アクセスランキング ブログパーツ

☆mayuの競馬☆

プロフィール

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

全記事表示リンク

カレンダー

タグ一覧

検索フォーム

QRコード

人気記事ランキング

アクセスランキング

中山記念、阪急杯、アーリントンCのコース適性!

2017/02/24(金)22:42

枠が出てるので昨日 の続き!↓



2月25日(土)

阪神11R 第26回 アーリントンカップ(GIII


☆mayuの競馬☆


アーリントンC(GIIIが行われる阪神芝1600mは、

2006年の馬場改修により向う正面半ばからスタートし、

外回りを使用するコースとなっています。


馬場改修により枠による有利不利は多少解消されましたが、

開幕週で馬場の内側が良く、内枠有利で前残りが多い。


アーリントンC(GIIIでは、

・1番 (1-0-0-9)

・2番 (1-1-2-6)

・3番 (0-3-3-4)

・4番 (0-1-0-8)

・5番 (0-1-0-9)

・6番 (2-1-0-7)

・7番 (1-0-0-9)

・8番 (1-1-0-7)

・9番 (0-0-1-9)

・10番 (1-0-0-9)

・11番 (0-0-2-6)

・12番 (2-1-0-5)

・13番 (1-0-1-5)

・14番 (0-1-0-2)

・15番 (0-0-1-2)

・16番 (0-0-0-2)

って感じ。


ただ、あんまり多頭数になる年は少なくて、

ちょっと参考にしづらいかも。


直線は長いですが、

よほど強烈な末脚がない限りは後ろからは厳しい感じです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 カロス (0-0-0-1)

阪神経験1回は1400mの未勝利戦の4着。

その後は1400mのダートで逃げて好走してるので、

末脚勝負になると厳しいのかなって印象。


2 ディバインコード (0-0-0-0)

阪神は初めてだけど、

福島、新潟、中山、東京と走って複勝率100%

関西遠征さえ大丈夫なら普通に強そうです。


3 キョウヘイ (0-1-0-1)

阪神では千両賞で2着の経験があります。

かなり後ろからでも届いていますが、

ここ2戦は重馬場だったので、それも関係してそうかも?


4 レヴァンテライオン (0-0-0-1)

阪神経験1回は前走の阪神JF(GI17着

函館芝1200mでは強かったんだけど、

それ以上だと距離的にキツいのかも。


5 ジョーストリクトリ (0-0-0-0)

これまで1400mで4戦して、中京と東京で1勝ずつ。

なんとなく末脚でどうにかする感じではないので、

キレを求められると厳しいかもしれません。


6 リンクスゼロ (0-1-1-1)

2歳の夏までは調子良かったんだけど、

ダートで走ってからは調子が悪く、3連敗。

逃げ馬として考えるならここも厳しそうかも?


7 ナンヨーマーズ (1-0-0-1)

阪神では未勝利戦で1勝。

千両賞では5着だったけど、

芝状況で良くなるかどうかですね。


8 ペルシアンナイト (0-0-0-0)

これまでは小倉、東京、中京、京都で走って複勝率100%

どこでも安定して位置取りしてるし、かなり期待出来そう。


9 ミラアイトーン (0-0-0-0)

小倉、中山、京都と走っていますが、

どちらかと言えば逃げ~先行で、直線短い方がいい印象。

本質的には向いてなさそうかも。


10 スーパーモリオン (0-0-0-0)

これまではダートで4戦して、成績は悪くないです。

芝経験がないのは引っかかるけど…。


11 ヴゼットジョリー (0-0-0-1)

阪神経験1回は前走の阪神JF(GIの5着。

それ以前はしっかり差せてるし、末脚も悪くないので、

位置が後ろ過ぎただけと思われます。


12 レッドアンシェル (0-0-0-1)

阪神経験1回は前走の阪神JF(GI8着

札幌、京都では好走してるし、

外回りにはあまり向いてない可能性があります。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 キョウヘイ

8 ペルシアンナイト

11 ヴゼットジョリー


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

8 ペルシアンナイトをはじめ

2 ディバインコード

3 キョウヘイ

9 ミラアイトーン

11 ヴゼットジョリー


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

2 ディバインコード

3 キョウヘイ

8 ペルシアンナイト


連対候補

7 ナンヨーマーズ

11 ヴゼットジョリー


軽視

5 ジョーストリクトリ

9 ミラアイトーン

10 スーパーモリオン

12 レッドアンシェル


と考えます。



なんだかんだいろいろ考えると絞り切れないです。

オッズでサラッと絞れてくれるといいんだけど…。




2月26日(

中山11R 第91回 中山記念(GII


☆mayuの競馬☆


中山記念(GIIが行われる中山芝1800m

正面スタンド前からスタートするコース。


1コーナーまでの距離は約200mと短く、

外枠はややロスがあり、厳しいです。


中山記念(GIIでは、

・1番 (0-1-0-9)

・2番 (2-0-2-6)

・3番 (2-1-0-7)

・4番 (2-0-1-7)

・5番 (0-2-2-6)

・6番 (0-0-1-9)

・7番 (1-1-0-8)

・8番 (0-0-0-10)

・9番 (2-2-1-5)

・10番 (0-2-1-7)

・11番 (0-0-1-8)

・12番 (0-0-1-5)

・13番 (0-0-0-5)

・14番 (0-0-0-5)

・15番 (1-0-0-4)

・16番 (0-1-0-2)

って感じで、


10番より外で馬券に絡んだのは、

2016年2着 10 アンビシャス 当日4番人気

2015年3着 11 ステファノス 当日4番人気

2013年1着 15 ナカヤマナイト 当日2番人気

2013年2着 10 ダイワファルコン 当日3番人気

2010年3着 10 ショウワモダン 当日5番人気

2008年2着 16 エイシンドーバー 当日7番人気

2007年3着 12 ダンスインザモア 当日5番人気

人気馬が中心で、例外エイシンドーバーくらい。


逆に、

2010年1着 3 トーセンクラウン 当日13番人気

2010年2着 5 テイエムアンコール 当日12番人気

と、穴馬が絡むとすれば内枠。


ただ、この年は不良馬場の影響もあったとは思うし、

この2頭以外の8番人気以下は2013年のしか絡んでないので、

外枠は人気馬もなにも無いのかも。

それに今年も頭数が多くないので、気にしなくても良さそうです。


内回りの4つのコーナーをまわるので、

ペースは落ち着きやすく逃げ先行が有利ですが、

先行争いが激化するようなら、逃げ馬は苦しくなるので注意。

中山記念(GIIでは、開幕週なので前残りが目立ちます。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ネオリアリズム (0-1-0-2)

中山で2着に来たのは3歳の頃の未勝利戦で、

その後は、中山金杯(GIII等で2敗。

前に出られれば残るかもだけど、可能性は高くないかも。


2 マイネルミラノ (4-1-0-6)

中山経験は豊富だけど、好走してるのは条件戦まで。

重賞では10着以下と大敗してるし、

今回もあまり期待できないと思います。


3 ヴィブロス (0-1-0-1)

中山ではフラワーC(GIIIで12着、紫苑S(GIIIで2着。

3歳以上だと牝馬としか走った事がないけど、

中山ならいけそうかもって気はしなくはないです。


4 リアルスティール (0-2-1-0)

2016年の中山記念(GII3着馬で、

皐月賞(GIの2着もあり、中山では複勝率100%

全体を通しても悪くない成績だし、かなり期待出来そうです。


5 サクラアンプルール (3-0-1-0)

重賞での実績はないですが、中山では複勝率100%

コース適性の面では期待できそうです。


6 ヒラボクディープ (1-0-0-4)

2015年の中山記念(GIIでは9着でした。

勝った1回は3歳の頃の水仙賞だし、

今となってはそこまで期待出来なそうです。


7 アンビシャス (0-1-0-0)

2016年の中山記念(GII2着馬

関東近辺のなら大崩れもないし、

好走経験があるので期待しないワケにはいきません。


8 ツクバアズマオー (5-2-2-4)

中山では、前走中山金杯(GIII1着の他、

産経賞オールカマー(GIIでも3着の実績があります。

中山適性はかなり高いと言えそうです。


9 ロゴタイプ (3-3-1-2)

2016年の中山記念(GIIでは7着でしたが、

2015年の2着馬で、2014年も3着でした。

多少衰えた感はありますが、中山適性って意味なら期待できそう。


10 ヌーヴォレコルト (1-1-0-0)

2015年の中山記念(GII1着馬で、

他にも産経賞オールカマー(GII2着の実績があります。

中山では連対率100%だし、

過去の好走馬なので入れないワケにはいかないです。


11 クリールカイザー (5-3-1-9)

中山経験はかなり豊富で、

AJCC(GII1着、ステイヤーズS(GII3着などの実績あり。

ただ、2015年3月から8連敗中で、

今このメンバー相手となるとキツいかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

4 リアルスティール

7 アンビシャス

8 ツクバアズマオー


ヘブンズドアの無料情報 では、

5 サクラアンプルール

10 ヌーヴォレコルト 


ホースキングの無料情報 では、

3 ヴィブロス

4 リアルスティール

7 アンビシャス

10 ヌーヴォレコルト


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

4 リアルスティール

7 アンビシャス

10 ヌーヴォレコルト


連対候補

3 ヴィブロス

8 ツクバアズマオー

9 ロゴタイプ


と考えます。



この6頭が居れば問題無さそうには思うんだけど、

やら中心馬をとても決めづらいです…。




2月26日(

阪神11R 第61回 阪急杯(GIII


☆mayuの競馬☆


阪急杯(GIIIが行われる阪神芝1400mは、

内回りを使用し、2コーナー付近からスタートするコース。

先行争いは激しくなりやすく、ハイペースになることが多いです。


内回りのため、基本的には逃げ先行が有利ですが、

オープンクラスでは差し追込みの台頭も目立っています。


枠は、多頭数になれば外枠はコースロスがあるのでやや不利。


阪急杯(GIIIでは、

・1番 (2-0-0-8)

・2番 (1-3-1-5)

・3番 (2-0-3-5)

・4番 (1-2-1-6)

・5番 (1-1-0-8)

・6番 (0-1-3-6)

・7番 (0-0-1-9)

・8番 (0-0-0-10)

・9番 (0-0-0-10)

・10番(0-0-0-10)

・11番(1-1-0-8)

・12番(0-0-0-10)

・13番(2-1-0-7)

・14番(0-0-0-10)

・15番(1-0-0-9)

・16番(0-0-1-9)

・17番(0-0-0-1)

・18番(0-0-0-1)

って感じ。


12番以降で3着内に入ったのは、

2016年1着 13 ミッキーアイル 当日1番人気

2015年1着 13 ダイワマッジョーレ 当日2番人気

2012年3着 16 サンカルロ 当日1番人気

2011年1着 15 サンカルロ 当日4番人気

2009年2着 13 ローレルゲレイロ 当日3番人気

2006年2着 13 コスモシンドラー 当日3番人気

と、いずれも人気になっていた馬ばかり。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 カオスモス (2-1-0-1)

阪神で好走してたのは2013年のアーリントンC(GIIIまでで、

それ以降は2戦して両方とも10着以下

今ではどちらかと言えば東京とかの方がいいみたい?


2 トーキングドラム (0-0-0-0)

阪神は今回が初めて。

中京で好走がある辺り阪神でも走れそうだけど、

末脚のキレはそこまででもない感じ。


3 ブラヴィッシモ (2-2-2-1)

2016年の阪急杯(GIII3着馬

阪神成績はかなりいいし、また絡みそうに思えます。


4 ヒルノデイバロー (0-0-0-2)

2016年の阪急杯(GIIIでは8着で、

阪神の芝コースでは2戦2敗

そもそもダートでしか好走してないし、

そのまでの期待はできないかも。


5 ロサギガンティア (1-0-0-3)

阪神の成績はあまり良くないですが、

2015年の阪神カップ(GIIで1着の実績があります。

掲示板までに来てる事は多いし、一応入れときたいです。


6 ムーンクレスト (0-3-2-3)

阪神では勝利経験がありませんが、

長めの距離を除けばけっこう安定した成績だったりします。

可能性がないとは言い切れないかも…?


7 シュウジ (1-0-0-1)

前走の阪神カップ(GII1着の実績があり、

4着以下の1回は朝日杯FS(GI

このくらいのレースなら3着内には来そうに思えます。


8 ミッキーラブソング (2-2-0-5)

2016年の阪急杯(GIIIでは4着。

阪神成績はそこまでいいワケでもないし、

減点要素があっても買う程ではないかも。


9 メドウラーク (1-2-0-3)

阪神で好走してたのは1000万下までで、

今はそれほど惜しくない感じで11連敗中

さすがに重賞で急に来たりはないと思います。


10 テイエムタイホー (5-0-1-5)

元々は短距離で走ってた馬ですが、

2015年頃から距離を伸ばし始めて、一応1600mまでは好走あり。

ただ、ここ7戦の負けっぷりを考えると厳しそう。


11 ダイシンサンダー (0-0-2-2)

阪神ではOP戦までで3着まで。

マイル前後の距離がベストっぽいけど、

この中では優先的に買う感じではないでしょう。


12 ナガラオリオン (0-0-0-0)

これまでずっとダートで走ってきて、芝初挑戦。

前走人気のデータもアテにならなそうだけど、

普通に芝の出走経験くらいはあって欲しいところ。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

4 ヒルノデイバロー

5 ロサギガンティア

7 シュウジ


ホースキングの無料情報 では、

5 ロサギガンティア

7 シュウジ


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

7 シュウジ


連対候補

3 ブラヴィッシモ

5 ロサギガンティア


軽視

1 カオスモス

4 ヒルノデイバロー

6 ムーンクレスト

11 ダイシンサンダー


と考えます。



なんかけっこう方向性が定まってきた感じ。


オッズ関係のデータでもけっこう絞れそうだけど、

これ以上絞って大丈夫か不安かもですね。



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

フェブラリーステークスと小倉大賞典のコース適性!

2017/02/19(日)09:51

日曜日の予想の続き!


土曜日の結果 の後すぐ書こうと思ってたら

下記ながら寝てしまいました。笑



木曜日 から何も進んでいないので、

コース適性から考えていきます。



2月19日(

東京11R 第34回 フェブラリーステークス(GI


☆mayuの競馬☆


フェブラリーステークス(GIが行われる東京ダート1600mは、

2コーナー奥からスタートし、スタート直後は芝のコースを使用します。


内枠はダッシュが利かないと位置取りが悪くなり、

直線で包まれる可能性も高くなります。


芝コースを長く走れる外枠は有利ですが、

データとしては中枠>外枠>内枠と言った感じで、

ロスが比較的少なく、不利も少ない中枠が良い成績です。


ちなみに不利と言われる内枠からだと、

2016年3着 4 アスカノロマン 7番人気

2015年1着 4 コパノリッキー 1番人気

2013年1着 2 グレープブランデー 3番人気

2012年2着 3 シルクフォーチュン 4番人気

2010年1着 4 エスポワールシチー 1番人気

2010年2着 3 テスタマッタ 5番人気

2009年3着 2 カネヒキリ 1番人気

と、人気馬ばかり。


脚質は、ダートなので逃げ先行が良いデータです。

ただし、オープンクラスでは差し馬の台頭も多くなります。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 サウンドトゥルー (4-3-5-6)

東京で走ってたのは2015年までですが、かなり経験豊富。

地方重賞ではかなり大活躍してるし、

実力の面でも引けを取らないと思います。


2 ホワイトフーガ (1-0-0-1)

2016年のフェブラリーS(GI10着馬

牝馬重賞な強いんだけど、牡馬相手では厳しいのかも。


3 ゴールドドリーム (2-1-0-0)

武蔵野S(GIII2着、ユニコーンS(GIII1着があり、

東京では3戦して連対率100%

前走の負けは気にしない方が良さそうかも。


4 コパノリッキー (3-0-1-2)

2014年、2015年のフェブラリーS(GI1着馬ですが、

2016年は7着でした。

だんだん地方でしか活躍できなくなって来てる印象で、

もう7歳だし、多少衰えてきてるのかも。


5 アスカノロマン (0-0-1-0)

2016年のフェブラリーS(GI3着馬

東京経験はこれしか無いですが、

それ以降でもチャンピオンズC(GIで3着に来てたり、

けっこう実績面でも充実してきています。


6 モーニン (4-0-1-1)

2016年のフェブラリーS(GI1着馬で、

東京では他にも根岸S(GIIIなどで実績があります。

前々走武蔵野S(GIIIでは7着でしたが、

まだまだ普通に期待できそうに思います。


7 ブライトライン (2-0-0-5)

2014年のフェブラリーS(GIでは5着でした。

東京で好走がないワケではないけど、4着以下の方が多く、

本質的にはそこまで向いてなさそうに思えます。


8 デニムアンドルビー (0-0-0-0)

芝重賞で実績もある言わずと知れた名牝ですが、

なぜかここでいきなりダートGIに挑戦。

普通なら無理だと思うんだけど…。


9 ベストウォーリア (3-2-2-2)

2014年のフェブラリーS(GIでは13着でしたが、

2015年は3着、2016年も4着まで来ています。

全体的にもかなりいい成績だし、十分可能性はあると思います。


10 カフジテイク (3-0-1-0)

東京では根岸S(GIII1着、

武蔵野S(GIII3着があり、複勝率100%

コース適性も実績も十分ですね。


11 ノンコノユメ (4-1-1-0)

2016年のフェブラリーS(GI2着馬で、

他にも武蔵野S(GIII1着などがあり、複勝率100%

他のコースでも最低でも掲示番付近までは来てるし、

かなり期待出来そう思います。


12 ニシケンモノノフ (0-1-0-4)

東京では、グリーンCCで2着が1回ありますが、

4着以下の方が多く、あまりいい成績ではありません。

なんとなく、1400mまでが丁度いいのかも。


13 エイシンバッケン (1-1-2-0)

東京では根岸S(GIII3着を含め、

1400mで走って複勝率100%

1600m走れるかはちょっと不安だけど、東京適性は高そう。


14 キングズガード (0-1-1-3)

数字だけ見ると東京成績は良くないけど、

武蔵野S(GIII根岸S(GIIIで4着まで来ています。

長めの距離まで走れるみたいだし、可能性はあるのかも。


15 ケイティブレイブ (0-0-1-1)

東京では、プラタナス賞で3着、ヒヤシンスSで4着。

東京経験は少ないけど、全体的にかなりいい成績で、

急にここで来たとしてもそこまで不思議ではないのかも。


16 インカンテーション (0-1-0-1)

2015年のフェブラリーS(GI2着馬

2016年からはあまりいい成績ではないけど、

ここでなら復活も有り得るかも?


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 サウンドトゥルー

6 モーニン

10 カフジテイク


ヘブンズドアの無料情報 では、

11 ノンコノユメ

13 エイシンバッケン

15 ケイティブレイブ


ホースキングの無料情報 では、

1 サウンドトゥルー

9 ベストウォーリア

10 カフジテイク


について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


良さそう

9 ベストウォーリア

10 カフジテイク

11 ノンコノユメ


連対候補

1 サウンドトゥルー

3 ゴールドドリーム

13 エイシンバッケン


軽視

4 コパノリッキー

5 アスカノロマン

6 モーニン

15 ケイティブレイブ

16 インカンテーション


と考えます。



あとはオッズを当てはめつつ絞っていきたいです!




2月19日(

小倉11R 第51回 小倉大賞典(GIII


☆mayuの競馬☆


小倉大賞典(GIIIが行われる小倉芝1800mは、

正面スタンド前の4コーナー寄りの辺りからスタートするコース。


1コーナーまでは270m程と短く、

比較的先行争いは激しくなりやすいですが、

芝状態が良いときは

ロスなく回れる内枠の逃げ先行には注意が必要。


小倉大賞典(GIIIでは外枠でも好走馬が出ていて、

やはり展開次第な感じはします。


直線は短いので、極端な追い込みは厳しく、

差しでも早めに上がっていける馬が良さそうです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 レッドソロモン (1-0-0-1)

小倉では3歳の未勝利戦で勝利経験あり。

前に出られればそこそこ安定した成績だし、

案外悪くないかもしれません。


2 ストロングタイタン (3-0-0-0)

小倉では1000万下までで3戦3勝

先行したり差したりできるみたいだし、

様々な展開に対応できそうなのは魅力です。


3 ダノンメジャー (1-0-0-0)

小倉は新馬戦で勝って以来。

逃げが通用すれば強いみたいだけど、

これだけ先行馬が多いと苦しい展開になりそうな気もします。


4 コスモソーンパーク (1-2-0-1)

2015年の小倉大賞典(GIII2着馬だけど、2016年は8着

2016年は外枠だったので、内枠に入った今回はいけるかも?


5 クランモンタナ (1-0-0-1)

2016年の小倉記念(GIIIで勝利経験があり、

4着以下の1回も、2015年の小倉記念(GIIIの4着。

他と比べると小倉は得意な方みたいだし、

急に来る可能性もなくはなさそう。


6 マイネルハニー (0-0-0-0)

これまでは阪神、中山、東京で好走があり、

かなり高い確率で前にでる逃げ~先行馬。

普通に絡む可能性はありそうですね。


7 マルターズアポジー (0-0-0-0)

これまでは、福島、中山、東京などで好走経験があり、

どこでも大体先頭に出る逃げ馬。

内の馬と競り合う事になると不利になりそうですが、

スムーズに逃げられれば強そう。


8 ベルーフ (0-2-0-1)

2016年の小倉大賞典(GIIIの6着馬で、

2015年と2016年の小倉記念(GIIIで2着に来ています。

かなり後ろから追い込んで来る馬なので、

展開に左右される部分はありそうだけど、末脚は強力。


9 パドルウィール (0-1-0-0)

小倉では、2000mの500万下で2着経験があります。

最近は先行して好走してるけど、差しが届いてる時もあるし、

走ってみないと何とも言えない感じ。


10 ケイティープライド (1-1-0-2)

2016年の小倉大賞典(GIIIの4着馬で、

小倉では1000万下までは好走していました。

最近はあまり前に出ないのと、息の長さで勝負してる感じなので、

今回はあまり期待できないかもしれません。


11 クラリティスカイ (0-0-0-0)

中山、東京などで好走してる馬で、

最近は先行してないとダメな感じもあります。

この位置からだと前に出るのも厳しそうに思えます。


12 フルーキー (1-0-0-0)

東京、新潟、阪神などで、キレのある末脚で差して来るタイプの馬。

小倉でも2013年のタイランドCで勝利経験あり。

今回は逃げ~先行馬が多いので、展開が向く可能性は大いにありそう。


13 スピリッツミノル (0-0-0-0)

これまでは京都、阪神、中京で好走がありますが、

最近は長めの距離にも出走していて、適性がよく分からない感じ。

どちらかと言えば粘って来るパターンに思えるので、

そこまで期待できなそうに思えます。


14 ヒストリカル (0-0-0-0)

東京、阪神などで好走がある馬で、キレのある末脚を持っています。

かなり後ろから追い込んで来る馬なので、届かない心配もありますが、

展開が向いたら追い込みが届く可能性もありそうです。


15 ダコール (2-3-1-3)

2016年の小倉大賞典(GIII2着馬で、

2015年と2013年も3着でした。

ただし、その3回とも内枠で、内に入れない時は微妙な成績。

この位置からでは厳しそうに思えます。


16 ロードヴァンドール (0-0-0-0)

京都、阪神で好走してる逃げ馬。

今回は内に逃げ先行馬が多い状況だし、

この位置から前に出たとしても競り負けそうです。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

8 ベルーフ

9 パドルウィール

11 クラリティスカイ

について書かれていました。



ってコトで木曜日のデータ と合わせて、


連対候補

1 レッドソロモン

2 ストロングタイタン

3 ダノンメジャー

8 ベルーフ

12 フルーキー

14 ヒストリカル


軽視

4 コスモソーンパーク

5 クランモンタナ

6 マイネルハニー

7 マルターズアポジー

9 パドルウィール


と考えます。



こっちはもう

・単勝50.0倍以上 (0-0-0-33)

・4歳馬で当日6番人気以下 (0-0-0-15)

・前走1600万下で当日8番人気以下 (0-0-0-7)

で絞れてくれないと全然決められない…。笑



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンドS、京都牝馬Sのコース適性!

2017/02/17(金)23:12

4重賞見きれなかったので、

先に土曜日の分を書いていきます!



2月18日(土)

東京11R 第67回 ダイヤモンドステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


東京芝3400mダイヤモンドS(GIIIでしか使われないコース。

向う正面の3コーナー付近からスタートし、コースを1周半します。


スタート後、すぐにコーナーを迎えますが、

長距離なのでそれほど気にする必要はなさそうです。


脚質別では差し馬の活躍が目立っていますが、

極端な追い込みは勝ちきれません。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ファタモルガーナ (1-1-2-3)

2016年のダイヤモンドS(GIII3着馬。2015年は2着

他にも目黒記念(GIIで3着の経験もあり、

東京の長距離戦はかなり得意な様子。


2 ムスカテール (3-1-0-5)

東京経験はけっこうあって、

目黒記念(GIIで勝ってたり、実績もあります。

ただ、最近は3着内から遠ざかってて、今となっては厳しい感じ。


3 トーセンレーヴ (3-0-2-4)

東京経験はそこそこありますが、

なんとなく1600~2000mの印象が強いです。


4 ラブラドライト (0-0-1-3)

東京では2013年にダビスタSで3着に来てますが、それ以外で3敗。

2014年のダイヤモンドS(GIIIでは4着まで来てるけど、

あまり期待しすぎない方が良さそうかも。


5 キングルアウ (0-0-0-0)

前走までほとんどダートで、芝の勝利経験も無し。

さすがにこれでは厳しいかも。


6 ジャングルクルーズ (2-4-1-7)

東京経験はかなり豊富で、1000万下までなら好走経験あり。

長めの距離の方が良さそうではあるし、

可能性なくはないのかもしれません。


7 フェイムゲーム (3-1-0-3)

2016年のダイヤモンドS(GIII2着馬で、

2015年、2014年は連勝しています。

3000m以上の長距離なら十分有り得そう…。


8 カフジプリンス (1-0-0-0)

唯一の東京経験は新緑賞の1着。

重賞3着内は無いけど、掲示板までには来れてるし、

可能性はありそうです。


9 フェスティヴイェル (1-3-1-6)

東京経験は豊富だけど1000万下までで、

全体的にあまりいい成績ではありません。

そこまで優先して買う感じではないです。


10 サムソンズプライド (3-3-4-7)

東京経験はかなり豊富で、

1600万下まではけっこう安定しています。

距離が伸びて良くなる可能性もありそう。


11 プレストウィック (1-1-0-2)

東京経験はあるけどそこまで数は多くなく、

どちらかと言えば直線の短いコースの方が得意そうな印象。

あまり強そうではないかも…。


12 アルバート (3-1-2-3)

東京経験は豊富で、

長めの距離ならアルゼンチン共和国杯(GIIの2着もあります。

前走人気の無さは大目に見ても良さそう。


13 サイモントルナーレ (0-0-0-12)

東京では12戦12敗で、

過去3回のダイヤモンドS(GIIIでは7~9着

さすがに急に来たりはしないでしょう。


14 プロレタリアト (0-0-2-2)

東京で走ってたのは500万下までで、

3着に来た2回は未勝利

その後は長距離に挑んでるけど、

あまり長い直線は得意じゃなさそう。


15 トウシンモンステラ (0-0-0-4)

東京では4戦4敗

距離としても長すぎるよりは2200くらいがベストな印象。


って感じ



一撃帝王の注目ホース では、

1 ファタモルガーナ

4 ラブラドライト

12 アルバート


ホースキングの無料情報 では、

7 フェイムゲーム

12 アルバート


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

1 ファタモルガーナ

8 カフジプリンス


連対候補

11 プレストウィック

12 アルバート


軽視

4 ラブラドライト

6 ジャングルクルーズ

7 フェイムゲーム


と考えます。



けっこう方向性はまとまったし、

あとはオッズを見て回収できるかどうかくらいかな?




2月18日(土)

京都11R 第52回 京都牝馬ステークス(GIII


☆mayuの競馬☆


京都牝馬S(GIIIが行われる京都芝1400mは、

2コーナー出口付近からスタートする外回りコース。


3コーナーまでの直線距離は長いので、

枠による有利不利はそれほど無さそうですが、

外枠はやや不利があるようです。


脚質は外回りで直線が長く、

内回りコースとの合流点で内が開くこともあるので、

前が詰まることもあまりないです。


後ろからの競馬でも十分届きますが、

馬場状態が良ければ前が止まらないことも。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 トータルヒート (1-0-0-4)

最近は芝で走ってるけど、元々はダートで走ってた馬。

芝でも好走経験はあるけど、あまり安定はしないし、

重賞で好走しそうには見えないかも。


2 アットザシーサイド (2-0-0-0)

京都ではデビューからの2戦で2勝

どうも距離は短い方が合ってそうではあるし、

コース的にもかなり向いてそうです。


3 ベルルミエール (3-0-0-5)

2016年の京都牝馬S(GIII6着馬で、2015年は10着

京都での好走経験もあるにはあるけど、

重賞になってくるとやや厳しい感じ。


4 アルビアーノ (1-0-0-2)

京都では、スワンS(GIIで勝利経験あり。

同コースの牡馬相手の重賞勝利経験はかなりのプラス要素。

普通に期待出来そうです。


5 エテルナミノル (2-1-0-0)

京都では1000万下までで連対率100%

1400m以下の経験はないので、

短距離になっても対応出来るかが気になるところ。


6 スナッチマインド (3-4-0-3)

2016年の京都牝馬S(GIIIの4着馬で、

これまでのキャリアのほとんどが京都で、その大半は1400m。

今年こそは3着内に来ても不思議ではないかも?


7 ダンツキャンサー (2-1-0-6)

2016年の京都牝馬S(GIII9着馬

確かに京都で好走しては居るけど、

そもそも好走してるのが稀で、あまり期待はできなそう。


8 ムーンエクスプレス (2-0-0-7)

京都では芝1400mで2勝していますが、それ以外で7敗

走るなら短距離なんだろうけど、そこまで強そうではないです。


9 ペイシャフェリス (0-0-0-4)

京都では4戦4敗で、掲示板にも届いていません。

脚質的にもせめて内回りの方が良さそう。


10 レッツゴードンキ (0-0-0-2)

京都では秋華賞(GIマイルCS(GI2戦2敗

まぁ両方GIなので、そこまで気にしなくて良さそうなのと、

最近短距離で好走してるのもあって、1400mならって気もします。


11 トウカイセンス (3-1-0-6)

京都経験はかなり豊富で、好走してるのはだいたい1200m。

最近は1400m以上でほとんど走って無いし、

あんまり良さそうではないです。


12 エスティタート (0-0-0-1)

京都経験は、前走石清水S5着のみ。

これだけでは判断できないと思うけど、

8 ムーンエクスプレスの方を優先してしまいますね。


13 ナックビーナス (1-0-0-1)

京都では、1200mで2戦して1勝。

何となくキレで勝負するタイプじゃなさそうだけど、

ここ最近OP戦で活躍してるので、気になるところ。


14 ウリウリ (4-2-0-6)

2014年の京都牝馬S(GIII1着馬ですが、

2015年、2016年は5着でした。

2015年の10月から馬券に絡んで無いし、

衰えてきてる部分があるのかも。


15 ワンスインナムーン (0-0-0-0)

京都は今回が初めて。

これまで好走してるのは東京、中山などで、

何となく京都に向いてるタイプには見えないかも。


16 ラインハート (1-0-0-6)

京都では1000万下で1勝していますが、それ以外で6敗

ここ4戦の負けっぷりを考えても急に来そうではないです。


17 フィドゥーシア (0-1-1-2)

ダートと芝を行ったり来たりしてる感じで、

どちらかと言えば1200mの方が向いてそうな感じ。

来るかもしれないけど、そこまで優先する感じではないかも。


18 ウインファビラス (0-0-0-1)

京都経験は秋華賞(GI12着のみ。

短距離の経験もないし、なんとも言えないところですね…。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

4 アルビアーノ

6 スナッチマインド

10 レッツゴードンキ


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

4 アルビアーノをはじめ、

6 スナッチマインド

10 レッツゴードンキ

13 ナックビーナス


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

2 アットザシーサイド

4 アルビアーノ


連対候補

5 エテルナミノル

6 スナッチマインド


軽視

10 レッツゴードンキ

13 ナックビーナス

17 フィドゥーシア

18 ウインファビラス


と考えます。



けっこうまとまって来たけどそこまで自信はないので、


・1番人気 (4-3-1-2)

・2番人気 (3-1-1-5)

ってところに注目して、

オッズを見て組み直すかも。笑



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都記念、共同通信杯、クイーンカップのコース適性!

2017/02/10(金)21:38

枠が出てるので、昨日 の続き!↓



2月11日(土)

東京11R 第52回 デイリー杯クイーンカップ(GIII


☆mayuの競馬☆


クイーンカップ(GIIIが行われる東京芝1600mは、

向正面の右端からスタートし向正面の直線を目一杯使用。

最後の直線も長く、直線主体のコースです。


紛れが少なく、実力を発揮しやすいコース。

スタミナも要求されるので、中距離での実績がある馬が良く好走します。


枠による有利不利はほとんど無いと見て良いコースですが、

それでも外枠では、勝率、複勝率ともやや落ちます。


クイーンカップ(GIIIでは、

・1番 (0-0-1-9)

・2番 (0-2-1-7)

・3番 (0-0-2-8)

・4番 (0-2-0-8)

・5番 (0-0-1-8)

・6番 (4-0-0-6)

・7番 (0-0-0-10)

・8番 (0-0-0-10)

・9番 (3-1-0-6)

・10番 (0-1-2-7)

・11番 (1-0-1-8)

・12番 (0-1-1-8)

・13番 (0-1-0-9)

・14番 (1-1-2-6)

・15番 (1-1-0-8)

・16番 (0-0-0-9)

って感じで、

1~3番と、大外16番の成績が悪い様子。


脚質では、逃げ馬でも残れますがマイルとしてはタフなコースのため、

オープンクラスになると逃げ切りは厳しくなり、

先行~差しが中心で追込みも届きます。


一瞬の切れよりも、持続タイプが好走しています。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 トーホウアイレス (0-0-0-1)

前走のアルテミスS(GIII12着が唯一の東京経験。

新潟、中山が走れてるので可能性はなくはなさそうだけど、

そこまで優先して買う感じでもないと思います。


2 アルミューテン (0-0-0-1)

東京では3走前のアイビーSで7着。

逃げて粘らないとダメっぽいので、

あまり東京には向いてなさそう。


3 ハナレイムーン (1-0-0-0)

前走で東京芝1600mの新馬戦を勝ったばかり。

3ハロン33.7秒、0.5秒差と内容は悪くなさそうに思えます。


4 コマノレジーナ (0-0-0-0)

前走で中山芝1600mの新馬戦を勝ったばかり。

かなり後ろから追い込んでいますが、3ハロンは35.0。

なんとなんく展開の助けが必要に感じます。


5 サクセスライン (0-0-0-0)

これまでダートで2戦して、芝の経験も無し。

距離的にも1400m以上で走れるのは分かりません。


6 フローレスマジック (1-1-0-0)

東京では前走アルテミスS(GIII2着の他、

前々走の未勝利戦で勝利経験もあります。

末脚の息の長さもキレもあるみたいだし、東京はかなり得意なハズ。


7 ディヴァインハイツ (0-0-0-0)

前走阪神芝1600mの新馬戦を勝ったばかり。

そこそこ先行して勝っていて、これだけでは何とも言えないところ。


8 レーヌミノル (0-1-0-0)

東京では、京王杯2歳S(GIIで2着の経験があります。

かなり先行してるのは気になるものの、

距離も1600mまでなら問題無さそうだし、候補には入りそう。


9 ヴィーナスアロー (0-0-0-0)

これまで金沢でしか走って無いので、芝は今回が初めて。

これで急に来るとは思えないです。


10 スズカグラーテ (0-0-0-0)

これまでは新潟、中山、福島のダート1200m以下で走ってます。

芝も今回が初めてだし、距離的にも厳しそうです。


11 アエロリット (1-0-0-0)

東京では、芝1400mの新馬戦で勝利経験があります。

その後は中山芝1600mの500万下重賞でも安定してるし、

東京のマイル戦でも十分走れそうに思えます。


12 モリトシラユリ (0-2-0-1)

東京では芝1600と1800mの未勝利戦で2着経験あり。

その後フェアリーS(GIIIで3着まで来てるし、

前に出ても追い込んでも結果を出してるあたりは評価できそう。


13 スズカゼ (0-0-0-3)

東京では赤松賞京王杯2歳S(GIIなどで3戦3敗

好走してるのが中山、福島なので、

長い直線は苦手と考えていいのかもしれません。


14 セイウンキラビヤカ (0-0-0-0)

前走で中山芝1600mの新馬戦を勝ったばかり。

前に出て粘って勝ってるので、同じ様には行かないだろうし、

そこまでの期待はできなそうです。


15 アドマイヤミヤビ (1-0-0-0)

前走で東京芝2000mの百日草特別を勝利。

かなり後ろからでも届く末脚を持っていて、

ここでも十分通用しそうに思えます。


16 パフォーム (0-0-0-2)

東京ではアルテミスS(GIII15着赤松賞6着

ある程度先行して粘らないとダメな様なので、

この位置からだとこれまで以上に厳しそう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

6 フローレスマジック

8 レーヌミノル

15 アドマイヤミヤビ


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

6 フローレスマジックをはじめ

8 レーヌミノル

11 アエロリット

15 アドマイヤミヤビ


ホースキングの注目馬速報 では、

11 アエロリット


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

6 フローレスマジック

8 レーヌミノル

11 アエロリット

12 モリトシラユリ


連対候補

3 ハナレイムーン

15 アドマイヤミヤビ


軽視

1 トーホウアイレス

4 コマノレジーナ

7 ディヴァインハイツ


と考えます。



多少は絞れたけど、まだまだ足りないです。

いっそのコト軽視の3頭は切っちゃおうかな…。




2月12日(

東京11R 第51回 共同通信杯(GIII


☆mayuの競馬☆


共同通信杯(GIIIが行われる東京芝1800mは、

1~2コーナー中間のポケットからスタートするコース。


スタート後すぐに2コーナーを迎えるため、

内枠先行馬が断然有利なコース形態となっています。


多頭数になった場合、

外枠に入った馬はロスがあるので気をつけておきたいところ。


共同通信杯(GIIIでは、

・1番 (1-1-0-8)

・2番 (1-2-0-7)

・3番 (2-2-0-6)

・4番 (1-0-1-8)

・5番 (1-1-3-5)

・6番 (1-1-1-7)

・7番 (1-1-1-7)

・8番 (1-1-1-7)

・9番 (0-1-1-8)

・10番 (0-0-1-8)

・11番 (1-0-0-6)

・12番 (0-0-0-6)

・13番 (0-0-1-4)

・14番 (0-0-0-3)

・15番 (0-0-0-2)

・16番 (0-0-0-1)

って感じで9番からガクっと好走馬が減っています。


9番より外から好走したのは

2016年2着 9 イモータル 当日5番人気

2015年3着 10 アンビシャス 当日4番人気

2011年3着 13 ディープサウンド 当日5番人気

2009年3着 9 トップカミング 当日9番人気

2008年1着 11 ショウナンアルバ 当日6番人気

の5頭。


あまり共通点はありませんが、

・重賞、OP戦の3着内経験か500万下勝利経験あり

・500万下、新馬、未勝利で3着以下が無い

・東京で好走してるか、東京経験なし

・1600m以上の3着内経験あり

って感じでしょうか?


最初のコーナーだけ有利不利がありますが、

あとは広く直線の長いコースなので紛れはあまりありません。

能力を発揮しやすいコースですね。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 スワーヴリチャード (0-1-0-0)

東京では東スポ杯2歳S(GIIIで2着の実績あり。

埋まりさえしなければさらにいい結果になりそう。


2 ディアシューター (0-0-0-0)

デビューから新潟と中山で走っています。

未勝利を勝ち上がった後はあまりパッとしない成績なので、

このメンバー相手では厳しそうに思えます。


3 タイセイスターリー (0-0-0-0)

これまで京都の1400から1600mでしか走っていません。

重賞でも通用する器ではありそうだけど、

東京適性に関しては何とも言えないところ。


4 ムーヴザワールド (0-0-1-0)

東京では東スポ杯2歳S(GIIIで3着の実績あり。

タイム差無しの3着だし、巻き返しもまだまだ可能なハズ。


5 エアウィンザー (0-0-0-0)

これまでは阪神と京都の1800~2000mを走って連対率100%

500万下までは危なげなく走ってるし、

重賞組に届くくらいの実力はありそうに思えます。


6 エテレインミノル (0-0-0-0)

これまでで好走してるのは新潟の未勝利戦の2戦。

その後京都でダメだった辺り長い直線が必要なタイプっぽいし、

東京なら…って可能性もなくはないのかも知れません。


7 ビルズトレジャー (1-1-0-0)

東京では芝1400mの新馬戦500万下連対率100%

距離延長になるのは気になるけど、一応東京は得意な方なのかも。


8 エトルディーニュ (0-2-1-0)

東京ではアイビーSベゴニア賞セントポーリア賞と、

500万下で3戦して複勝率100%

以外と悪く無いかも…?


9 チャロネグロ (0-0-0-0)

デビューから中山で2戦して前走で未勝利を勝ちあがり。

東京経験も無いし、ここでは買えないです。


10 アサギリジョー (1-1-0-0)

東京では新馬戦未勝利戦連対率100%

本質的にはスムーズに先行出来てた方が良さそうに見えるし、

この外枠はあまり良くなさそうに思えます。


11 サイバーエレキング (0-0-0-0)

これまでは地方で走っていたので、芝で走るのも初めて。

これで大外ではさすがに無理でしょう。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

1 スワーヴリチャード

4 ムーヴザワールド

5 エアウィンザー


ホースキングの穴馬厳選情報 では、

10 アサギリジョー


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

1 スワーヴリチャード

4 ムーヴザワールド


連対候補

3 タイセイスターリー

10 アサギリジョー


軽視

5 エアウィンザー

7 ビルズトレジャー


と考えます。


多少データからの例外がでそうな雰囲気はあるけど、

頭数が頭数なのでそんな事も言ってられない様な…。




2月12日(

京都11R 第110回 京都記念(GII


☆mayuの競馬☆


京都記念(GIIが行われる京都芝2200m(外)は、

正面スタンド前からスタート、外回りを使用するコースです。


1コーナーまでの距離は約397mと長いため、

枠による有利不利はそれほどないコースですね。


4コーナーまでに下りがある特殊なコースなので

京都外回りの実績を重視したいところ。


上がり勝負になることが多く、切れる脚のある差し馬が台頭しますが、

極端な追込みは届かないことが多いです。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 アクションスター (1-1-1-12)

京都経験は豊富だけど、馬券になってるのは条件戦まで。

2015年からは全然好走してないし、多分今回も来ないでしょう。


2 ヤマカツライデン (1-0-0-2)

京都では、白川特別で勝利経験あり。

ここ2戦のGIIでは負けてるけど、

メンバー的にここでなら可能性あるかもしれません。


3 マカヒキ (2-0-0-0)

2016年のダービー馬で、

京都でも新馬戦若駒S2戦2勝

遠征の後の休養明けでも3着内は問題無さそう。


4 スマートレイアー (0-1-0-2)

京都では秋華賞(GIで2着経験があり、

4着以下の2戦はどちらもエリザベス女王杯(GI

牡馬相手の好走経験があまり無いのは気になります。


5 ウインインスパイア (0-0-0-1)

京都経験は前走日経新春杯(GII11着のみ。

他に重賞実績もないし、さすがに厳しい様に思えます。


6 サトノクラウン (1-0-0-0)

2016年の京都記念(GII1着馬

京都経験はそれしかないけど、他にも重賞で実績はあるし、

普通にこの中でも引けをとらないと思います。


7 ショウナンバッハ (0-0-0-2)

2016年の京都記念(GIIでは14着でした。

その後も全く馬券に絡んで無いし、

ここで急に復活したりはないと思います。


8 アングライフェン (1-1-1-0)

京都では、芝2000mの条件戦複勝率100%

重賞実績はないけど、コース適性の面では推せそう?


9 ミッキーロケット (2-2-0-1)

京都では、前走の日経新春杯(GIIで1着があり、

4着以下の1回は菊花賞(GIの5着。

コース適性は間違いないと思います。


10 ガリバルディ (2-1-2-3)

京都経験は豊富で、京都新聞杯(GIIの3着経験もあり。

古馬になってからはあまりパッとしない成績だけど、

穴馬として絡めるなら面白い存在かもしれません。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 マカヒキ

6 サトノクラウン

9 ミッキーロケット


トリプルクラウンの重賞完全攻略 では、

9 ミッキーロケット


ヘブンズドアの堕ちる人気馬 では、

6 サトノクラウン


ホースキングの極馬厳選情報 では、

3 マカヒキ

9 ミッキーロケット


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

3 マカヒキ

6 サトノクラウン


連対候補

9 ミッキーロケット

10 ガリバルディ


軽視

2 ヤマカツライデン

8 アングライフェン


と考えます。



あとはオッズを見つつ、

回収出来る様に買う感じかな?



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京新聞杯ときさらぎ賞のコース適性!

2017/02/03(金)21:11

枠が出てるので、昨日 の続き!↓



2月5日(

東京11R 第67回 東京新聞杯(GIII


☆mayuの競馬☆


東京新聞杯(GIIIが行われる東京芝1600mは、

向正面の右端からスタートし向正面の直線を目一杯使用。

最後の直線も長く、直線主体のコースです。


紛れが少なく、実力を発揮しやすいコース。

スタミナも要求されるので、中距離での実績がある馬が良く好走します。


枠による有利不利はほとんど無いと見て良いコースですが、

それでも外枠では、勝率、複勝率ともやや落ちます。


東京新聞杯(GIIIでは、

・1番 (0-1-3-6)

・2番 (1-0-2-7)

・3番 (0-2-0-7)

・4番 (0-2-0-7)

・5番 (2-0-0-8)

・6番 (3-1-0-6)

・7番 (2-0-1-7)

・8番 (0-0-1-9)

・9番 (0-1-0-9)

・10番 (0-0-2-8)

・11番 (0-1-0-9)

・12番 (1-0-1-9)

・13番 (0-1-0-9)

・14番 (0-1-0-9)

・15番 (1-0-0-8)

・16番 (0-0-0-8)

なので、

少頭数の今回はあまり気にしなくて良さそう。


脚質では、逃げ馬でも残れますがマイルとしてはタフなコースのため、

オープンクラスになると逃げ切りは厳しくなり、

先行~差しが中心で追込みも届き、

一瞬のキレよりも、持続タイプが好走しています。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 ダイワリベラル (0-1-1-5)

東京での3着内は3歳500万下のもので、

古馬になってからは掲示板までってところ。

東京適性はあまり高く無いと思われます。


2 ブラックスピネル (0-0-0-1)

唯一の東京経験は、富士S(GIII7着

京都、阪神など、キレで勝負する所の方が向いてそう。


3 マイネルアウラート (3-0-3-6)

2016年の東京新聞杯(GIII3着馬

東京経験はけっこう豊富で、OPくらいまでならけっこう安定してます。

一応買い目には入れときたいかも?


4 ストーミーシー (0-0-1-3)

東京で唯一3着まで来たのは1400mの白秋S

マイル以上の距離に挑戦する様になってからは好走が減ってるし、

もしかしたら東京の1600mは長いのかもしれません。


5 プロディガルサン (1-1-0-2)

東京では、東スポ杯2歳S(GIIIで2着経験あり。

4着以下なのは青葉賞(GII東京優駿(GIだし、

このくらいの距離なら走れると考えてもよさそう。


6 ブラックムーン (1-0-0-1)

東京では、富士S(GIIIで6着、キャピタルSで1着。

まだそこまでの数を走ってないので何とも言えないけど、

ペースによっては可能性はありそうに思えます。


7 エアスピネル (0-0-0-1)

唯一の東京経験は、東京優駿(GIの4着。

一応全体でも掲示板までには来てるし、

そこまでハイレベルなレースで無ければ十分好走できそう。


8 タガノブルグ (0-2-0-6)

2016年の東京新聞杯(GIIIでは12着

2014年のNHKマイルC(GIで2着に来ていますが、

これ以降は新潟で3回3着に来てる以外は4着以下。

これで急に復活するとも思えないです。


9 ロイカバード (1-0-0-1)

東京での1勝は、六社特別でのもの。

本質的にはキレで勝負するタイプに思えるので、

東京にはそこまで向いてないとも思えます。


10 ヤングマンパワー (2-0-0-3)

2015年までは東京では全然ダメだったけど、

2016年以降の2戦はどちらも1着。

どちらかと言えば息の長さで勝負するタイプに思えるし、

むしろ東京は合ってる方なのかも。


って感じ。



一撃帝王の注目ホース では、

3 マイネルアウラート

7 エアスピネル

10 ヤングマンパワー


ターフヴィジョンの重賞注目馬 では、

7 エアスピネルをはじめ、

2 ブラックスピネル

6 ブラックムーン

9 ロイカバード

10 ヤングマンパワー


トリプルクラウンの重賞完全攻略 では、

7 エアスピネル


ヘブンズドアの堕ちる人気馬 では、

10 ヤングマンパワー


ホースキングの極馬厳選情報 では、

7 エアスピネル

10 ヤングマンパワー


ホースキングの穴馬厳選情報 では、

1 ダイワリベラル

6 ブラックムーン


について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

7 エアスピネル


連対候補

2 ブラックスピネル

5 プロディガルサン

6 ブラックムーン

10 ヤングマンパワー


軽視

3 マイネルアウラート

9 ロイカバード


と考えます。



頭数少ないので、

これでもまだ多い感じ。


あと評価を下げるとすれば

2 ブラックスピネルとかかな?




2月5日(

京都11R 第57回 きさらぎ賞(GIII


☆mayuの競馬☆


きさらぎ賞(GIIIが行われる京都芝1800m(外)は、

外回りを使用する広いコースです。


2コーナーポケットからスタートし、3コーナーまでは長い直線が続き、

コーナーは2つで最後の直線も長いので、能力を発揮しやすいです。

枠による有利不利もないと見て良さそうですね。


京都特有の3コーナーからの下り坂と平坦の直線が特徴的な

コースで、キレのある差し馬の台頭が非常に目立っています。



で、各馬について細かく見ていくと、


1 サトノアーサー (0-0-0-0)

デビューから阪神で2戦2勝

実力的には重賞組以上のものを感じます。


2 マテラレックス (0-0-0-0)

これまで3戦して、新馬戦で勝った以外は10着以下

平坦なコースなら強いって可能性もあるけど、

500万下くらいは勝っててほしいところです。


3 タガノアシュラ (1-0-0-0)

函館、札幌、京都、阪神と走って、

前に出て逃げが通用した時は勝っています。

この頭数なら出られないことはないだろうし、

可能性無くはないのかも。


4 ダンビュライト (0-0-0-0)

前走朝日杯FS(GIでは13着でしたが、

サウジアラビアRC(GIIIで2着の経験があります。

息の長さで勝負するタイプと考えると京都は分が悪そうだけど、

やっぱり走ってみないと何とも言えない部分もあるかも。


5 プラチナヴォイス (2-0-0-1)

京都では萩SでOP勝利経験もあり、2勝。

前走京都2歳S(GIIIではそこそこ前に居て6着なので、

不安もあるけど可能性はあると思います。


6 エスピリトゥオーゾ (1-1-1-0)

長い間勝ちきれず、前走でようやく未勝利を勝ち上がり。

ここ3戦で京都を走って複勝率100%なので、

コース適性の面では悪くなさそう?


7 アメリカズカップ (0-0-0-0)

中京と阪神で3戦して負けたのは朝日杯FS(GIだけ。

前走は外枠だったのでそれを大目に見れば悪くなさそう。

京都に向いてるかどうかは何とも言えない感じ。


8 スズカメジャー (1-0-0-0)

前走の京都芝2000mの新馬戦で勝ち上がったばかり。

これだけだと何とも言えませんが、

実績的にはそこまで推せないかな…。


って感じ。



一撃帝王の注目ホースホースキングの注目馬 では、

どちらも

1 サトノアーサー

4 ダンビュライト

について書かれていました。



ってコトで昨日のデータ と合わせて、


良さそう

1 サトノアーサー


連対候補

5 プラチナヴォイス

6 エスピリトゥオーゾ


軽視

3 タガノアシュラ

4 ダンビュライト

7 アメリカズカップ


と考えます。



ここまで絞れてるのは稀な方だけど、

頭数考えるとこれでもまだ回収するの厳しそう。


3連の馬券で考えず、

むしろ単勝とかでいくべきなのかもですね。笑



↓応援クリックおねがいします♪

にほんブログ村 競馬ブログへ 人気ブログランキングへ 競馬

このエントリーをはてなブックマークに追加


News

ブックマーク

過去に的中したレース一覧

競馬場観戦日記

検索ワード

Powered By FC2ブログ