと、厳しいかなって気はします。


15 リーサルウェポン (0-1-0-3)

2016年の中山牝馬S(GIII12着馬

2016年の愛知杯(GIIIまでは調子が良かったですが、

それ以降は全然ダメで、そこまで期待できなそうに思えます。


16 パールコード (1-0-0-1)

中山では、ミモザ賞で勝利経験があります。

古馬になったばかりで全体の経験も多くは無いですが、

掲示板を外した事が無いし、実力は十分あると思います。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 ビッシュ

13 マジックタイム

16 パールコード


ホースキングの無料情報 では、

1 クインズミラーグロ

3 ビッシュ


について書かれていました。


ってコトで昨日のデータ と合わせて、


連対候補

3 ビッシュ

12 ヒルノマテーラ

13 マジックタイム

16 パールコード


軽視

1 クインズミラーグロ

2 ハピネスダンサー

5 シャルール

8 メイショウマンボ

9 デニムアンドルビー

10 ウキヨノカゼ


と考えます。



・2011年以外の10番人気以下の関西馬 (0-0-1-24)

ってデータを当てはめてどれだけ絞れるかもあるし、

ある程度オッズが出てからまた考えようかな。




3月12日(

阪神11R 第51回 報知杯フィリーズレビュー(GII


☆mayuの競馬☆


報知杯フィリーズレビュー(GIIが行われる阪神芝1400mは、

2コーナー付近からスタートする内回りコース。

先行争いは激しくなりやすく、ハイペースになることが多い。


内回りで直線は短いので、基本的には逃げ先行が有利ですが、

オープンクラスでは、逃げ先行には厳しい展開になることが多いので

差し追込みの台頭も目立っています。


枠は、多頭数になれば外枠はコースロスがあり、やや不利ですが、

報知杯フィリーズレビュー(GIIでは外枠の馬も馬券に絡んでいて、

あまり気にしなくても良さそうです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 スリーミスヨハネス (0-0-0-0)

前走で芝初挑戦で、ダートでしか好走経験はありません。

距離的にももう少し長めの方がいいみたいだし、

突然来たとしても買えないです。


2 アズールムーン (0-0-0-0)

東京、新潟、京都と調子は良かったんだけど、

何故か前走で兵庫JGP(GIIで5着。

脚質からの判断だと思うけど、芝に戻って良くなるかどうか。


3 ステラルージュ (0-1-0-0)

阪神では1400mの新馬戦で2着の経験があります。

先行しても差しても好走してるけど、

この時期で500万下の実績もないのはちょっと引っかかります。


4 フラウティスタ (0-0-0-0)

これまで4戦、京都で走って来て前走の500万下7着

稍重だったのがダメだったとも考えられるけど、

そもそも阪神でも同じ様に力を発揮できるかは何とも言えないところ。


5 クインズサリナ (1-0-0-1)

阪神では1200mの新馬戦で勝利経験あり。

どうも短距離じゃないとダメみたいだし、

前走の阪神JF(GIの負けは気にしなくて良さそう。


6 ジューヌエコール (1-0-0-1)

阪神では、ききょうSで勝利経験があります。

阪神JF(GIでは外に持ち出しつつも伸びなかったですが、

早めに前に出さえすれば可能性はあると思います。


7 タガノカトレア (0-0-0-0)

ダート1400mで2連勝して、芝に初挑戦。

ダメだった試しもないし、ダート馬の割には差して来てるし、

可能性がないとも言い切れないと思います。


8 アルミューテン (0-0-0-0)

中山芝1800mの新馬戦で勝ったあと、連敗中

距離を縮めてもダメみたいだし、急に良くなったりはないと思います。


9 ベルカプリ (0-1-0-0)

阪神では、1600mの未勝利戦で2着の経験があります。

逃げが通用しづらい外回りでは厳しいみたいですが、

内回りなら可能性はあるのかも…?


10 ラーナアズーラ (0-0-0-0)

函館芝1200mの新馬戦で勝った後は5連敗

さすがにこれで急に来たりはしないと思います。


11 ヤマカツグレース (0-0-0-0)

これまでは札幌芝1500mとりんどう賞で好走経験あり。

多少長めの距離でも走れそうだけど、

ファンタジーS(GIIIでの負けっぷりを考えると厳しそう。


12 シグルーン (1-0-0-1)

阪神では1600mの新馬戦で勝利経験あり。

前走は外枠から前に出られなかったと考えればしょうがないだろうし、

巻き返す可能性はありそうに思えます。


13 ゴールドケープ (0-0-0-2)

阪神では1600mの新馬戦阪神JF(GI2戦2敗

どちらも微妙な着順ではあるけど、マイルには向いてるみたいだし、

多分平坦なコースの方が合ってるんだと思います。


14 ビーカーリー (0-0-0-1)

阪神経験は朝日杯FS(GI10着のみ。

どうも短距離の方が向いてるっぽいので、気にしなくて良さそうだけど、

そもそもOP戦くらいでギリギリな感じ。


15 レーヌミノル (0-0-1-0)

阪神では、前々走の阪神JF(GIで3着の実績あり。

前走クイーンC(GIIIの4着以外は全て3着内だし、

このメンバーではかなり期待出来る方だと思います。


16 カラクレナイ (1-0-0-0)

前走の万両賞で阪神芝1400mの勝利経験あり。

少し位置が後ろ過ぎるのが気になりますが、

問題無く走れそうなのは間違い無いと思います。


17 アカカ (0-0-0-1)

阪神では、1800mの新馬戦7着

距離が縮んで良くなるかもだけど、

ここ2戦での負けを考えると厳しそう。


18 アンジュデジール (0-0-0-0)

函館と札幌の1200mでは調子良かったけど、

中京、京都の1400m以上では今ひとつな成績。

洋芝でなくてはダメな感じがします。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

6 ジューヌエコール

15 レーヌミノル

16 カラクレナイ


ヘブンズドアの無料情報 では、

6 ジューヌエコール

16 カラクレナイ


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 ジューヌエコール

15 レーヌミノル


連対候補

5 クインズサリナ

12 シグルーン

16 カラクレナイ


軽視

7 タガノカトレア

13 ゴールドケープ


と考えます。



けっこう方向性はまとまってきたし、

あとは回収出来るか確認する感じかな?



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

報知杯弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSのコース適性!

2017/03/03(金)22:51

枠が出てるので昨日 の続き!↓



3月4日(土)

中山11R 第12回 夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


オーシャンステークス(GIIIが行われる中山芝1200mは、

向こう正面、外回りコースの坂の頂上からのスタート。


3コーナーはかなり緩やかなのもあり、

4コーナー辺りまで一気に下っていくので、

かなりハイペースな展開になりやすいです。


直線もそこまで長くはないので、

後方一気は届きづらく、基本的には先行馬が有利


枠の面では外から逃げるくらいなら、

内をロス無く走った方が良さそうな感じ。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ペイシャフェリス (2-2-1-8)

中山では1200mと1600mで多く走っていますが、

好走してるのは2015年までのマイル戦。

最近は距離が短い方が良さそうではあるけど…。


2 ナックビーナス (1-1-1-0)

前々走のカーバンクルSでも1着で、中山は複勝率100%

全体的にもかなり安定した成績だし、

ここでは期待出来そうに思います。


3 ブレイブスマッシュ (0-0-0-3)

中山では3戦3敗ですが、1200mは初めて。

ファルコンS(GIIIで2着と考えると

どちらかと言えば短距離の方が良さそうではあります。


4 クリスマス (0-1-1-2)

中山では、1600万下までで好走しています。

前走カーバンクルSでも4着まで来てるし、

絡む可能性はあるのかも。


5 バクシンテイオー (0-0-0-3)

2015年のオーシャンS(GIIIでは12着で、中山では3戦3敗

どちらかと言えば平坦なコースの方が得意みたい。


6 ウインムート (0-0-0-1)

中山経験は芝1600mの3歳500万下16着のみ。

短距離ならいけるかもって気はするけど、

京都や阪神内回りとかの方が向いてそう。


7 トウショウピスト (0-0-0-1)

中山経験は袖ケ浦特別の5着のみ。

そこまで苦手ってワケでもなさそうだけど、OP勝ちもないし、

実績的には他の馬を優先したくなります。


8 レッドアリオン (1-1-0-3)

中山では主にマイル戦で走ってた馬で、

中山芝1200mだとスプリンターズS(GI14着のみ。

短距離に移行してもあまりいい成績ではないです。


9 メラグラーナ (2-0-0-0)

中山ではラピスラズリSでOP勝ちもあり、2戦2勝

全体的にも芝1200mならかなりの好成績。

このメンバーの中ならかなり良さそうに思えます。


10 スノードラゴン (0-2-1-1)

2014年のオーシャンS(GIII3着馬で、2014年も2着

最近は微妙な成績だけど、

過去の好走馬だし、一応入れときたいです。


11 コスモドーム (1-2-2-4)

中山経験はそこそこあって、前走カーバンクルSでも2着。

大崩れもあるけど、コース適性はありそう。


12 ラインハート (0-0-1-0)

中山経験は袖ケ浦特別の3着のみ。

他に好走してるのは小倉、京都、阪神などで、

本質的にはそこまで得意ではなさそうに見えます。


13 フレイムヘイロー (0-0-0-9)

2016年のオーシャンS(GIIIでは9着で、中山では9戦9敗

ここまで来るともうさすがに無理でしょう。


14 ブラヴィッシモ (0-0-0-0)

中山は今回が初めて。

これまでは阪神、新潟、札幌、京都で好走があり、

なんとなく平坦な方が向いてそうには思います。


15 ブレイズアトレイル (1-0-0-5)

2016年4月にJRAから転出して、以降は盛岡のダートのみ。

転出前も特に中山成績が良かったワケでもないし、

ここで急に来たりはしなそうです。


16 アースソニック (0-2-0-4)

2014年のオーシャンS(GIIIでは10着でした。

中山で好走してたのは、2013年の春雷Sまで。

それ以降に4敗していて、復活は厳しそう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

2 ナックビーナス

4 クリスマス

9 メラグラーナ

について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

2 ナックビーナス

4 クリスマス

9 メラグラーナ

10 スノードラゴン

11 コスモドーム


連対候補

12 ラインハート

14 ブラヴィッシモ


軽視

1 ペイシャフェリス

3 ブレイブスマッシュ

7 トウショウピスト

8 レッドアリオン


と考えます。


かなりザックリ並べた感じですけどね。



一応の方向性は出てきたので、

あとはオッズのデータを当てはめてから考えます。




3月4日(土)

阪神11R 第24回 チューリップ賞(GIII


☆mayuの競馬☆


チューリップ賞(GIIIが行われる阪神芝1600m

2006年の馬場改修により、

向正面からスタートする外回りコースになりました。


以前よりは、枠順の有利不利が緩和されましたが、


それでも外枠はやや不利


チューリップ賞(GIIIでは、

・1番 (0-1-1-8)

・2番 (0-1-1-8)

・3番 (1-0-0-9)

・4番 (0-0-1-9)

・5番 (1-0-2-7)

・6番 (0-0-1-9)

・7番 (1-2-1-6)

・8番 (1-0-0-9)

・9番 (0-1-0-9)

・10番 (1-1-0-8)

・11番 (2-0-0-8)

・12番 (2-0-1-7)

・13番 (0-2-0-7)

・14番 (1-1-0-5)

・15番 (0-0-2-4)

・16番 (0-1-0-4)

・17番 (0-0-0-1)

・18番 (0-0-0-0)

って感じ。


13番以降で馬券に絡んだのは、

2015年1着 14 ココロノアイ 当日5番人気

2015年3着 15 レッツゴードンキ 当日2番人気

2014年2着 13 ヌーヴォレコルト 当日4番人気

2013年2着 13 ウインプリメーラ 当日7番人気

2012年2着 14 エピセアローム 当日3番人気

2010年2着 16 アパパネ 当日1番人気

2008年3着 15 オディール 当日2番人気

って感じで、それなりに人気だった馬が多いです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ミリッサ (0-0-0-0)

これまでは京都芝1600mで2戦して複勝率100%

かなり強烈な末脚を持ってる様で、

これが阪神でも使えたらかなり強そう。


2 カワキタエンカ (0-0-1-0)

阪神では前走の千両賞で3着の経験あり。

牡馬相手の3着なので、かなり価値はありそう。

これまで2戦とも重馬場なのは気になります。


3 リスグラシュー (1-1-0-0)

前走阪神JF(GIでは2着で、全体でも連対率100%

キレが要求されても息の長さが要求されても大丈夫な感じで、

このメンバーなら期待して良さそうに思えます。


4 エントリーチケット (1-0-0-0)

阪神では芝1600mの新馬戦で勝利経験があり、

その後も順調で、今のところ連対率100%

脚質は気になるけど、可能性はありそう。


5 アロンザモナ (0-0-0-0)

これまで好走してるのは京都の2戦。

先行して粘るタイプの様なので、

瞬発力勝負になると辛そう。


6 ダノンディーヴァ (0-0-0-0)

これまでは京都と東京で好走していて、

差しが届けば好走してる感じ。

馬場状態がよくないとダメそうなのと、坂路も得意じゃなさそう。


7 ミスパンテール (0-0-0-0)

前走で札幌芝1500mの新馬戦を勝ったばかり。

これだけでは何とも言えないところだけど、

さすがに間隔が開きすぎですね。


8 ビップキャッツアイ (0-0-0-0)

これまで好走したのは京都ダート1400mの牝馬限定の新馬戦のみ。

芝の好走経験もないし、さすがにいきなり来ないでしょう。


9 レッドリボン (0-1-0-1)

一応芝で2着経験はありますが、初勝利は前走のダート

走れなくもないし、割と3Fタイムがいいのは気になりますが、

そこまで期待するのも危険に思えます。


10 ソウルスターリング (1-0-0-0)

前走阪神JF(GI1着で、これまで3戦3勝

前に出てる割には末脚もなかなかで、

埋もれる心配もなさそうなのもいいところ。


11 ワールドフォーラブ (0-0-0-0)

これまで好走したは京都芝1600mの牝馬限定の新馬戦のみ。

自分でペースを作れないとダメなのか、

前走では末脚の割に届いて居ません。


12 アンバーミニー (1-0-0-0)

阪神芝1800mの新馬戦で勝利経験はありますが、

その後は2戦連続10着以下と大敗

さすがに500万下勝利経験くらいは欲しいかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 ミリッサ

3 リスグラシュー

10 ソウルスターリング


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

10 ソウルスターリングをはじめ、

1 ミリッサ

3 リスグラシュー

4 エントリーチケット

5 アロンザモナ


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

3 リスグラシュー

10 ソウルスターリング


連対候補

1 ミリッサ

4 エントリーチケット


軽視

2 カワキタエンカ

6 ダノンディーヴァ

9 レッドリボン


と考えます。



多少広げてみたけど、

やっぱり

3 リスグラシュー

10 ソウルスターリング

2頭軸で良さそうに思えますね…。笑




3月5日(

中山11R 第54回 報知杯弥生賞(GII


☆mayuの競馬☆


弥生賞(GIIが行われる中山芝2000mは、

正面スタンド前、4コーナー付近からスタート。


スタート後の直線は長く、

枠による有利不利はそれほどなさそうですが、


弥生賞(GIIでは、

・1番 (1-0-0-9)

・2番 (0-2-3-5)

・3番 (1-2-2-5)

・4番 (2-1-3-4)

・5番 (1-1-1-7)

・6番 (1-0-0-9)

・7番 (0-0-1-9)

・8番 (1-1-0-8)

・9番 (0-0-0-10)

・10番 (2-1-0-7)

・11番 (1-1-0-7)

・12番 (0-0-0-7)

・13番 (0-1-0-4)

・14番 (0-0-0-3)

・15番 (0-0-0-2)

・16番 (0-0-0-1)

って感じで、外は不利な様子。


11番より外から連対した3頭は、

2016年1着 11 マカヒキ 当日1番人気

2014年3着 11 ワンアンドオンリー 当日4番人気

2008年2着 13 ブラックシェル 当日1番人気

やはり、ある程度人気になるような馬でないとダメみたい。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ベストアプローチ (0-0-0-0)

去年までは調子が良かったけど、

年明けのセントポーリア賞では6着。

何となく末脚の持続力に欠ける印象。


2 テーオーフォルテ (0-0-0-0)

前走で京都芝1800mの新馬戦を勝ったばかり。

稍重だったせいか京都でも3ハロンが速くなく、

これだけでは何とも言えないところ。


3 グローブシアター (0-0-1-0)

中山ではホープフルS(GII3着の実績あり。

これまでは安定して差して来れてるので期待出来そうだけど、

今回は乗り替わりなのがちょっと気になるかも?


4 ダンビュライト (0-0-0-0)

朝日杯FS(GIでは大敗しましたが、それ以外は3着内。

馬場が悪くても走れるのと、先行力が魅力ですが、

3Fタイムはあまり良くないので微妙なところ。


5 サトノマックス (0-0-0-0)

前走の東京芝1600mの新馬戦で勝ったばかり。

末脚はありそうだけど、距離的にも走れるか分からない感じ。


6 キャッスルクラウン (0-0-0-0)

これまでは地方のダートしか経験がなく、芝は初めて。

さすがに急に来たりはしないはず。


7 コマノインパルス (1-1-0-0)

中山では京成杯(GIII1着の経験があり、連対率100%

葉牡丹賞の2:01.2は今回のメンバーでは最速。

位置が後ろなのが少し気になるくらい。


8 スマートエレメンツ (0-0-0-0)

これまで好走したのは、東京ダート1600mの未勝利戦のみ。

芝での勝利経験もないし、距離的にも長いように思えます。


9 ダイワキャグニー (0-0-0-0)

東京芝1800mで2戦2勝。

前に出てる割には末脚は悪くないし、外枠でも問題無し。

意外と中山にも合ってるかもしれません。


10 マイスタイル (0-0-0-0)

これまでは、京都と阪神で走っています。

シンザン記念(GIII以外では3着内に来てるし悪くない感じ。

先行力はありそうだし、あとは中山適性がどうかってところ。


11 カデナ (0-0-0-0)

これまでは、阪神、東京、京都と走って連対率100%

キレも息の長さもあるようだし、

あとは位置取りにさえ気をつければ問題無さそう。


12 ディアシューター (0-0-0-2)

中山芝では2戦2敗で、ダートで好走しています。

重賞でも惜しいとこまで来てるけど、

本質的にはダートの馬なのかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

7 コマノインパルス

9 ダイワキャグニー

11 カデナ


ホースキングの無料情報 では、

3 グローブシアター

7 コマノインパルス

9 ダイワキャグニー

11 カデナ


ヘブンズドアの堕ちる人気馬 では、

3 グローブシアター

5 サトノマックス


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

3 グローブシアター

7 コマノインパルス

11 カデナ


連対候補

4 ダンビュライト

10 マイスタイル


軽視

5 サトノマックス

9 ダイワキャグニー

12 ディアシューター


と考えます。



こっちも多少相手を広げてみましたが、

軸が決められないとここまで買えなそう。


納得いくオッズになってくれるといいんだけど…。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ